高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

ミサワホーム

管理コスト最大15%

年間手数料目安最大360万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

6階建てマンションの建築費用相場とは

6階建てマンションの敷地面積別建築費の目安

同じ階数のマンションであっても敷地面積によって、建築費用が異なることをご存知ですか?

6階建てのマンションだと、2億円以上の建築費用がかかる場合があります。

また、建築の構造によって費用が大きく変わってくるので、希望するマンションが建てられるのかしっかり確認するのが良いでしょう。

このページでは、50坪、80坪、100坪に関する容積率の計算や、東名阪でマンションを建築する際の規制についてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

用途地域別のマンションの容積率・建ぺい率

  • 50坪

50坪の面積に6階建てのマンションを建てた場合、東京や大阪では住居地域によって最低8平方メートルの広さしか確保できないところがあります。また名古屋では12平方メートルと若干広さがありますが、やはり狭いことに違いはないため、50坪での建築はあまりおすすめできません。

◆【東京】50坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~60% 60~200% 15~30 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 40~60% 80~200% 20~30 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 15~30 8~30 96~360%
第二種中高層住居専用地域 40~60% 100~500% 20~30 8~30 96~360%
第一種住居地域 50~60% 100~500% 25~30 8~30 96~360%
第二種住居地域 50~80% 100~500% 25~40 8~40 96~480%
準住居地域 50~80% 100~500% 25~40 8~40 96~480%
近隣商業地域 60~80% 100~500% 30~40 8~40 96~480%
◆【名古屋】50坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~50% 50~150% 15~25 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 30~50% 50~150% 15~25 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 50~60% 150~200% 25~30 12~16 144~192%
第二種中高層住居専用地域 60% 150~200% 30 12~16 144~192%
第一種住居地域 60% 200% 30 16 192%
第二種住居地域 60% 200~400% 30 16~30 192~360%
準住居地域 60% 200~300% 30 16~25 192~300%
近隣商業地域 80% 200~400% 40 16~33 192~396%
◆【大阪】50坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~60% 50~200% 15~30 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 30~60% 50~200% 15~30 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 15~30 8~30 96~360%
第二種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 15~30 8~30 96~360%
第一種住居地域 50~80% 100~500% 25~40 8~40 96~480%
第二種住居地域 50~80% 100~500% 25~40 8~40 96~480%
準住居地域 50~80% 100~500% 25~40 8~40 96~480%
近隣商業地域 60~80% 100~500% 30~40 8~40 96~480%
  • 80坪

80坪でマンション建築を考えているなら名古屋がおすすめです。最低でも20平方メートルありますので、間取りを広く取ることができます。多少狭くても住みやすさや間取りを工夫することで、空室率の低下は防げるはずです。

◆【東京】80坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~60% 60~200% 24~48 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 40~60% 80~200% 32~48 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 24~48 13~48 98~360%
第二種中高層住居専用地域 40~60% 100~500% 32~48 13~48 98~360%
第一種住居地域 50~60% 100~500% 40~48 13~48 98~360%
第二種住居地域 50~80% 100~500% 40~64 13~64 98~480%
準住居地域 50~80% 100~500% 40~64 13~64 98~480%
近隣商業地域 60~80% 100~500% 48~64 13~64 98~480%
◆【名古屋】80坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~50% 50~150% 24~40 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 30~50% 50~150% 24~40 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 50~60% 150~200% 40~48 20~26 150~195%
第二種中高層住居専用地域 60% 150~200% 48 20~26 150~195%
第一種住居地域 60% 200% 48 26 195%
第二種住居地域 60% 200~400% 26~48 32~48 195~360%
準住居地域 60% 200~300% 48 26~40 195~300%
近隣商業地域 80% 200~400% 64 26~53 195~398%
◆【大阪】80坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~60% 50~200% 24~48 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 30~60% 50~200% 24~48 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 24~48 13~48 98~360%
第二種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 24~48 13~48 98~360%
第一種住居地域 50~80% 100~500% 40~64 13~64 98~480%
第二種住居地域 50~80% 100~500% 40~64 13~64 98~480%
準住居地域 50~80% 100~500% 40~64 13~64 98~480%
近隣商業地域 60~80% 100~500% 48~64 13~64 98~480%
  • 100坪

100坪も同様、東京や大阪と比べて名古屋のほうが広く建てることができるのでおすすめ。住居地域によっては大阪のほうが広く建築できることもあるので、自分の希望するエリアでは希望通りの広さになるか確認しておくことが大切です。

◆【東京】100坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~60% 60~200% 30~60 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 40~60% 80~200% 40~60 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 30~60 16~60 96~360%
第二種中高層住居専用地域 40~60% 100~500% 40~60 16~60 96~360%
第一種住居地域 50~60% 100~500% 50~60 16~60 96~360%
第二種住居地域 50~80% 100~500% 50~80 16~80 96~480%
準住居地域 50~80% 100~500% 50~80 16~80 96~480%
近隣商業地域 60~80% 100~500% 60~80 16~80 96~480%
◆【名古屋】100坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~50% 50~150% 30~50 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 30~50% 50~150% 30~50 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 50~60% 150~200% 50~60 25~33 150~198%
第二種中高層住居専用地域 60% 150~200% 60 25~33 150~198%
第一種住居地域 60% 200% 60 33 198%
第二種住居地域 60% 200~400% 60 33~60 198~360%
準住居地域 60% 200~300% 60 33~50 198~300%
近隣商業地域 80% 200~400% 80 33~66 198~396%
◆【大阪】100坪の建ぺい率・容積率
用途地域 建ぺい率 容積率 上限建坪 6階建てが
可能な建坪
実際の容積率
第一種低層住居専用地域 30~60% 50~200% 30~60 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第二種低層住居専用地域 30~60% 50~200% 30~60 建設不可
(高さ限度有)
建設不可
(高さ限度有)
第一種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 30~60 16~60 96~360%
第二種中高層住居専用地域 30~60% 100~500% 30~60 16~60 96~360%
第一種住居地域 50~80% 100~500% 50~80 16~80 96~480%
第二種住居地域 50~80% 100~500% 50~80 16~80 96~480%
準住居地域 50~80% 100~500% 50~80 16~80 96~480%
近隣商業地域 60~80% 100~500% 60~80 16~80 96~480%
容積率・建ぺい率の次に確認したい
管理コストで見る『管理会社ランキング』

マンション建築の規制について

良いエリアを見つけたとしても、スムーズにマンションを建築できるわけではありません。建てるエリアによって、建築規制が設けられているところがあります。それぞれの制限について把握しておかないと、収益を得るどころか大損してしまうおそれが…。

ここでは、東京・名古屋・大阪の3つの都市でマンション建築をする場合の規制についてまとめました。希望している規模にマンションが建てられるのか要チェックです。

  • 東京のマンション建築規制

単身者が増えていることで、賃貸ニーズが高まっている都心のマンション。需要があるため、建築を希望する方も多いことでしょう。しかし、東京23区において、それぞれ建築規制が設けられていることをご存知ですか?

例えば、ワンルームマンションを建築する場合。渋谷区だと、1戸あたりの最低専有面積は28平方メートル以上ないと建てることができません。また新宿やその他の区では、一定戸数に対してファミリータイプの部屋を併設することが決められています。

中野区では、集合住宅の移住水準の向上や周囲への環境配慮、世帯向けの住戸の供給を図るために、住戸面積や管理人室、駐車場・駐輪場の設置を定めています。

このように、エリアによって指定されている規制がたくさん存在しているのです。建築確認申請をする前に、「このエリアではどんな規制がされているのか」「予定している規模は建てられるのか」など、情報をしっかり集めてから建築に取りかかりましょう。

  • 名古屋のマンション建築規制

名古屋でマンション建築を考えている方は、建物の高さに気をつけなければいけません。名古屋では、「地域にふさわしくない高層の建築物を制限することで、秩序ある街並みをつくっていく」をモットーに、各エリアで高度地区が定められています。建物による上限の高さは、10m、15m、20mの3種類。また高度制限に加え、斜線制限も定めることにより、周囲の建物へ日当たりを確保させるように取り組んでいます。

他にも、バリアフリーを備えた特定建築物を建てるときは、高齢者や障がい者が利用しやすい基準「建築物移動等円滑化誘導基準」を満たした建築物の申請を行なうことが可能です。申請すると、確認申請の手数料の免除や面積に算入しないといった嬉しいメリットを受けられます。

名古屋で希望するマンション建築ができるのかを、一度市役所で確認してみてください。

  • 大阪のマンション建築規制

大手百貨店やオフィスビルの建設ラッシュが続いている大阪。2014年には日本一高いあべのハルカスが開業し、注目が高まっています。

そんな大阪でマンション建築を考えている方は、建てる際に注意しなければいけないことがあります。それが「ワンルーム形式による集合建築物の指導要網」の規定です。紛争の防止やより良い居住環境の確保を目的に、大阪市が定めました。

住宅既存や駐車場の付帯施設に関する一定の基準であったり、管理体制の設備に関する規定を設けたりなど、さまざまな制限がありますので、ワンルームマンションを建築する際は一度、担当者に確認することをおすすめします。

また、共同住宅の場合は、駐輪施設を設置する規定が設けられているので、マンションを建設する際は大阪市都市計画局開発調整部開発誘導課に相談するとよいでしょう。

この記事を見た人はこのページも見てます

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。