高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

ミサワホーム

管理コスト最大15%

年間手数料目安最大360万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

経営にかかる資金

マンションの経営にかかる費用を一覧にしてご紹介します。計画的な投資をするため、経費を把握することは大切ですので、参考にしてみてください。

マンション経営の費用リスト 購入編

まずは基本となる、マンション購入時にかかる費用を解説いたします。

建物に対する消費税

不動産の購入代金を支払う場合、土地代金に対しては消費税がかかりませんが、建物代金には消費税5%が課されます。

「取引価格の総額表示」の義務化(平成16年4月1日より)により、建物の消費税5%が取引価格に含まれていることが義務付けられています。

不動産仲介手数料

不動産会社から物件の紹介を受けた場合には、仲介手数料が発生します。

売買契約書に添付する印紙税

不動産の売買契約書には契約書1通に付き印紙税が課せられます。

印紙税は売買契約書に記載された金額によって納付する税額が異なります。

所有権を登記する場合の登録免許税、司法書士手数料

所有権などの不動産の権利を登記する場合、「登録免許税」という税金が課せられます。

また、登録申請を司法書士に依頼する場合は司法書士手数料が発生します。

不動産取得税

不動産を取得した場合に課せられる税金です。

マンション経営の費用リスト 経常支出編

経常支出とは、損益計算書の経常損益にかんする費用で、いわゆるランニングコストのことです。

管理コスト

水道光熱費などの実費の他に、管理会社への手数料が管理コストになります。

借入金の返済

マンション経営をはじめるにあたり、借入金を利用した場合の返済になります。

保有税

土地、建物ともに固定資産税・都市計画税が毎年課せられます。

所得税

不動産所得は総合課税の対象で、給与などの他の所得と合算してその金額に応じて税率が決められます。

修繕費用

建物を維持するための修繕費用です。

ライフスタイルの変化により発生するリフォーム費用

マンションの老朽化に伴う修繕に加え、現在のライフスタイルやトレンドに合わせたリフォームが必要になります。

ローコスト・低リスクで経営する方法

アパート・マンション等の賃貸経営は、数ある投資の中では比較的低リスクと言われていますが、けしてリスクが無いわけではありません。

入居率の低迷により空室が出たり、賃料の滞納による収益の悪化、金利の上昇、火災・地震などの災害、建物の老朽化による弊害などが考えられます。

その他、不動産価格の値下がり、資産としての流動性の低さなど、かなりのリスクが予想されます。

これらのリスクを回避するためには何をしたら良いか。

賃貸経営における最大のリスクヘッジは、余裕資金を備え、計画的にものごとを進めることです。

将来的な見通しを立て、リスクをカバーする保険をかけておくわけです。

例えば、一括借り上げによる保証や、損害保険への加入なども方法の一つ。

建物の修繕に関しても老朽化は予測できるのですから、前もって修繕のための資金を貯めたり準備することも可能です。

これらのリスクヘッジにかかる費用をなるべく抑えて信頼の置ける企業と契約を結ぶことで、リスクを減らし、コストも削減することができます。

マンション購入の際にかかる諸費用は、消費税・仲介手数料・印紙税・登記関係の手数料等・不動産取得税などです。

マンション購入後のコストとしては、管理会社への手数料・水道光熱費・ローンの返済・所得税・修繕費用・リフォーム費用などがあります。

この記事を見た人はこのページも見てます

マンション管理代行の手数料を抑えて収益幅を上げる

実際の金利と期間を考える

マンション経営を法人化するメリット・デメリット

経営するマンションの間取りによって利益は大幅に変わってくる

マンション経営であると有利な資格

節税対策の効果

利回りと計算方法

サブリース(一括借上)のリスク

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。