高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【特集】オフィスビルの建築にかかる費用

中層~高層階の建物を建てようと考えた場合、マンションを作るかオフィスビルを作るか迷う方もいるでしょう。実はマンションとオフィスビルは非常に似ているところがある一方で注意しなくてはならない点も多々あります。

そこで、こちらのページではオフィスビルとマンションの違いや注意点についてご紹介します。

マンション建築とオフィスビル建築にはどんな違いがある?

オフィスビルの建築も、マンションの建築も似た点が多く、建築費用はどちらも【坪単価×坪数】で決まります。

そして、マンション建築もオフィスビル建築も鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(S)のどれを選ぶかによってもかかる費用が大きく変わります。

オフィスビルを建てる場合、ビルを建てる立地にもよってことなりますが、オフィスビルの外観デザインをどの程度こだわるか、エントランスやアプローチをどのような漢字にするかという点も坪単価に関わってきますので、非常に重要になってきます。

そのため、坪単価はあくまで参考数値としておおよその計算を行う場合に使ったり、大体の目安を知るための数字として参考にしてみてください。

それではまず、マンション・オフィスビルそれぞれの構造像別の坪単価をチェックしてみましょう。

マンションの構造別坪単価

マンション建築にかかる費用(坪単価)を、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)・鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(S)といった構造別にご紹介します。

SRC RC S
坪単価 82.98万円 79.34万円 78.35万円

オフィスビルの構造別坪単価

オフィスビル建築にかかる費用(坪単価)を、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)・鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(S)といった構造別、階数別にご紹介します。

SRC RC S
10階建て 90~110万円/坪 80~100万円/坪 70~90万円/坪
30階建て 110~150万円/坪 100~120万円/坪 90~110万円/坪

オフィスビルを建築するうえでの注意点

マンション建築とオフィスビル建築は似た点が多いものの、決定的な違いもあります。

それは、オフィスビルは「スケルトン渡し」の場合もあるという点。

マンションの場合は、予めキッチンやお風呂等の設備を入れるのが一般的ですが、オフィスビル等の場合は「スケルトン」といって建物を躯体のまま引き渡すということもあります。

これは次の借主が自由に敷地をデザインして使いやすくすることから、あえて壁などで仕切らずに広い空間の状態にしておくことも大切です。

オフィスビルではなく、商業施設向けのビルを建築する場合はスケルトン私であっても全く問題はありませんが、オフィス向けのビルを建築するという場合は、ある程度の壁やフロア、給湯室やトイレといった「最低限の設備」も必要となりますので、どんな業態向けのビルを建てるかによって必要な設備を設置し、自由にパーテーションで空間を仕切れるようにしておくと、借り手側も借りやすい空間となります。

また、どんな業態をターゲットにするかによって外観デザインにもこだわる必要があることから、マンションに比べてオフィスビルのほうが費用が高くなる傾向があります。

オフィスビルの建築は高額なため事前にしっかり計画を立てましょう

オフィスビルの建築は、マンション建築と同じように所得税の節税効果や相続税の節税効果など税制上の優遇措置もあります。

しかし、オフィスビルの建築は高額な建築費用がかかりますので、必ずオフィスビルを建築する前に複数のプランを比較してから建てるようにしましょう。

オフィスビルは、ビルの構造によっても坪単価が変わるだけでなく、エリアなどにもよって大きく変わります。

まずはビルを建てる土地の立地や周辺の状況なども踏まえて専門家と相談しながら、綿密に計画を建てていくとよいでしょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)