高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

マンション建築で人気の共用設備とは

マンション建築の際にチェックしたい人気の共用設備とは?

マンション建築の際には、入居者からの人気が高い共用設備を設置することをおすすめします。

入居者の年代や性別、世帯の形態に関わらず高い人気を誇るのは、次のような共用設備です。

24時間ゴミステーション

24時間ゴミステーションは、24時間いつでもゴミを出すことができるため、起床時間が遅い人や時間がない人、生活時間帯が不規則な人から支持されています。

ゴミ出しできる時間帯にさまざまな規制を設けるマンションは多いですが、あまりに厳しい規制を設けていると、入居者から敬遠されかねません。

反対に高層のマンションであれば、各階に24時間ゴミステーションがあると高い利便性をアピールできます。

ゴミ置き場にスタッフを巡回させて管理する、臭いやカラスの予防ができるタイプのゴミ置き場にするなど、衛生的な問題が発生しないように管理できる環境を作り出すことがポイントです。

宅配ボックス

宅配ボックスは、不在でも宅配便が受け取れるロッカー型の共用設備で、インターネットショッピングをする人が増えた現在、急激に人気が高まってきています。

特に宅配ボックスを重要視している入居者の層は、日中に仕事をしていて在宅時間が少ない人や一人暮らしの女性です。

宅配ボックスさえあれば、仕事で不在であっても宅配便を受け取ることができ、セキュリティの問題から外部の人間と接したくない一人暮らしの女性でも、宅配業者と会うことなく荷物を受け取れます。

宅配ボックスは各戸ごとに設置する必要はなく、部屋数の30%程度を設置するだけで構いません。それぞれの部屋専用の設備ではなく、全部屋で共有する設備だからです。

エントランス・ロビー

エントランスやロビーも人気の高い共用設備です。来客があった場合でも簡単な用事であれば各戸に通す必要がなく、セキュリティ面から考えても安心感があります。

ただし華美な装飾をする必要はなく、落ち着けること、シンプルで飽きがこないことが大切。

過度に広くきらびやかなエントランスやロビーが設置されていると、維持費が高いマンションというイメージが付加されてしまいます。

高級さを売りにしたマンション建築では問題にならないでしょうが、通常のマンションであれば、適度な広さを備えたシンプルなエントランスとロビーがおすすめです。

ゲストルーム

ゲストルームというのは来客を宿泊させる場合や、複数人で使えるスペースが必要なときに便利な共用設備です。入居者同士でパーティーを開いたり、集会をしたりするときにも使われます。

ほとんどの場合が予約制になっていて、必要なときに、必要な時間だけゲストルームをレンタルするというシステムになっています。

来客が多い世帯から人気がありますが、ゲストルームの維持費や管理費は入居者から徴収することになるため、戸数の少ないマンションでは導入しにくいという点に注意してください。

タワーマンションや大規模なマンションの高層階に設置すれば、低層階の入居者が展望を楽しむためにも活用できます。

入居者に不人気の共用設備もある

マンション建築の際に共用設備の充実度は大切ですが、人気のない共用設備もあるため、建設費と必要性のバランスを考えて導入を決めましょう。

フィットネスジム

フィットネスジムがあるマンションは管理費や維持費が高くなりやすく、入居者からはあまり人気がありません。

フィットネスジムにはさまざまなトレーニングマシンが設置されていますが、導入する時点でコストがかかり、故障やメンテナンスなどで維持費も高額です。

特にマンション建築を予定しているエリアにフィットネスジムがある場合は、そちらの方が設備の充実度が高い可能性があるため、入居者に利用されない設備になってしまいがちです。

温泉施設

温泉やスパなどの共用施設も、維持するためには高額なコストが必要となります。水道費、光熱費、管理費など、入居者への負担が大きくなりやすい点がデメリットです。

また入居者同士の仲がそれほど親しくない場合、同じお湯に入って裸を見られるということ自体を敬遠する人もいます。

以前は温泉施設を設置しているマンションも存在していましたが、昨今に建設されたマンションにはほとんど設置されていません。その事実からも不人気度の高さが伺えます。

ただし入居世帯に高齢者が多い場合は設置を検討する価値はあるでしょう。

入居者層に合った共用設備を設置することが大切

マンション建築をするにあたって、共用設備を充実させることが入居者からの関心を惹く鍵となることは間違いありません。

人気の高い共用設備があるマンションは、費用対効果の高い物件だとみなされますが、大切なことは「入居者の層に適した共用設備のみを設置する」ということです。

建設費や管理費、維持費も考慮すると、あらゆる設備を設置すればよいというものではなく、人気があり、入居者から重宝されるものだけを選りすぐって設置するようにしてください。

単身者が入居するワンルームマンションにキッズルームは不要ですが、2LDK~3LDKの部屋が中心となるマンションであれば喜ばれるでしょう。

このようにターゲットとなる入居者の層を考えて、必要な共用設備を選択することが大切です。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。