高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » マンション経営におけるデザインや間取りについて

マンション経営におけるデザインや間取りについて

マンション経営を検討する際には、入居者の世帯を具体的にイメージして住みやすい間取りを作らないと「作ったはいいものの、入居者が集まらなかった!」なんてことになってしまいます。

独身や高齢者一人暮らしなどのシングル世帯、共働きで子どものいない夫婦世帯(ディンクス)、はたまた子どものいる世帯などそれぞれの家族構成・世帯タイプでは一体どんな間取りが人気なのでしょうか?

それぞれの世帯タイプ別に人気の間取りや予想できる収益などを詳しく解説します。これからマンション建設を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

マンション経営で考えるべきデザインや間取りについて

マンション経営では、デザインや間取りを入居者に合わせて検討するべきということは、ほとんどの方が納得できる考え方です。

例えば、シングル世帯向けの間取りの多くで採用されている1DKや1Rタイプの居室は、ファミリー世帯やディンクス世帯には狭すぎてしまいます。反対に、ファミリー向けの3LDKなどの間取りは、シングル世帯にとっては広すぎて家賃も高すぎるため、当然入居先の選択肢からは外れてしまいます。

マンションを建てる立地やマンション経営で得たい収益に合わせて、間取りはしっかりと検討する必要があります。

またデザインに関しても、ファミリー世帯に人気のデザインとシングル世帯に人気のデザインは少しずつ異なるもの。古いマンションでもリノベーションで今風のデザインに変えるだけで入居率が高くなったという例は枚挙にいとまがありません。

具体的に世帯タイプ別にどんな間取りやデザインが人気で、どのくらいの収益が見込めるのかを考えてみましょう。

世帯別に人気の間取りや見込める収益を解説!

それでは具体的に、シングル世帯、ディンクス世帯(共働き・子供なし世帯)、ファミリー世帯の3つの世帯タイプごとに、人気の間取りや見込める収益の考え方などを詳しく解説します。

シングル

学生や独身世帯などシングル世帯は賃貸マンション・アパートのニーズが高い世帯タイプです。

そのため、入居率も比較的確保しやすい一方で、部屋数・広さがそれほど必要ではないため入居者の数はそれなりに確保しなければいけません。

シングル世帯に人気の間取りは、1Rや1DKなどのタイプです。水回りもユニットバスタイプや簡易的なキッチンでOKとする人も少なくありません。広さは30平方メートル程度が相場です。

一方で、高所得のシングル世帯(独身社会人など)の入居を見込むなら、ある程度キッチンや部屋は広く、水回りも風呂トイレ別タイプが良いでしょう。ただし、初期投資をそれなりにかけ、学生が使うような安い賃料ではなく少し高めの家賃設定をするなら、きちんとニーズがあるかを考えておかないと収益化するのが難しくなってしまうことも。

駅や学校、オフィス街からの近さなど立地に関してもしっかりと検討しましょう。

シングル層に適した間取りについて詳しく見る

ディンクス

ディンクス(DINKs=Double Income No Kidsの略)とは、共働き・子どもを持たない夫婦を指す言葉です。

世帯収入もそれなりに多く、人生設計の中で子どもを持たないことを選択しているため教育費の家計負担がないことから、子育て世帯よりも裕福な世帯と言えるかもしれません。

部屋数はファミリー世帯ほど必要ない反面、生活に余裕があるためマンションもデザイン性の高さや暮らしやすさ、広さなどを重視して選ぶ傾向があります。

また、子どもがいないことから、部屋は綺麗に使ってもらえることが多いため、賃貸経営を考える上では入居してもらうと嬉しい世帯と言えるかもしれません。

間取りで人気なのは、2LDKなどの間取り。

また、平日は夫婦ともに仕事をしているため、キッチンへのこだわりはあまり高くない世帯が多いでしょう。その反面、夫婦で過ごす時間や家の過ごしやすさを考え、夫婦それぞれの専用空間が欲しいと考える世帯も少なくありません。寝室は夫婦共用だけれど、夫婦それぞれの個室は欲しいというディンクス世帯は3LDKの間取りを選ぶこともあります。

また、子どもの代わりにペットを飼うディンクス世帯も一定数いますから、ペット可物件も人気です。

収益性という点では、頻繁な引越しがない(子どもが生まれたから引っ越すなど)点や、ある程度家賃が高くてもOKという世帯が多いため、高い収益性を確保しやすい世帯です。 エリアとしては都市部でニーズが高い世帯です。

ディンクスを対象とした間取りについて詳しく見る

ファミリー

ファミリー世帯向けのマンションは、3LDK、4LDKなどある程度広さがある間取りが人気です。広さがあるため家賃は比較的高めに設定できます。

また、ファミリー世帯に人気の間取り条件として、家事動線(キッチンや水回りの使いやすさ)に配慮した間取りかどうか、ベランダ付きかどうかなども挙げられます。

子どもがある程度大きくなった時のことを考えて、子ども部屋としても使える部屋がある間取りも人気です。

都市部でも夫婦プラス子ども2人などのファミリー世帯向けのマンションは人気が高まっています。ファミリー世帯向けマンションの中には、託児所や病院が併設されているものもあり、こうした設備も入居者にとっては安心材料となるでしょう。

ファミリー世帯に適した間取りについて詳しく見る

マンション建築で人気の共用設備とは

マンション経営の際に共用設備の充実度は重要なポイントとなりますが、入居者から必要とされる人気の高い設備を設置することが大切です。

24時間ゴミステーション、宅配ボックスなどは実用性の面からあらゆる入居者から喜ばれるためぜひ設置しましょう。

またシンプルなデザインのエントランスやロビー、多目的に活用できるゲストルームなども人気です。

反対にフィットネスジムや温泉施設は、管理費や維持費が高額になる割に利用者が少なくなる傾向にあります。

入居する層はマンションの間取りから推察することができます。

入居者の属性を考えて、それらの人から必要とされる共用設備を設置するようにしてください。

マンション建築で人気の共用設備について詳しく見る

楽器可防音マンション

楽器可防音マンションを建てることは、マンション経営の安定化に非常に役立ちます。

現時点での楽器可防音マンションの需要と供給はアンバランスであり、需要の多さに供給が追いついていない状態です。

そのため入居率は圧倒的な高さを誇ると言われており、家賃を相場よりも高く設定できるため収益アップも期待できます。

デザインや間取りで差別化を行うよりも簡単でわかりやすいためおすすめです。

楽器可防音マンションについて詳しく見る

オーナー住居付きマンション

オーナー住居付きマンションはその名のとおり、物件のオーナーと居住者の部屋を併せ持つマンションになります。

オーナー住居付きマンションのメリットは、マンションの最上階を部屋にできたり、屋上を住居にできるなど最上階ならではの素晴らしい眺望であったり、屋上に庭園を持てるなどの、誰もが抱く憧れを実現できることです。

間取りもデザインもオーナーの好みで建てられるだけでなく、耐震構造にこだわった安心で強いマンションに仕上げることもできます。さらに地価が高い人気エリアであっても、家賃収入からローンを返済できるため、賢い土地活用及びマンション経営を行なえます。

またライフスタイルに沿った活用ができるのも魅力で、賃貸として貸し出している空室を家族の居住用にすることもできますし、入居者の要望それぞれに応えることも難しくないため、確かなマンション経営を行なうことができます。

本来自分好みのデザイン・間取り・条件のマンションと出会うことは非常に困難ですが、オーナー住居付きマンションなら自分好みの家と経営を行なうことが可能です。

オーナー住居付きマンションについて詳しく見る

マンションの間取りにおける「人気パターン」

現代的で人気の高いマンションの間取りには、居室と合わせて広くリビングスペースが使える「横リビング」や三角リビング、動線を意識した回遊型タイプなどが注目されています。

他にも水回りを1ヶ所にまとめた間取りや、トイレの位置取りなども間取り

を考えるうえで外せないポイントとして考えられていますし、ウォークインクローゼットやシューズインクローゼットなど収納力が高いお部屋も人気があります。

子どもをもつ家庭には、大きくなった子どもが勉強や趣味に集中できるよう、独立性の高い個室がある間取りも好評。

複数のバルコニーをもつ間取りは部屋の独立性と開放感、通気性が確保できるため、こちらも注目したいところです。

マンションの間取りにおける「人気パターン」について詳しく見る

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。