高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

ミサワホーム

管理コスト最大15%

年間手数料目安最大360万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

建築の流れと期間

工程を理解することでマンション建築の期間が見えてくる

マンション建築は構造や規模によってかなり工事期間が違ってきますが、まずは期間の目安を説明する前に、完成するまでの主な工程を紹介しておきましょう。

  1. マンション建築の準備工事
    最初に敷地の地盤調査を行います。その結果次第では地盤改良工事の必要もありますし、建て替えなら解体工事をしたり、更地にするための工事も必要です。
  2. マンション建築の躯体工事
    支柱の杭を打ち込む工事や土台部分の基礎工事などからスタートして、フロア単位での配筋や型枠などによる躯体工事をします。それを物件の階数分、行います。
  3. マンション建築内装工事
    躯体工事を追いかけるようにして、下層階から内装工事を進めていきます。内装工事は配管や電気回線、ユニットバスの設置などから始まり、断熱材を含めた壁の工事やクロス貼りといった仕上げなどの施工をします。
  4. マンション建築外装工事
    下地処理から塗装やタイル貼り、屋上の防水工事など外観全体を仕上げていきます。
  5. マンション建築の外構工事
    玄関のアプローチや植栽、駐車場の舗装など建造物以外の敷地内における設備などを施工します。

構造や解体の有無で異なるマンション建築工事期間

マンションとアパートは建造物としての構造に違いがあります。また、建て替えの場合は解体工事もトータルの期間に影響するので、それらを加味したパターン別に、建築工事の期間目安を以下の表にまとめてみました。なお、地盤改良工事はひとまず考慮していません。

木造や鉄骨造 鉄筋コンクリート造
更地の場合 階数@ヶ月+1ヶ月 階数@ヶ月+3ヶ月
アパートからの建て替え 2週間+階数@ヶ月+1ヶ月 2週間+階数@ヶ月+3ヶ月
マンションからの建て替え 1ヶ月+階数@ヶ月+1ヶ月 1ヶ月+階数@ヶ月+3ヶ月

なお、1フロアあたりの工事期間を1ヶ月としていますが、これはあくまで目安。建坪の面積が大きくなるほど工事が長くなる傾向はあります。アパートだと階数分の月数プラス1ヶ月マンションだと階数分の月数プラス3ヶ月が工事期間のベース。また、木造や軽量鉄骨の場合、工業化されているハウスメーカーなどに比べて、地元の工務店などは工期が長めになるのも普通でしょう。

マンション建築ガントチャート

マンション建築は各工程ごとで、以下のように時間がかかります。

  • 準備工事:1カ月
  • 杭・基礎工事:2カ月
  • 躯体工事:1階あたり1カ月
  • 仕上げ工事:2カ月(躯体工事との並行期間を除く)
  • 屋外付帯工事(屋外の給排水管工事・植栽工事など):1カ月

よりわかりやすく10階建てマンションを建てる場合を例としてガントチャートで表しました。

10階建てマンションを建てる場合の建築スケジュール

時間がかかるのは、実際の建物の形を作る期間です。躯体工事は階数増加に合わせて工事期間が1ヵ月延びます。1階毎=1ヵ月とされている理由としては、コンクリートが固まって、一定の強度になるまでに28日間かかるため。コンクリートが固まるまでは足場を解体したり、次の階の工事に入ったりすることができません。そのため階が増えるごとに1ヵ月期間が長くなるのです。

きちんと固まるのを待たずに工事をムリに進めると、床や梁がたわんでしまい、大きな事故に繋がる可能性も。無理に工期を短縮するものではないと考えましょう。

オリンピックの影響で工期が伸びている?

工期の見込みをお伝えしましたが、近年では以前よりも工事期間が長くかかっているようです。理由としては、震災の復興やオリンピックによる増築などに職人が呼ばれるため、その他の建築では人手不足だとか。

少子高齢化によって日本全体の人手不足になっているなか、さらに震災やオリンピックによって国全体で需要が増えている状態なのです。これからマンション建築を考えている人は、現在提示されている工事期間よりも多少長くなると考えておくと、より計画通りに物事が進みます。

建設の間に資金計画や金策を考えよう

マンション建築には短くても1年以上の期間が必要です。建築を進めている間は出来上がっていく様子をみているだけでは勿体ありません。マンションが出来上がって運営を始めると上手くいかずに経営に失敗してしまわないよう、建築中に運営計画・資金計画を立てておきましょう。入念に準備をしておくことで、いざ問題が起こった時も対応がしやすくなるはずです。

マンション建築を計画するのが初めてであり「どこに相談してよいのか分からない」という方は、資金計画から建物・プランまで、ワンストップで提案できる建築会社に相談するのがおすすめです。このサイトでは、信頼できる大手建築会社・ディベロッパーの経営サポート内容や実績を調査、比較紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を見た人はこのページも見てます

ローンについて

必要な手続きと届出

利用できる補助金と申請方法

規制について

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。