高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【種類別】マンションの建築にかかる費用

一見マンションはどれも同じように見えますが、実はマンションを作る材料によって建築にかかる費用が大きく変わります。

マンションはRC造(鉄筋コンクリート造)やS造(鉄骨造)、SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)といった種類があります。

また、マンションの間取りによっても費用が大きく変わります。こちらのページでは、RCやS、SRCといったマンションの造部分の種類や、ワンルームなどの間取りの種類について、「種類別」にマンションの建築にかかる費用をご紹介します。

RCマンションの建築にかかる費用について

マンションを建てる場合、階数や間取り、立地などを気にする場合が多いですが、どんな種類でマンションを建てるかも重要です。

マンションの場合は、鉄骨造(S)・鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)などの種類があります。

こちらのページでは、RC(鉄筋コンクリート造)マンションの建築費用について、坪単価の違いやおおよその建築費用を把握する計算式などについてもご紹介しています。

マンションの建築費以外にも、その他の工事費用やローンの契約時などに必要な諸費用も考えなくてはなりません。RCマンションの建築を考えている方の為に、RCマンションの建築費用やその他にかかる工事費・諸経費も合わせた建築費用の目安について詳しくご紹介します。

RCマンションの建築にかかる建築費について詳しく見る>>

ワンルームマンションの建築にかかる費用について

ワンルームマンションは立地によって需要のありなしがはっきりしているため、需要の高いエリアに建てれば高い収益性を期待することができます。

さらにワンルームマンションはファミリー向けマンションよりも戸数が多いため、収益面でもさらに期待ができます。しかし逆に、戸数の多いワンルームマンションは、その分各設備費用などがかかるため、ファミリー向けマンションに比べて建築費用が高くなりがちという特徴もあります。

また、同じワンルームタイプであっても、アパートとマンションで費用面・経営面で大きく差が出てくる場合があります。

そんなワンルームマンションの建築にかかる本体工事費用や別途工事費用、諸経費などについてまとめてご紹介します。ワンルームタイプの需要が高いエリアでマンション建築を考えている方はぜひチェックしてみてください。

ワンルームマンションの建築にかかる建築費について詳しく見る>>

賃貸併用住宅の場合

賃貸併用住宅の場合は、延床面積の広さ、戸数の多さからマイホームを建築するよりも費用がかかります。しかし自宅用スペースが50%以上確保されていれば、住宅ローンを利用可能。住宅ローンはアパートローンと比べて長期間に渡る返済が可能で、金利も低く、審査通過率が高いなどメリットが多く存在します。さらに住宅ローン控除が適用される可能性もあり、金利・税金面で有利となるマンション建築方法です。

賃貸併用住宅に掛かる費用について詳しく見る>>

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)