高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

ファミリー世帯に適した間取りについて

ファミリー層に人気の間取りやデザイン

子育てファミリー向けのマンションは、都市部や駅近エリアで人気の住まいのスタイルです。 ファミリー向けマンションの建築を考える上では、ファミリー世帯のライフスタイルを具体的に想像しながら、人気の間取りやデザインを選択していく必要があります。

ファミリー世帯のライフスタイル

一般的にファミリー世帯は子育て世代となるため、子育てを中心に住まいも選ぶこととなります。

小学校入学前なら、子どもの見守りしやすさや、家事と子育て(ときには仕事)との両立しやすい間取りを。また、子どもが小学校入学後の世帯なら、家族のコミュニケーションが取りやすい間取りだったり、子ども部屋を確保できるかどうかなども重視するポイントとなります。

通学・通園しやすさを考えて場所を選ばれることもありますし、安心して子育てできる治安の良さや交通量なども加味されることでしょう。

ファミリー世帯に人気の間取り

ファミリー世帯に人気のマンションは、広さで言えば50〜60平方メートル以上。間取りとしては2〜3LDKあたりからが人気です。

また、子どもとのコミュニケーションを大切にした人なら、どの部屋に行くにもリビングを経由するような動線の間取りも人気。さらに、布団や洗濯物をよく干すことがあるため、日当たりや室内の明るさなども大切となるでしょう。

最近では、ファミリー世帯を意識した家事ラクな間取りも人気。

例えば室内干しスペースがあったり、ランドリーコーナーがあったり、収納スペースが多かったりと言った間取りが挙げられます。

キッチンと洗面コーナーとの回遊性なども重視されることが多いですし、キッチンは家族分の料理を作る関係上、ある程度の広さが求められます。

ファミリー世帯に人気のデザイン

ファミリー世帯に人気の住まいのデザインとしては、できるだけ開放感があるリビング空間のマンションが人気です。

また、スタイルもスタイリッシュや都会的なテイストよりも、ナチュラル・北欧テイストといった飽きのこないシンプルなデザインが好まれやすいと言えるでしょう。

キッチンなら、システムキッチンで清潔感あるものを選ぶといいでしょう。

ファミリー世帯に人気なマンションの入居率・利益率

ファミリー世帯向けマンション運用を考えた時、入居期間が長くなる可能性が高い点が大きなメリットと言えます。

その反面、子育てをしていると、住まいはどうしてもクロスや床などが傷みやすく、退去後のリフォームや修繕に費用がかかることも。

また、長期間入居していた世帯が退去した後も、子どもの入学・入園などに合わせて引越しをする世帯が多いため、時期によっては次の入居者がすぐに見つかりにくい点は覚悟しておいた方がいいでしょう。

こうした点を考えると、ファミリー世帯向けマンションの入居率は比較的安定的に確保しやすく、利益率も決して悪くない一方で、空室が出た場合の金銭的リスクは少し高くなると言えるかもしれません。

また、利回りという点でもファミリーマンションはシングル世帯向けマンションと比べて利回りは低め。

ワンルームの2倍〜3倍の広さの物件でも、家賃が必ずしも2〜3倍になるとは限らず、家賃設定を見誤れば利益率は低くなってしまいますので、しっかりと需給の見通しを立てて投資・運用計画を練りましょう。

その他、ファミリー世帯に人気物件の特徴

ファミリー世帯向けのマンションを建てる際には、間取りやデザイン以外にも立地・共用部の充実などの要素をクリアしているかも考えてみましょう。

立地は子育てしやすさを重視

例えば立地は、ファミリー世帯が住まいを決める上で最も重視することの一つです。

親の職場へのアクセスしやすさよりも、子どもが通う学校や保育園・幼稚園からの近さが非常に重要に。また、最近では行政ごとに異なる子育て世帯への支援策が、エリアの人気度を左右することもあります。

駅近であるのはもちろん良いことですが、ファミリー世帯向けを狙うなら学校との距離・スーパーや商店街などとの距離・近隣に子どもを安心して遊ばせられる公園があるかどうかなどもチェックしてみましょう。

ファミリー世帯向けの共用施設の充実で付加価値を

都市部では、夫婦共働き世帯も多いことから、マンションの共用部に託児スペースや保育園などを設けるマンションも少しずつですが増えています。

親同士の交流が図れる庭園スペースなどを設けているところもあり、共用設備の充実は、マンション入居の大きな動機となることも。

加えて、宅配ロッカーや子どもの足音が階下に響かないかどうか(防音性)なども重視される傾向にあります。

ファミリー層向けのマンション経営のポイント

ここまでみてきたように、ファミリー世帯向けのマンションは、シングル世帯やディンクス世帯とは異なる要素が求められていることがわかります。

単に間取りや部屋数、広さだけでなく、立地・付加価値なども考えてマンション建設・経営を検討するようにしましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。