高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

三井不動産

自社開発の分譲マンションから超高層マンションまで管理する三井不動産。特徴やマンションの建築事例、オーナーの声をご紹介します。

三井不動産グループの総合力を背景としたプロによるマンション管理

1973年に設立した三井不動産は、長年マンション管理サービスに携わってきました。オーナー向けに建築したマンションや分譲マンション以外にも、超高層マンションや大規模・都市型マンションまで管理してきた三井不動産の特徴をご紹介します。

オーナーがスムーズに運営できるようサポート

マンションの資産価値を落とさないためには管理組合による健全な管理運営業務が必要です。ただし、管理運営業務は専門知識や技術が必要であるだけでなく、多くの業務をこなさなければなりません。こういったオーナーの頭を悩ませる難解な問題を、三井不動産はサポートしてくれます。日常的な管理業務だけでなく、事務手続きをはじめとする各種書類作成もサポートしてくれるのです。正確性が求められる出納管理にも対応しており適切な財務処理を行ってくれます。

知識が豊富な担当者によるマンション管理

三井不動産では研修を通じて管理業務の専門知識や技術を持った専門スタッフを育成し、それぞれのオーナーを担当するよう配置しています。長年培ってきた管理業務のノウハウに基づき、管理マニュアルを作成。メンテナンス、清掃、緊急時の対応まで事細かな部分までカバーしているマニュアルによって、ムラのない管理を実現しています。また、ノウハウをベースにして開発したマンション管理システムも導入。担当スタッフが容易に現状を把握できる体制を整え、管理に必要な提案も行えるのです。2018年にISO9001:2015認証を更新し、業務の品質を保ちつつさらなる向上を図っています。

価値を保つための品質管理を徹底

マンションの快適性と安全性を確保するには日々の点検や管理が不可欠です。三井不動産ではマンション管理システムによる情報に基づき、マンション共用部のメンテナンス業務も行っています。業務内容も多岐にわたり、清掃や植栽も実施。設備に問題がないか点検を通し快適性と安全性を確保しているのてす。高層部分の外部ガラスの掃除や雨水排水枡、照明器具まで計画的に行っています。安全性が求められるエレベーターの点検、消防設備、貯水槽の清掃などもしっかり実施しているのです。

マンションを建築したオーナーの声

負担を感じることはありません(年齢:性別不明)

三井不動産はグループ会社と各部門の連携がしっかり取れている印象を受けました。一度伝えたことも担当者全員で共有できている点が良いなと思います。やり取りもスムーズですし、「ここならおまかせできそうだ」という気持ちになりますね。サブリースのおかげで、賃貸住宅経営の負担をあまり感じることがなく、助かっています。

営業の方の対応がよかったのが印象に残っている(60代:男性)

電話をしてきたときに、会社の業務内容から営業の方の立ち位置や会社での立場まで説明してくれました。電話をしてきた理由まで丁寧に説明してくれたので、好感が持てたのが話を聴いてみようと思った理由です。投資のメリットだけでなく、どのようなリスクがあるのかを説明してから、営業をしてくれました。最初に電話をしてくれたときの物件は条件が合わなかったのでお断りしたのですが、次の機会にはコンタクトを取りたいと思わせてくれましたのでよかったです。次に条件にマッチする物件がないか話を聞いてみようと思っています。

説明や対応がよい(50代:男性)

大変説明が分かりやすく、対応もよいものでした。中には嫌味なことをいう方までおられるなど、投資系の不動産会社の方は対応がよくないというイメージがありますが、三井不動産レジテンシャルの方は対応がよい方が多いイメージがあります。区分マンションやアパートを所有しているので、いろいろな不動産会社の担当者と接してきたのですが、その中でも好感を持てる方が多いです。人柄がよい方と取引できると満足感がアップするので、本当によいと思います。次の投資用物件を購入するときには、また相談したいと思わせてくれる対応でした。

物件の質が良いと感じる(50代:男性)

大手の不動産会社がありますが、三井はネームバリューやブランド力が強いと感じさせられる場面がありました。不動産投資をして数年が経過しているので、複数社のマンションを所有しているのですが、何かがあったときの対応で違いがあります。三井不動産レジデンシャルの物件は質がよいことはもちろんですが、担当者の対応もよいので安心して取引できています。独特の方がいたり、上の方でも対応が悪い会社もありましたが、三井不動産レジデンシャルの方には嫌な思いをさせられていないのも本当に良い点ですね。

大手デベロッパー物件はよいと思う(50代:女性)

有名デベロッパーの物件は信頼できるものが多いと感じていました。駅から近くて利便性が高い物件を紹介してもらったので、退去者がいても空室期間が短くて済んでいます。これは担当者の方が丁寧に対応してくれたり、入居者付けに励んでくれているからです。一時的に大手企業と契約してもらったこともあり、安定と安心感を得られて満足できました。今回は中古の区分マンションを購入しましたが、立地と物件の品質、さらにネームバリューが揃っていて、安定して取引できるのが魅力です。今後もよい物件があれば紹介してもらおうと思っています。

収益性がよい物件が見つかった(50代:男性)

賃貸保証をしている物件を契約したので空室がカバーできる体制になっています。それを加味しても入居率が高い物件を見つけることができたと思っています。不動産投資で空室が続くというのは大きなリスクとなります。三井不動産レジデンシャルのブランド力やデザインのよさが入居率の高さの決め手です。投資歴が6年ほどになりますが、新築マンションでも表面利回りが7%なのは好条件だと思います。その他の会社のマンション物件も所有していますが、今回は入居率が高い物件を契約できて満足です。

築年数が経過してからのメンテナンスに期待している(60代:男性)

購入後のアフターフォローも充実しているので、現段階で不満な点はありません。10年が経過していますが、メンテナンスの水準が変わっていないのは満足です。しかしロビーに子どもたちが占拠していたり、粗大ごみが放置されていたりするなど、入居者の質の低下が懸念されます。もちろん管理組合や管理会社などが関わってくる問題ですが、どのようにメンテナンスしていくのかは期待しています。中古の区分マンションを購入しましたが、基本的には満足できました。良い物件があればまた話を聞きたいです。

会社概要

  • 本社所在地:東京都江東区豊洲五丁目6番52号 NBF豊洲キャナルフロント
  • 施工エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、中部

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。