高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

オーナー住居付きマンション

オーナー住居付きマンションを建てるメリット

自分好みの間取りで生活できる

オーナー住居付きマンションを建てるメリットのひとつは、住居のオーナーなので自分好みの間取りで生活できるという点です。

間取りはもちろんのこと、デザインにおいても自由に決めることができるので、納得いく住居を建てられるだけでなく、多くの人に好まれそうなモダンなマンションに作り上げることが可能です。

特に間取りは細部までこだわることができるので、ありふれた部屋との差別化を図れますし、一風変わった部屋にすることもできます。何から何まで自分好みにデザインできるため、理想の部屋・マンションのイメージがあるのなら具現化して夢を叶えましょう。

また住居のみ他の部屋とは異なるタイプにできるため、マンション全体に合わせなければならないといった問題が解消されます。

家賃収入でローン返済が可能

通常一戸建のマイホームを持つともなると、給料から住宅ローンの返済を行なう必要がありますが、居住部分と賃貸部分を併できるオーナー住居付きマンションなら家賃収入によってローンを返済することが可能です。

家賃収入が住宅ローン返済額を上回るよう上手に経営することで、月々の住宅ローン返済額を全額支払えるだけでなく、プラスの収入を得ることができます。言うまでもなく家賃収入が多ければ多いほど、返済額を大きく減らせるので安心したローン返済が実現します。

さらに家賃収入でローン返済が可能ということは、地価の高い人気の沿線&エリアにオーナー住居付きマンションを建てやすくなります。オーナーが憧れていたエリアに住むことができるだけでなく、入居希望者もまた夢を叶えることができるので相乗効果も期待できます。

居住者の立場に立った運営ができる

マンション経営をする上で重要なことは「居住者の立場に立った運営をすること」です。

中古マンションなどは自分の理想とはことなる住居になるため、入居者に長く住んでもらう対策を取りづらいというデメリットがありますが、新築のオーナー住居付きマンションなら理想のプランを実現できるため、「テナントリテンション」が最適になります。

新築かつオーナー住居と併用のマンションなら、居住者の立場に立った運営ができることはもちろん、入居者と挨拶を交わすと機会が増えるため、人間関係が構築されやすくなるメリットが加わります。さらに信頼関係が構築されれば、退去防止にも繋がるので安定のマンション経営も実現します。

また居住者の要望をすべて反映したマンションを建てられるので、入居しやすさも向上するなどのメリットも加わります。

耐震構造に優れた住宅が手に入る

ここ日本では、いかなる土地でも地震が発生します。いざ大地震が起きた時でも倒壊しないよう、耐震構造に優れた住宅に住むことが安心した生活を送る上で重要なポイントになりますが、中古マンションではそれが叶わない可能性が高いです。

あくまで耐震構造に優れた住宅はオーナーがこだわりぬいて建設した物件のみになるため、中古マンションなどでは基準が十分に満たされていないケースが多いです。

しかし新築のオーナー住居付きマンションを建てることで耐震構造にとことんこだわることができますし、オーナーはもちろんのこと入居者も安全に暮らすことのできるマンションが完成します。

最近は耐震性に問題がある物件が発覚するなどの問題も浮上しているので、オーナーも入居者も安心して暮らすことのできるマンションを建てることは重要なポイントと言って良いでしょう。

部屋の貸し出しが容易

オーナー住居付きマンションのメリットは、部屋の貸し出しが容易という点にあります。

オーナー住居付きマンションは居住者用住居と間近なので、常に空室状況を把握することができますし、その原因を探ることも難しくありません。問題さえ解消することができれば、空室リスクを軽減できるだけでなく居住者にとってもプラスになります。

また退去から入室までをスムーズに行なうことができるため、マンション経営におけるロスをなくすこともできます。

さらに空室をオーナーの独断で家族の住居にできるなど、ライフスタイルに合わせた賃貸を行なえます。

オーナー住居のデザイン事例をご紹介

事例1:最上階の庭園付き住居

施工事例

引用元HP:株式会社KLASIC Holdings

https://www.klasic.jp/construction/1314/

オーナーの部屋を最上階&庭園付きにしたのがYさん夫妻経営の6階建て賃貸マンション。

都内住宅街にある某駅から近いという好立地なうえに、夫妻の自邸は最上階につくられ、眺望抜群の屋上庭園付きペントハウスに仕上がっています。

6階建てマンションの屋上、すなわち7階、8階にあたる自邸は共用スペースがある広々としたフロア(LDK)と、家族の個室のあるフロアとに分けられた2階建て仕様の住居。賃貸用として貸し出されている1~6階とまったく違う発想で作られているため、Yさん夫婦と入居者それぞれのプライバシーを守れられた、参考にしたいオーナー住居のデザインといえます。

事例2:開放的なリビングを設けた住居

施工事例

引用元HP:株式会社 平成建設

https://www.heiseikensetu.co.jp/apartment/owner.html

平成建設が手がけた「開放的なリビングを設けた住居」もまた、オーナー住居付きマンションにおけるデザインの参考になります。

マンションの最上階であれば、外部からの視線などの人目が気にならなくなります。これにより開放的なLDKが実現でき、大きな窓を設置できるので明るい光が降り注ぐ大開口LDKに暮らすことができるようになります。

言うまでもなく最上階の特権なので、オーナー住居付きマンションのオーナーでなければ難しいデザイン設計になります。

事例3:独立玄関を設けた住居

施工事例

引用元HP:株式会社 平成建設

https://www.heiseikensetu.co.jp/apartment/owner.html

独立玄関を設けた住居にすることで、居住者との動線を完全に分離することができます。居住者のことも考え、それぞれが外出・帰宅する時にはできるだけ顔を合わせないよう設計することも可能です。

さらにプライベートエレベーターを設けることで、エントランスは共用するものの動線が重なることを防ぐこともできます。

居住者との生活を完全に分け、プライベートを守りたい場合に有効なデザイン事例と言っていいでしょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)