高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

ミサワホーム

管理コスト最大15%

年間手数料目安最大360万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

マンション建築入門ガイド

ここではローンや建築方法・各種手続き、そして補助金制度や規制などマンション建築の入門レベルの役立ち情報をまとめてみました。投資の成功例・失敗例もご紹介しています。

ローンについて

マイホームの住宅ローンに相当する、マンション建築で利用できるアパートローンとはどのようなものか概要を紹介しています。金利の種類や、借入をするにあたって注意しなければならない点など、事業資金調達という側面での要点をまとめています。

マンション建築のローンについて詳しく見る

建築の流れと期間

マンション建築にかかる期間はどの程度が一般的なのか、主な工程の解説と合わせて工事期間の目安をまとめてみました。工事にあたっては、更地なのか解体が必要なのか、建造物の構造の種類は何かによって変わってきます。

マンション建築にかかる流れと期間を詳しく見る

必要な手続きと届出

マンション建築にあたってしなければならない申請や検査などの各種手続きについて、建築前・建築中・建築後の3つに分類して紹介しています。多くは業者に委任することができますが、物件オーナーとしては必ず把握しておきたいものです。

マンション建築に必要な手続きや届出について詳しく見る

利用できる補助金と申請方法

事業用途となるマンション建築でも補助金を受けられる公的制度があります。自治体などによる違いはありますが、できるだけ利用するのが収益性アップにもつながるので、業者の知識やノウハウを借りながら、オーナーとしても積極的に調べてみましょう。

マンション建築の補助金について詳しく見る

規制について

建築基準法はもちろんのこと、都市計画法消防法などマンション建築をするにあたっては最低限知っておくべき法律があります。これらには罰則の対象となるものもあり、後で知らなかったでは済まなくなるケースもあるので注意してください。

マンション建築の規制について詳しく見る

マンション経営の失敗例について

マンション経営に成功するためには、失敗した事例を参考にして、そうならないように綿密な計画を立てなければなりません。例えば、マンションを建築する土地の物件需要を知らないこと、修繕費用を長期的な視点から考えないことは、空室リスクや赤字を引き起こす原因となります。また、地域的な特徴を考えることや、特定の施設からの需要に依存しないことも大切です。

マンション経営の失敗例について詳しく見る

鉄筋コンクリート造(RC)の特徴

マンション建築や賃貸アパート建築などで人気の高い鉄筋コンクリート造(RC造)は、最近では一般住宅でも採用されることがあるくらいデザイン性も高く、耐震・耐火性に優れた工法です。鉄筋造の良さとコンクリート造の良さを兼ね備えていることから、マンション建設会社の多くが採用している鉄筋コンクリート造。なんとなく「丈夫だけれど高い工法」と思っている方に向けて、そもそも鉄筋コンクリート造とはどんな工法なのか、その構造をご紹介するとともに、木造や鉄骨鉄筋コンクリート造との違いを比較しながらメリット・デメリットをご紹介します。次のページで鉄筋コンクリート造の基本を抑えれば、これからマンション建築を考える上で役に立つことでしょう。早速詳しくみていきましょう!

鉄筋コンクリート造(RC)の特徴について詳しく見る

不動産投資でよく使われる主な金融機関の特徴

マンション建築でよく活用される金融機関は、メガバンク、地方銀行、信金・信組・公庫、ノンバンクの4種類がメインです。審査通過率はメガバンクが最も低いですが、その分金利も低くなります。反対にノンバンクは審査通過率が高いものの金利も高め。地方銀行は銀行独自のサービスを提供していることがあります。このようにそれぞれの金融機関には異なった特徴があるため、入門編として必ず覚えておきましょう。

不動産投資でよく使われる主な金融機関を詳しく見る

不動産投資の成功例と失敗例

不動産投資で高利回りにするためには、物件の取得費用を安くする、家賃を高めに設定する、経費を抑えるなどしなければいけません。しかし、家賃をあまりにも高めに設定してしまうと、入居希望者が減ってしまいます。不動産にかかる経費を必要以上に抑えるのは現実的ではありません。したがって、物件の取得費用をできるだけ安くするのが良いでしょう。

ここでは、不動産投資の成功例と失敗例を2つずつ紹介します。年金対策として不動産を運用して成功した例に、銀行の融資の仕組みを活用して少ない自己資金で不動産投資を成功させる方法。さらに、頭金0円で無理なローンを組んで不動産投資に失敗してしまった例や、サブリース契約を結んで後から収入が減って不動産投資に失敗してしまった例があります。

年金対策として不動産を運用した成功例

これは、不動産投資でよくある成功例のお話です。

働いていれば、給料があるうちは生活に支障がありません。しかし、老後は働いたぶんの年金がもらえるかどうか不安なのも事実。不動産は長期間にわたり、家賃で収入が確保できるので、年金の代わりに不動産を運用する人は多いと言われています。特に東京都にある物件は、利回りは高くありませんが、人口が増加し続けているため、賃貸需要は高くて物件の価格が落ちにくいのが魅力。新築マンションであれば、少なくとも50年以上も持つので安心して運用できます。

年金対策として不動産投資をする場合、働いている間は銀行から融資を受けて、融資の返済は不動産の家賃収入を利用し、退職する時までに融資の返済を行います。

退職した後は、不動産の家賃収入を受け取り、年金と合わせて収入が増えるというわけです。

返済のほとんどは不動産の家賃収入でカバーするので生活の負担になりません。さらに、銀行から融資を受けていると、保険としての効果もあります。そのため、保険料の見直しによって毎月の固定費が抑えられたというケースもあります。

融資をフルに活用する成功例

これは、融資を最大限に活用して不動産投資を行った場合の話になります。

不動産投資は、銀行から融資を受けて投資ができる投資商品です。

投資に使えるお金を持っていなくても資産形成が可能なので、戦略的に不動産投資をしている人の多くが銀行から融資を受けて投資をします。物件とお金を借りる人の社会的信用の度合いによって、どのぐらいの融資を受けられるかは変化しますが、これを活かして不動産投資の資金にするのです。

お金を借りる時は不動産を担保にして借ります。担保となる物件に価値があると、銀行側は万が一のことがあっても、お金の代わりに価値のある物件を手元に残せるので安心です。自己資金をあまりかけずに資産を形成するためには、物件の価値が高い不動産が必要になります。

物件の次に必要なのがお金を借りる人の信用力。クレジットカードや家賃の支払いが遅れてしまう人、転職を頻繁に繰り返している人は、あまり信用力があるとは言えません。信用力がありそうな会社の社長も、「倒産するかもしれない」というリスクがあるため融資してくれません。実は信用力があるのはサラリーマンと言われています。

銀行や年収によっても違いますが、区分マンションだと年収のおよそ8~12倍、一棟マンションだと年収のおよそ20倍の融資も可能と言われています。

この融資の仕組みをフルに活用すれば、自己資金があまりなくても、投資利回りが低かったとしても、リスクを抑えて戦略的に資産を増やすことができるでしょう。金利が上がると、融資の返済額も上がるため注意してください。

無理なローンでの失敗事例

これは、頭金0円で不動産投資をして失敗したAさんのお話です。

不動産投資におけるリスクの1つにローン、借金があります。不動産投資を始める際には、不動産を購入しなければ運用もできません。不動産を購入するには、自己資金を頭金としてある程度支払い、残りをローンで返済するので、それなりにまとまった資金が必要になります。

しかし、「自己資金0円で不動産投資を始められる」という広告を出している不動産会社もあるのです。自己資金があまりない人にとってこのような広告は魅力的に映ります。不動産投資に興味がある人であればなおさら。この広告に惹かれて、Aさんは頭金0円で不動産投資を始めたのです。

気に入った物件が見つかり、業者との契約も進み、不動産会社から紹介された金融機関とのローン契約もスムーズに決まってAさんはすぐにとあるアパートの大家さんになりました。

しかし、簡単に不動産を購入してしまい、不動産投資が抱えるコストやリスクに対する備えがなかったために、すぐに毎月ローンの返済に追われることに…。さらに、金利の上昇や、アパートの空室、家賃の滞納などのトラブルに対処する余裕もありません。結局、アパートの運営に行き詰まってしまい、大量の損失を抱えることになったのです。

サブリース契約での失敗事例

これは、不動産会社とサブリース契約、借り上げ契約を結んで失敗してしまったBさんのお話です。

サブリース契約とは、不動産会社が物件を持ち主から借り、その借りた物件を第三者である入居者へ転貸すること。物件の持ち主は、不動産会社からサブリース賃料として家賃の85~95%を受け取ります。自分で直接物件を管理するより収入が減ってしまいますが、空室リスクがなくなり、毎月サブリース賃料を受け取れるというメリットも。しかし、借り上げた物件の家賃の金額が減額する可能性があります。

Bさんの物件にも、サブリース契約を結んで10年目に不動産会社から家賃を減らす交渉の連絡が入ったのです。Bさんが所持している物件は駅から離れた場所にあり、入居者需要が多い場所ではないため、サブリース契約を打ち切ってしまうと空室リスクを抱えることに。まだ、ローンの返済が残っていたBさんは家賃を減額することに承諾しましたが、予定していたよりもかなり収益が少なくなってしまいました。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。