高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンションの間取りにおける「人気パターン」

人気のマンションの間取り:リビング編

マンションの間取りに関する人気度は日々変化しており、現代的で機能的なデザインを中心に人気を集めています。

ここでは単身者からファミリー層まで、幅広い層に人気が高い間取りを詳しく紹介します。

リビングが広くとれる「横リビング」は開放感抜群

居室内のスペースのうち、家族がもっとも長く一緒に暮らす場所がリビングです。リビングはその形によって「縦リビング」「横リビング」と分けられます。

このうち横リビングは、リビングの横に居室を配置したパターンで、場合によっては2部屋を一体化でき、広々とした空間にすることが可能に。

居室部分を開放すると、テレビを置くスペースやキッズスペースができ、それ以外にもソファーやベッドを置いて、ゆったりとくつろぐためのスペースにしても。

2面採光タイプなら、異なる角度からそれぞれ光と風が入るので、明るく風通しの良いリビングになります。

このように横リビングは、マンション特有の狭さを感じにくく、ペットも含めた家族みんなが集いやすいエリアとして人気を集めています。

現代的な三角リビングなら明るさと広い視界が確保できる

タワーマンションをはじめ、マンションタイプの建物に採用されることが多い、三角形のリビングルーム。リビングの壁のほとんどが大きな窓に覆われているので、抜群の採光性が確保できます。

リビングルームに明るさと開放感が出ると、家族の暮らしも充実したものに。さらにリビングからの眺めも確保できれば、日中と夜間で異なる風景が楽しめます。

三角リビングは窓の大きさが目立つ間取りですが、リビングに広さが出せれば開放感が手に入ります。上記で紹介した横リビングや、間取りによっては縦リビングにできる間取りも多くあるので、居室を有効活用すれば快適な空間に。

三角リビングは必ずしも直線的な三角形というわけではなく、居室内が丸形や変形タイプになっている間取りもあります。いずれも壁への光や風の当たり方を工夫して設計されている間取りですが、家具のレイアウトや採光性などが難しい場合も多いので、よく考えて選ぶことが大切です。

回遊型プランは効率性重視の方におすすめ

効率を重視する方には、リビングを中心にクローゼットや脱衣所、廊下が一周できる「回遊型」プランが注目を集めています。

回遊型のメリットはずばり「家事効率の高さ」。動線が考えられているので、料理をしながら洗濯…といった複数の家事をこなす際に便利です。

また複数の空間が回遊できるので、家族がぶつかり合う心配が少なく、間取りによっては複数のルートで浴室や居室、キッチンにアクセスできます。

洗濯や炊事をしている間は何かと忙しいですから、洗濯機の置いてある脱衣所とキッチンの間をすばやく行き来できればストレスも少なくなります。

キッチンを独立型の「アイランドキッチン」にすれば、キッチンも回遊型になるのでさらに効率的に。忙しく動き回っているときに家族がキッチンに入ってきてもぶつかる心配が少ないので安心感があります。

人気のマンションの間取り:水回り編

浴室や洗面所などの水回りは、室内のどこに配置されているかによって使い勝手が変わることが多いもの。家を決めるときには、トイレ・洗面所・浴室がそれぞれどこに置かれているかを必ず確認しましょう。

ここでは生活の質を左右する、キッチン以外の水回りの間取りについて、人気の配置を紹介します。

トイレは音が響いても問題のない場所が理想的

トイレは排泄や排水に音が出るので、それらの音が響いても問題のない場所に配置されているのが理想です。

たとえばトイレが個室と接しているような間取りでは、個室内にいる人にトイレの音が聞こえてしまう可能性があります。

夜中に寝起きし、トイレを使う家族がいる場合は、排水音の他にも扉の開閉音が気になりやすいので、睡眠の質を下げたくない場合はトイレの位置に注意してください。

玄関脇やウォークインクローゼットなど、音が響いても問題のない空間にトイレが隣接していれば、音はほとんど気になりません。

ただし廊下の端にトイレがある間取りでは、介護が必要な家族に不便となる可能性があるので、家族の利便性も考慮しておくと安心です。

浴室は風通しの良さや掃除のしやすい間取りが人気

浴室は採光性が低い場所に配置されるのが一般的ですが、それでも光や風がまったく入ってこないというのは寂しいものです。

特に入浴後は湿気が溜まり、カビや汚れが目立ちやすくなるため、窓が付いていて風通しを良くできる間取りが人気です。

大きな窓が付いていて眺めが良い間取りも人気ですが、浴室はプライベートな空間ですから、できれば外から丸見えになるのは避けたいところ。

浴室と洗面所とトイレが同じ場所に集まった間取りなら、入浴の前後でトイレに行きたくなっても安心ですし、水回りの掃除もしやすいので家事の時短になります。

いずれにしても、掃除や家事など生活の質を高めてくれる間取りは水回りに欠かせないポイントといえるでしょう。

人気のマンションの間取り:その他

個室は家族のプライバシーを守り、快適に暮らすためのスペースです。誰にどの個室を割り当てるかで悩む方も多いかもしれません。

ここではマンションの間取りのうち、人気の高い個室のタイプについて詳しく紹介します。

両面・3面バルコニー付きの個室で独立性アップ

バルコニーはリビングにのみ付いているイメージがありますが、個室にも小さなバルコニーが付属していると独立性がアップし快適な空間に。

バルコニーから景色を眺めたり、洗濯物を干したりと自在な使い方ができますし、外から窓を掃除できるので清潔さが保てるメリットも。

近年では「L字型バルコニー」や、「サービスバルコニー」などが付いたマンションも登場し、室内だけではなく外での暮らしも充実させてくれる間取りが増えています。

「外に出られる」というだけで開放感がありますし、ペットとの暮らしや外での読書タイムなど、時間を有意義に使うことができそうですね。

個室同士が遠い間取りはプライベート空間確保に最適

個室同士が隣り合っていると生活音が気になりやすいものですが、部屋同士が離れているとその心配はありません。

玄関を入って左右に部屋が分かれている間取りや、廊下の手前と奥に配置されているようなパターンはプライベート空間がほしい方に最適。

また子どもが大人へと成長していくなかで、親の気配を過度に気にせず、勉強や趣味に集中できる空間があるとほどよい距離感が保てます。

充実した収納スペースは部屋を広く使える

玄関横のシューズインクローゼット、居室内のウォークインクローゼットはいずれも利便性の高い収納スペースで、夫婦の二人暮らしや荷物の多い方に人気があります。

シューズインクローゼットに高さと奥行きが確保されていると、帰宅直後に上着をかけておけるので外からのホコリや花粉を室内に持ち込まずに済むメリットも。

物を出しっぱなしにせずきれいに収納できるので、部屋が広く使えて足元も安全になります。小さなお子さんやペット、高齢のご家族がいても安心です。

風通しの良い間取りは清潔・快適

夏から秋にかけての暑い季節でも、風通しの良い間取りなら湿気が溜まりにくくなり快適に過ごせます。エアコンを付けっぱなしにする必要がなく、洗濯物もよく乾きます。

人工的なエアコンの風より、自然の風のほうが健康に良いと考えている方は多く、特に高齢のご家族がいる家庭では風通しの良い間取りが人気です。

できればリビングやキッチンだけではなく、廊下やその他の部屋にもしっかりと風が行き渡るような部屋が理想的。

季節ごとに変わる風向きにも着目して、どの方向からでも風が取り込めるとさらにベストです。

ウォークインクローゼットやシューズインクローゼットは、常に入り口を閉めていることが多く、湿気もこもりやすくなっています。そのため、風が収納スペースの中まで入ってくるかどうかも注意しておくと良いでしょう。

寒い地域では、空気の温度にも注目して間取りを選びましょう。空気は室内を常に循環していますが、暖かい空気は部屋の上部に溜まる性質があるので、空気の通り道も考えられているかどうかがポイントです。

優先事項を決めて間取りを選ぼう

上記に挙げた間取りはいずれも人気がありますが、実際に間取りを選ぶときは優先順位を決めてチェックしていくのがポイントです。

自分自身の希望ももちろんですが、入居する人の人数や年齢、将来的に増える可能性のある人のことも考え、みんなが使いやすい間取りを選ぶと全体的に満足度が向上し、快適な空間が手に入ります。

人気の間取りでもマンションによって雰囲気や使い勝手が変わりますし、必ずしも満足度が高いとは限らないため、実際に目で見て確認するようにしたいところ。

内見や下見の際には部屋の中全体を歩いてみて、物音や風の通り道、採光性をチェックし使い勝手を確認しましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)