高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

ワンルームマンションの建築にかかる費用について

ワンルームマンションを建築する際の本体工事費用の目安や坪単価、本体工事以外に必要な別途工事費用、ローン契約時などに必要となる諸経費などが必要となります。本体費用だけでなくその他の費用・諸経費も含めたワンルームマンションの建築費用目安についてご紹介します。

ワンルームマンションの建築費の目安

ワンルームマンションの建築にかかる費用について

ワンルームマンションを建築する場合、マンション本体を建築するための「本体工事費用」の他に、屋外給排水設備や電気・ガス工事費、アプロ―チや駐車場といった外構費用など本体工事費とは別に「別途工事費」が必要となります。
そのほかにもローン契約時に必要な費用や手数料、印紙税や不動産取得税、登記費用といった「諸費用」も必要となります。
ワンルームマンションの建築に必要な費用について、本体工事費・別途工事費・処刑にについてそれぞれご紹介します。

本体工事費・坪単価

ワンルームマンションを建築する際にかかる費用の大半はこの「本体工事費用」です。
ワンルームマンションといっても、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)や鉄骨造(S)マンションの造によってかかる費用が大きく変わり、なかでも分譲マンションや超高層マンションで使われている「鉄骨鉄筋コンクリート造」が最も建築費が高くなりますので、中低層マンションでは一般的に鉄骨造や鉄筋コンクリート造が一般的です。

鉄骨造の場合の坪単価は、約84万円~約104万円程で、鉄筋コンクリート造の場合の坪単価は約92万円~約120万円程です。

ワンルームマンションで考えた場合、1棟に20m2(約6坪)のワンルームが12戸あるマンションを建築する場合、延べ床面積は240m2(約72坪)となりますので、鉄筋造の場合の本体価格は約6,048万円~約7,344万円、鉄筋コンクリート造の場合の本体価格は、約6,624万円~約8,640万円程となります。

このほかに立地や内外装のグレード、階数や建物の形状によっても工事費が左右されます。

参照:HOME4U 土地活用(※2021年03月時点)

別途工事費

別途工事費の中には、マンション屋外の給排水設備、電気工事やガス工事費、駐車場の整備を含む外構費用、空調設備、地盤改良工事などの付帯工事が含まれます。この別途工事費用は、土地の形やマンションと外構のデザインにもよって費用が変わってきます。本体工事費の15~20%前後と言われていますが、建築会社によっては本体工事費に含まれる場合もあります。

また、地盤が弱い場合は杭工事で埋める杭の数が多く必要になるためその分費用が高くなります。

諸経費

諸経費の中には、ローンの手数料、火災保険料、不動産登記費用、不動産取得税や印紙税などがかかります。諸経費は本体工事のおよそ5%前後と言われていますが、諸経費はローンではなく現金で支払うのが一般的なので、諸経費分の現金は予め用意しておく必要があります。

ワンルームはファミリー向けより高くなる?

ワンルームマンションとファミリー向けマンションは、同じ延べ床面積であったとしても戸数の違いによって必要な設備数も変わります。また、戸数が増えることでその分壁も増えますので材料費がかかることから、ファミリー向けマンションよりもワンルームマンションの方が費用が高くなりやすいのが現状です。

アパートよりもマンションのほうが安定経営が可能

建築にかかる費用が高くなりやすいワンルームマンションですが、費用を安く抑える為に木造アパートを選択する場合もあります。しかし、アパートよりもマンションの方が家賃を高めに設定できるメリットがあります。また、木造は経年劣化も激しいため維持費も高いことからマンションの方が入居者にもオーナーにもメリットが多く、安定的な経営をしやすいと言われています。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)