高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション経営でディンクスを対象とした間取りについて

ディンクス層に人気の間取りやデザイン

ディンクス(DINKs)とは、共働きで子どもを持たない夫婦世帯を指す言葉で、夫婦それぞれが自立しあい、経済的なゆとりを持っていることが多い世帯です。

日本でも、女性の社会進出とともにディンクス世帯は増えており、20代の若い世代から40代、50代まで年代層も幅広くなっています。

ディンクス世帯のライフスタイル

人気の間取りやデザインを考える上で、ディンクス世帯のライフスタイルの特徴を押さえておくことは大切です。

あくまでも傾向ではありますが、ディンクス世帯はそれぞれに収入源を持っていることから、経済的にもゆとりがあり、夫婦それぞれが自分のライフスタイルを確立していることが多いと言われています。

また、家に求める要素として、子どもがいない分、子育てしやすさや家事ラクなどの重要度は低く(もしくは全くなく)、個人のための時間(キャリアのため、趣味のため)や夫婦二人で過ごす時間をいかに快適に過ごせるかを大切にしています。

ディンクス世帯に人気の間取り

ディンクス世帯には夫婦2人暮らしのため、一般的には50平方メートル程度の1LDK〜3LDKタイプが人気です。

また、平日日中は職場に出勤していることが多いため、日当たりの優先順位はファミリー世帯よりも高くありません。

ただし間取りや設備として、日中不在にしている時のためのセキュリティ面の万全さ(オートロックや宅配ロッカーの有無など)を重視する傾向にあります。

部屋の広さは、2人で暮らす部屋としては少し広めが人気。

例えば、夫婦の寝室は一緒だけれど、自宅で仕事や趣味をするためのワークスペースとしてそれぞれの個室を求めることも多いでしょう。

ディンクス世帯に人気のデザイン

ディンクス世帯に人気のマンションのデザインとしては、広さを感じるゆとりある設計か、という点に加えて、インテリアなどの内装にも気を配ることが大切です。

ファミリー世帯と比べてインテリアにもお金をかけられるため、趣味の雑貨が飾れたり、ガーデニングを楽しめるデザインが選ばれることも。

また、間取りの話ともリンクしてきますが、平日は外食で済ませてしまうことも多いため、それほどキッチンのデザインや使いやすさ、設備にはこだわらないことも多いでしょう。ただし、設備仕様はハイグレードなものを求める世帯も多い傾向にあります。

夫婦がそれぞれの時間を過ごせるよう、個室や書斎など落ち着けるデザインの部屋がある物件も人気です。

ディンクス世帯に人気なマンションの入居率・利益率

ディンクス世帯向けのマンションは、ファミリー世帯よりもコンパクトサイズが人気な点。また、比較的綺麗に使ってもらえることが多い点。共働きにより世帯収入がある程度余裕を持って確保できている点などから、マンションとしての利益率は高い傾向にあります。

入居率はエリアによっても異なり、ディンクスというライフスタイルを選ぶ方が多い都市部の通勤しやすい駅近エリアであれば、ある程度入居率の確保が期待できる反面、地方部ではディンクス世帯の絶対数が少なく、似たような物件が多ければ入居率を確保するためにはそれなりの工夫や経営努力が必要となるでしょう。

その他、ディンクス世帯に人気物件の特徴

ディンクス層に人気のマンション物件の特徴は、間取りやデザイン以外にも色々あります。

ここでは、間取り以外で忘れてはいけないディンクス層に人気のマンション物件の特徴をいくつかご紹介しましょう。

立地は駅近が人気

ディンクス世帯は夫婦ともに働いているため、通勤しやすさを重視した駅近物件が人気です。

駅から遠い物件は、ファミリー世帯であれば子どもの学区や子育てしやすさなどを重視して選ばれることもありますが、子育てという制約がないことから、断然駅から遠いよりは駅近の物件のほうが人気と言えるでしょう。

コンパクトマンションタイプを好む傾向が

また、広さはファミリー世帯よりも少し小さめのコンパクトマンションタイプが人気です。

ディンクス世帯を対象としたコンパクトマンションは、ファミリー向けマンションと比べるまだまだ数も少ないことから、中古物件もそれほど多くなく、ファミリータイプのマンションよりも競争率は低い傾向にあります。

また、賃貸か持ち家かと考えた時、ディンクス向けのマンションは住み替えのしやすさを考えて賃貸を選ぶ夫婦も多いと考えられます。

大人向けの共用施設もポイント

最近のマンションは、子育てファミリー用の託児所や病院を共用部に入れるなど、専有エリア以外のマンション共有部の設備の充実を図るところも増えています。

ディンクス向けのマンションなら、ジムや入居者同士の交流が楽しめるバーカウンター、ちょっとしたデスクワークができるワーキングスペースなどを共用部に作るケースも出てきています。

ディンクス層向けのマンション経営のポイント

時代の変化とともに生まれたディンクスというライフスタイル。マンション経営においても、都市部であればあるほどディンクス向けのマンションへのニーズはこれからも引き続き高くなっていくことが予想されます。

マンション経営をする上では、ディンクス世帯向けのコンパクトかつライフスタイルに合わせた設備を備えたマンションはどんなものかを考えてみることが大切です。

また、ファミリー世帯とは異なり、夫婦それぞれのライフスタイルを楽しめる設備や間取りかどうかに関しても考えられたマンションが、ディンクス層にとって好まれる傾向にある、という点は忘れてはなりません。

ただし、ディンクス世帯がいくら増えていると言っても、まだまだ地方部では少数派。ディンクス向けマンションのニーズが、建設を予定している土地でどの程度あるかは、冷静に判断しましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)