高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【階数別】マンションの建築にかかる費用

3階建てマンションの場合

3階建てマンション建築の費用相場や、建坪別の容積率・建ぺい率のデータをまとめました。東名阪の各エリアの規制についても解説しています。

3階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

4階建てマンションの場合

マンション建築費用の試算に欠かせない建ぺい率容積率について、説明しています。4階建てマンションの建築費用について、敷地面積の坪数別に費用目安をまとめてみました。

4階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

5階建てマンションの場合

5階建てマンションを建設する際に考えるべき容積率や建ぺい率、全国的な建築費用の相場、東京・名古屋・大阪の各エリアの規制などについて調べました。

5階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

6階建てマンションの場合

東名阪エリアを一例として、6階建てマンション建てようとした時の費用相場・容積率・建ぺい率・規制などについて調べました。

6階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

7階建てマンションの建築費用相場とは

7階建てマンションを建てる上で必要な建築費用の相場について解説しています。大都市圏の中でも東京・大阪・名古屋をピックアップた坪数毎の費用目安や建ぺい率・容積率、マンションの建築規制についても東京・大阪・名古屋と都市ごとにまとめてご紹介しています。

7階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

8階建てマンションの建築費用相場とは

マンション建築は、「何階建てのマンションを経てるか」によって建築費用が大きく変わります。
こちらのページでは「8階建てマンション」に特化し、情報をまとめていますので、8階建てマンションの建築費用相場を、50坪・80坪・100坪それぞれの建築費用目安に加え、「重量鉄骨造」と「鉄筋コンクリート造」にも分けてご紹介しています。
さらに日本の都市の中で東京・大阪・名古屋の3都市をピックアップしてそれぞれの都市で8階建てマンションを建てた場合の費用相場や50坪・80坪・100坪それぞれの特徴、東京・大阪・名古屋それぞれのマンション規制についても詳しくまとめましたので、東京や大阪、名古屋エリアで8階建てマンションの建築を検討している場合は、ぜひこちらのページをチェックしてみてください。

8階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

9階建てマンションの建築費用相場とは

こちらのページでは、東京・大阪・名古屋で9階建てマンションを建てた場合の建築費用相場や、50坪・80坪・100坪で「重量鉄骨造」と「鉄筋コンクリート造」それぞれの費用目安についてまとめました。また、マンション建築において押さえておきたい建築規制について、東京・大阪・名古屋それぞれについても詳しくまとめました。

一言にマンションと言っても階数によっては建築費用が大きく変わります。
そのような情報がひと目でわかるよう、こちらのページでは「9階建てマンションの建築」に特化し、坪数ごとの費用目安や東京・大阪・名古屋におけるマンション建築規制などについて情報をまとめています。

これから9階建てを建てようと考えている方は、建築費用目安やマンションの建築規制についてこちらのページでしっかりチェックしておきましょう。

9階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

中層マンション(10階建て以上)の建築費用相場とは

10階建て以上の中層マンションは、東京や大阪、名古屋といった大都市圏でかつ需要にマッチングしたマンションであれば、狭い土地でも一定の収益が見込めます。

しかし、10階建て以上の中層マンションとなると、どのぐらいの建築費用がかかるか気になる方も多いでしょう。

そこで、こちらのページでは10階建て以上の中層マンションに関する情報をまとめました。

50坪・80坪・100坪それぞれの特徴や、それぞれの坪数で重量鉄骨造で建築した場合、鉄筋コンクリート造で建築士場合の建築費用の目安を表でご紹介しています。

また、他にも東京や大阪、名古屋で10階建て以上の中層マンションを建てる場合のマンション建築規制についてもご紹介します。

大都市圏で10階建て以上の中層マンションを建てたいと考えている方は、ぜひこちらのページをご確認ください。

10階建て以上の中層マンションの建築費用相場について詳しく見る>>

15階建てマンションの建築費用相場とは

大都市圏の限られた土地でも大きな収益が期待できる15階建てマンション。

マンション建築をするなら収益性の高いマンションを建てたいと誰もが思います。しかし、15階建てマンションの場合はどのぐらいの費用がかかるかご存じでしょうか。

これから15階建てマンションを建てたいと考えている方のために、こちらのページでは、50坪・80坪・10坪の土地で15階建てマンションを建てたる場合、重量鉄骨造と鉄筋コンクリート造で作った場合にどのぐらいの費用がかかるかの目安をわかりやすくご紹介しています。

そのほかにもこちらのページでは、15階建てマンションを建てるにあたり、知っておきたい東京・大阪・名古屋の3都市のマンションの建築規制についても、詳しくご紹介します。

これから15階建てマンションの建築を考えている方はぜひチェックしてみてください。

15階建てマンションの建築費用相場について詳しく見る>>

30階建て以上・タワーマンションの建築費用相場とは

タワーマンションの一例として、30階建て以上マンションの建築費用目安を試算しています。合わせて、タワーマンションの建築には、どんな違いがあるか、マンション経営のオーナーとして知っておくべきポイントを紹介しています。

30階建てなどタワーマンションの建築費について詳しく見る>>

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)