高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

シングル層に適した間取りについて

シングル世帯に人気の間取りやデザイン

学生や独身会社員などシングル層は、賃貸マンションの入居者の多くを占めるボリュームゾーンです。

マンション経営を考えるなら、シングル層を対象とした(賃料も含めて)一人暮らししやすい物件にすることが大切です。

借主も見つけやすいシングル層向けのマンションは、ときとしてファミリー世帯向けやディンクス向けのマンションよりも利益率や入居率が高いことも。投資パフォーマンスの高いシングル層向けマンションを一緒に考えていきましょう。

シングル層のライフスタイル

一人暮らしをするシングル層は、年代によっても社会的立場が異なります。

学校に通う学生さん、独身の社会人、高齢者など年代もライフスタイルもさまざまです。

シングル層向けのマンションの中には、女性向け、学生向けなど入居者の属性をある程度想定して設備や間取り・デザインを決めている物件も少なくありません。

例えば女性向けなら、バストイレは別として、セキュリティ対策を万全にするなどの仕様が人気。学生対象なら、ある程度広さは妥協できても、家賃が妥協できないという入居者層が多いため、家賃の低い物件が人気です。

シングル層に人気の間取り

シングル層に人気の間取りといえば、何と言っても1Rタイプの間取りです。

入居者の属性にもよりますが、シングル層はファミリー世帯と比べて自炊をする頻度も少ないため、キッチン設備などは必要最低限の簡易的なものでも人気です。

また、最近では家賃の高い都心部で、極端に狭くても家賃が安くて立地がいいタイプのマンションが人気という風潮も。

バストイレはユニットタイプももちろん一般的ですが、同じ賃料設定ならバストイレ別の間取りが人気です。

また、角部屋のように面積は狭くても日当たりが良くて開放感があったり、ロフト付きのように実質的に使える床面積が広かったりするタイプも人気といえます。

シングル層に人気のデザイン

シングル層に人気のマンションデザインは、実に多種多様。

女性をターゲットにしてカラフルな色使いを選ぶマンションも人気ですし、部屋の壁の1面だけをおしゃれな色使いにしたデザインのマンションも人気です。

また、コンクリート打ちっ放しのようなラフな質感も若い世代に人気といえます。

DIYブームの昨今は、古い中古マンションをリノベーションして貸し出したり、DIY可物件として貸し出すオーナーも出始めています。

こうした物件も、他との差別化という点では人気となっています。

シングル層に人気なマンションの入居率・利益率

マンション経営を考えた時、シングル層向けのマンションは入居率を確保できれば利益率という点では非常に高い物件です。

というのも、専有部の床面積が狭いシングル層向けマンションは、同じ敷地にファミリー層向けマンションを建てた場合よりも、部屋数も多く、面積当たりの賃料も高く設定できることも。

また、入居期間がファミリー世帯やディンクス世帯と比べて短い傾向にある反面、大学の入学・卒業や就職シーズンなど一定のスパンで継続的に新規入居者を獲得しやすいと言えるからです。

極端な話、立地さえ良ければ、賃料が極端に高かったり極端に他の物件と比べて古いなどの大きなデメリットがない限り、一定の入居率を確保しやすいのがシングル向けマンションなのです。

その他、シングル層に人気物件の特徴

間取りやデザイン以外にも、シングル層向けのマンションとして人気の物件には特徴がいくつかあります。

昨今の人気物件の特徴なども踏まえながら、シングル層に人気のマンションの特徴を解説しましょう。

立地は駅近が断然人気

子育てが必要なファミリー世帯とは異なり、シングル層向けマンションは学校や職場への通いやすさが最も重視されるポイントとなります。

例えば大学の近くにある物件や、オフィスの多い駅へ乗り換えなしでいける路線の駅近物件は、根強い人気を誇ります。

また、地方部でも主要な駅の近くにあるマンションや大手企業のオフィスや工場近くのマンションなどは社員の入居をある程度見込めます。ただし、会社や大学近くのマンション建築を考える際には、大学のキャンパス移転や本社(工場)移転のリスクも考えておきたいところ。

大学に通う学生からの需要を見込んでマンションを建築しても、5年後に突如大学移転で入居者がいなくなった…なんてことは避けたい事態です。

“シェア”もキーワードに

カーシェアリングやシェアオフィスのように、若者の間では“シェア”という概念が今や当たり前になっています。

住まいにおいてもシェアハウスのように、ここのプライベートスペースを確保しながらキッチンとリビングをシェアするタイプのマンションや賃貸物件も人気となっています。

マンションを最初からシェアハウスとして建てるのは、需要の予測を立てる上でなかなか踏み込めない点もあるかもしれませんが、シングル層の入居者同士が交流できるカフェスペースやシェアオフィススペースを下層階に作ることで、他のマンションとの差別化を図ることができるかもしれません。

ただし、まだまだシェアの考え方が広がっているのは、都市部のみ。

立地や建築を検討している土地で本当に必要とされている要素かどうかは慎重に判断しましょう。

シングル層向けのマンション経営のポイント

シングル層向けのマンションは、入居スパンも短めで入居者も比較的確保しやすいマンションタイプと言えます。

人気の間取りはもちろんですが、似たような物件も多く競争率が高いタイプでもありますので、どこかしらで他の物件との差別化や入居者獲得の戦略を考えていく必要があるかもしれません。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。