高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

ミサワホーム

管理コスト最大15%

年間手数料目安最大360万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » マンション建築でよくあるトラブル事例と対処法

マンション建築でよくあるトラブル事例と対処法

ここでは、騒音や日照権などマンション建築で起こりうるトラブルの事例をピックアップ、そうした際の対処のしかたを紹介しています。

騒音問題にまつわるトラブル

工事期間中の音がうるさいと周辺住民から苦情が入るケース。特に、休日の工事はクレームになりやすい傾向があります。

騒音問題にまつわるトラブルの対策・対応

大規模なマンションの場合、建築工事に関して周辺住民に前もって知らせることが条例などによって決められています。一般的な一戸建て住宅の工事でも事前に挨拶回りをする配慮は必要で、工事を依頼する業者とは事前に話し合っておくことが基本となります。
また、重機によっては騒音や振動が低めになる機種もあり、業者が対応できるか早い段階で確認をしておくのもいいでしょう。
なお、工事をする曜日や時間は必ずしもスタンダードな基準があるわけではなく、土曜日に工事をするかしないか、開始時間と終了時間は何時がいいか、深刻なトラブルにならないように工事協定書などを作成するのも一策です。

日照権問題にまつわるトラブル

建築基準法には日影規制があり、近隣住宅の8~16時の時間帯で4時間の日照を確保する必要があります。それを前提としても、マンションの高さや階数を下げるよう要望されるケースはあります。

日照問題にまつわるトラブルの対策・対応

建築基準法をクリアしていても民事訴訟で負ける可能性はゼロとはいえません。工事着工後ではより大事になってしまうので、計画段階で落としどころを探る必要があります。オーナーとしては収益性を考えると、階数を減らすよりは高さを多少下げる工夫をしたり、境界線と建造物の位置を変更などすることで、日照を確保できる可能性があります。

プライバシー問題にまつわるトラブル

マンション側から周辺家屋が覗けるようで、プライバシーを確保するために目隠しなどを付けるよういわれることがあります。

プライバシー問題にまつわるトラブルの対策・対応

マンション側としては南向き窓に目隠しを付けてしまうと陽当たりが悪くなって物件価値が下がってしまいます。この場合、窓を型ガラスにしたり、バルコニーの腰壁を高めにするといった提案が考えられるでしょう。場合によっては近隣家屋側に植栽をするといった対処をすることもあります。

このように、マンション建築には、さまざまなトラブルが考えられるからこそ、実績があり信頼できる大手に依頼するのがよいでしょう。このサイトでは、信頼できる大手建築会社・ディベロッパーの経営サポート内容や実績を調査、比較紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

電波障害にまつわるトラブル

マンション建築でよくあるトラブルに「電波障害」があります。具体的なトラブルの種類、事前対策や対応方法についてご紹介します。

電波障害にまつわるトラブルの種類

マンションを建設するにあたってトラブルになりやすいのが、マンション近隣の住宅のテレビの映りが悪くなるという問題です。

これはマンションなどの高い建物によりテレビの電波が遮られることが要因となります。地上アナログ電波による電波障害における2つの電波障害についてみていきましょう。

遮蔽(しゃへい)障がい

遮蔽障害はテレビ局のアンテナから出る電波を大きな建物が遮ることで起こります。症状としては、画面がざらつくスノーノイズ障害が起こりがちになります。

高さがある建物だけではなく、横幅が大きな建物も障害範囲が広くなる傾向にあります。テレビ局のアンテナの向きとこれらの建物の向きが同じである場合に発生します。

また、遮蔽障害は地上アナログ電波が影響を受けやすく、地上デジタル波においては比較的影響を受けにくいとされています。一方、衛星放送では受信ができなくなります。

反射障害

反射障害はテレビ電波がマンションやオフィスビルといった大型の建物に跳ね返ることで起こります。具体的症状は画像が二重になるゴースト障害です。これは直接届く直接波と建物に跳ね返って届く反射波に時間差ができることが原因です。

建物の高さに加えて横幅が大きい建物、さらにテレビ電波の送信所が遠い場所にある地域ほど障害範囲が大きくなる傾向にあります。

地上アナログ電波では反射障害がおきますが、地上デジタル波では発生確率が低いとされています。

電波障害にまつわるトラブルの対策・対応

マンション建築により遮蔽障害や反射障害などの電波障害がおこった場合は、当然ながらマンション所有者がその責任を負い、対応をする必要があります。

電波障害の原因となっているマンションの屋上にアンテナを設置。次にそのアンテナと電波障害がでている家庭のアンテナを線でつなぎます。こうすることで、マンションの屋上に設置したアンテナが、受信した電波を電波障害が出ている家庭に送れるようになるのです。設置費用はマンション建築側の負担となります。

ちなみに電波障害にあった家庭の住民が自身のアンテナを改良するなどした場合は、その費用の負担も必要です。

電波障害のトラブル回避のための施工とは

マンションによる電波障害トラブルを回避するための施工には共同受信による対策、ケーブルテレビを使った対策、地上デジタルの改修工事の3つがあります。それぞれの対策方法について解説しましょう。

共同受信による対策

共同受信対策とは、事前に建築予定のマンションの屋上に共同アンテナを設置する方法です。これによりマンション側から電柱を経由し電波障害を受ける可能性のある近隣の住宅にテレビ線を配線することが可能となります。

ただしアンテナをはじめとする設備には寿命があり、劣化によってテレビの映りが悪くなるといった影響が出てくりことも。そのためおおよそ10~15年を目途に取り換えが必要です。この費用はマンション保有者の負担となります。

ケーブルテレビを使って対策

もう一つの方法がケーブルテレビを使った対策です。近くにケーブルテレビ線がある場合はこの方法が利用できます。

ケーブテレビ線を分岐させ電波障害を受けるそれぞれの住宅にテレビ線を配線することで、大雪や強風などの影響を受けにくいというメリットがある方法です。

またケーブルテレビを使った対策だと、以降の電波障害の対応を行うのはケーブルテレビ局になります。

地上デジタルの改修工事

地上デジタルの改修工事が適用できるのは、既にマンションで共同受信をしている場合です。マンションに設置されたデジタルアンテナから電柱を介して、電波障害を受ける住宅にもデジタル放送を届けるための改修工事を行います。

改修工事にかかる工事費用などを負担するのはマンション保有者です。機器の経年劣化を考えると5年ぐらいで取り替えなどのメンテナンスが必要となります。

マンション建築時のトラブルを最小限にするには

マンションを建築する際にはさまざまなトラブルが起きてしまう可能性が高くなります。しかしどのようなトラブルが発生する可能性があるのかを事前に知っておくことで、対策を取ることができたり、トラブルを最小限に抑えたりできます。

近隣住民への説明会についてしっかり準備しておく

まず行いたいのが、近隣の住民に対しての住民説明会開催の準備です。

しかし住民説明会を行えば問題ないという安易な考えは捨てましょう。近隣の住民は大きなマンションが建つことで「日当たりが悪くなるのでは?」「電波障害があるのでは?」「工事中の騒音や安全性は大丈夫か?」といったさまざまな不安を抱えています。

一戸建てを建てるのとは違い、大規模な工事が長期間に及ぶため致し方ない部分はあるでしょう。しかしこれらの不安をできる限り解消させられるための説明会の準備が必要となるのです。

具体的にどのような準備が必要なのかについてご説明します。

マンション建築予定地の測量をきちんとする

まずはマンション建築予定地の測量をきちんと行いましょう。

マンションの建築確認申請にあたって、近隣敷地の所有者の境界確定に関する同意書は不要です。ただし、現地測量を行っていないと建てることができません。これは建物敷地の道路の幅が2メートル以上あることが条件となるためです。

行うべき測量は「現況測量」「民民査定測量」「官民査定測量」の3種類。

現況測量では敷地の大きさや形を調べます。民民査定測量は境界を接する近隣敷地との境界を確定するもので、近隣敷地所有者の立ち会いが必要です。官民査定測量は敷地と道路の境界を確認し道路の道幅を確定するもの。道路を挟んで向かい合う敷地の地権者にも立会依頼が必要です。

マンション建築への協力についてあらかじめ声をかけておく

いきなりマンション建設に関する住民説明会を開催するのではなく、あらかじめマンション建設を計画している旨の説明を近隣住民に個別にしておくことが大切です。

もちろん日頃から住民との関係性を保っておくことが一番ですが、難しい場合もあるでしょう。その場合は、住民説明会開催の前に各家庭に足を運んで協力を依頼しておくことをおすすめします。その際に不安の声が上がれば真摯に受け止め、住民説明会で何らかの対応を提示できるようにしましょう。

高層であればあるほど反発が強いことを心得ておく

アパート建設であれば1~2階建てであることが多いことからあまり問題になりませんが、マンションの場合高層階になることがほとんどです。建物の高さが高くなればなるほど、近隣住民の反発は強くなることを心得ておきましょう。

懸念される点の1つが、日当たりが悪くなることです。日当たりが悪くなると「部屋が暗くなる」「寒く感じる」「洗濯物が渇きにくい」といったさまざまなデメリットが生じます。もちろん景観の悪さも問題も出てきます。

近隣住民のプライバシーにも配慮しておく

近年問題視される傾向にあるのがプライバシーの侵害です。

とくにベランダが近隣の土地と向かい合う設計だと、プライバシーの問題が指摘されます。また窓の位置によっても上から室内を覗かれる可能性を指摘する住民も多く、目隠しを設置して欲しいという要望が出ることもあります。ただし目隠しを設定してしまうとマンション側の住民の日当たりに影響するため、マンション側の窓のカーテン取りつけでの対応となることがほとんどです。

設計段階で窓やベランダの位置を調整する余地がある場合は、プライバシーについて十分留意しましょう。

工事中の騒音について声をかけておく

一般的に5階建て程度のマンションを建設するのに要する期間は7ヶ月から8ヶ月程度かかるとされています。階が高くなれば当然工期は長引くでしょう。

そこで問題になるのが工事中の騒音です。大型の重機が入ることからどうしても大きな音が出てしまい、昼間に自宅にいる近隣住民には負担となります。工事期間や時間帯などの説明とともに、期間中迷惑をかけることに対して十分住民に声をかけておくことを忘れないようにしましょう。

また工事中の現場作業員の話し声がうるさいという指摘も起こります。工事業者にも周知し、できるだけ声に気を配ってもらう工夫をすることが大切です。

どんな住民向けのマンションかあらかじめ説明をしておく

マンションは基本的に単身者向け、女性向け、高齢者向けなどさまざまなターゲット層を狙って建てられます。

一方で近隣の住民からすると、どんな人たちが近所に住むのかという点に不安が生まれがちです。そのなかでも一番不安になるのが治安の問題でしょう。そこでどんな住民向けのマンションかをあらかじめ説明しておくことが大切です。

ワンルームマンション

ワンルームマンションの場合は学生や単身の若い人が増えてうるさくなり、騒音が増えることが懸念されます。若い人が夜遅くまでお酒を飲んで騒ぐなど、夜間の騒音を指摘される可能性が高くなるでしょう。若者の行動が近隣の子どもの教育に良くないとう声が出ることも考えられます。

ペット可のマンション

ペット可のマンションは需要が高い一方で、ペットが鳴き声が騒音にあたるのが懸念点です。昼間ならまだしも、夜間に鳴き声が聞こえると近所迷惑だといわれる可能性も高まります。

ペットが住民へ噛みつく、散歩中のペットのトイレで道路が汚れるといった点に不安を感じる人が多いでしょう。動物のニオイ自体に嫌悪感がある人もいます。最近では犬や猫以外に特殊なペットを飼う人も多く、万が一脱走したら住人や民家に迷惑をかけることも考えられます。ペット可のマンションを建築する際には、この点に注意しましょう。

福祉施設・高齢者施設

障害者・高齢者が住む施設の場合、どんな人を受け入れるのかが気にかかるでしょう。

障害者の方の場合、まずは近隣住民としての接し方やトラブルが発生しないかといったことが懸念されます。高齢者の場合は認知症を患った場合、徘徊の心配があります。

一般の方向けの賃貸マンションに比べて不安な気持ち持つ住民や迷惑に感じる住民などが多い傾向にあるといえるでしょう。

外国人向けのマンション

外国人向けのマンションも言葉の壁と治安の面で不安に感じる人が多いといえます。

昨今では覚せい剤や麻薬などが関係する犯罪も増えており、治安を心配する声も上がってくるでしょう。それだけではなくゴミ捨てや町内ルール、日本人であれば当たり前のルールなどを理解できない可能性があり、接し方に困るという声が増えがちです。

マンション建設予定地の近隣の状況を調査しておく

マンション建設地の近隣状況を調査しておきましょう。

まれに建築工事とは無関係に感じるクレームが発生することもあります。たとえば、工事が原因で壁に亀裂が入ったといった一般的には起こり得ないクレームです。

事前に近隣住宅の壁や屋根などの写真を撮影させてもらう方法もあるので、とくに老朽化した住宅が多い地域では家屋調査していくことをおすすめします。しかし無理強いはせず、関係を悪化させないように気をつけましょう。

近隣住民との関係保持がトラブル回避につながる

マンション建設にクレームが発生するのはある程度は仕方ない部分があります。しかし近隣住民との関係を良好にすることで大事に至らないですむことがほとんどです。

事前に協力を要請する、住民説明会で真摯に対応する、工事中に近隣住居近くの道路まで清掃するといった気遣いを持つことが大切です。

相談するならココ!高収益が期待できる
賃貸マンション建築会社ランキング

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。