高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » マンション経営の火災保険・地震保険・施設賠償責任保険加入メリット

火災保険・地震保険・施設賠償責任保険加入メリットは大きい!?

マンション経営をする上で必要な保険とそれぞれのメリット・デメリット

投資目的であれ、土地活用であれアパートやマンション経営をする上では各種保険についてもしっかりと理解し、加入しておくことが大切です。いざという時に「こんなはずではなかった!」とならないために、知っておきたい/加入しておきたい主な保険についてどんなものがあるのか、それぞれのメリット・デメリットを含めて解説します。

火災保険

火災保険は、入居者自身も加入する保険ですが、マンションやアパートのオーナー自身も加入しておくべき保険です。というのも、経営しているマンションの共用部から出火した場合。また、隣の建物に延焼してしまった場合。入居者の居室からではないため、火災にかかる損害はオーナー自身が負担しないといけないことに。
そこで利用するのが火災保険です。
保険会社によっても異なりますが、火災保険の主な補償範囲は、次のようなものがあります。

  • 火災
  • 台風や落雷、風来などの被害
  • 車の衝突などによる損害
  • 給排水設備の故障や事故による水漏れ

※必ずしも全ての保険の補償範囲となっているわけではありません。加入する保険プランをしっかりと確認しましょう。

火災保険に加入するメリットは、火災以外の災害に対する保険もカバーできることがある点です。また、共用部からの出火なども補償される点は一番のメリットでしょう。
一方、火災保険のデメリットは、地震が原因となる火災には対応していない点です。火災の原因によっては補償の範囲外となることもあるため、「これだけで十分」とは考えないほうがいいでしょう。

アパートやマンションを経営する上で火災保険は誰もが当たり前に加入しているものかもしれません。火災保険は、万が一の建物損傷・損壊・火災などへの備えとして必要ですが、プランや補償内容も多種多様。
どんな火災保険に入るべきか迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
火事だけでなく台風や、洪水などの水害、突発的な事故などにも備えられる火災保険について、改めて正しい知識を身につけましょう。次のページでは、火災保険の種類・相場・支払方法や検討したい特約について解説します。

火災保険の詳細をチェック>>

地震保険

地震保険は、その名の通り地震災害によって起こる損害をカバーする保険です。
例えば、地震によって発生した火災や建物の損壊に対する補償が主なもの。火災保険ではカバーしきれなかった地震の際の火災までしっかりと補償範囲になっているので、必ず加入しておきたいところ。
また、地震保険による補償範囲は地震だけでなく噴火や自身が原因となる津波なども対象に。いくら耐震性がしっかりとしている建物でも、想定外の事態は起こるもの。

メリットとしては、地震による損害をカバーできるため、不測の災害にも備えられる点でしょう。一方で、地震保険のデメリットは、地震が原因の損害以外はカバーできない点。補償範囲について事前にきちんと確認し、必要に応じて火災保険やその他の保険の加入も検討するべきです。

地震の多い国、日本。マンション経営をする上で備えておきたいのがこうした災害時のための保険です。地震保険は建物の損壊度合いによっても支払われる保険料が異なりますので、しっかりと内容を理解して、加入・活用するようにしましょう。
地震保険は、火災保険とダブルで加入しておくのが基本。地震保険料は経費として計上でき、確定申告時などの節税にも繋がります。マンション経営者が知っておきたい地震保険について解説します。

地震保険の詳細をチェック>>

施設賠償責任保険

施設賠償責任保険とは、マンションやアパートの建物のメンテナンス不備などで入居者や通行人が怪我をしてしまった場合に適用される保険です。
例えば、マンションの壁に経年劣化が生じ崩れてしまったとき。タイミング悪く通行人にあたり、怪我をさせてしまったら…。当然賠償責任はオーナーに生じます。
そんな時に活用できる施設賠償責任保険は、建物が原因の損害賠償に備えられる点で大きなメリットです。また、築年数が経っている建物のオーナーになる場合にも、メリットがあると言えるでしょう。

一方で、デメリットとして考えられるのが、建必ずしも全ての賠償責任に対して補償されていないケースが多い点。状況によっては、保険金が出ないこともありますので、補償条件などをしっかりとチェックしておきましょう。

アパート経営、マンション経営をする上で、ぜひ入っておきたいのが施設賠償保険です。施設賠償保険はマンションやアパートの設備不備や構造上の欠陥などにより他人に怪我をさせてしまった場合、もしくは他人の持ち物を損傷してしまった場合に生じた賠償金をカバーしてくれる保険です。

損害賠償金は事故の程度によっては億単位になることも。月々、少額の保険料でこうした大きなリスクに備えておくことは、マンション/アパートオーナーの資産や経営を守ることにも繋がります。

施設賠償責任保険の詳細をチェック>>

マンション建築・経営で押さえておきたい保険はこれ

マンションを建てる際、マンションを経営する際に押さえておきたい保険についてどんなものがあるのかもっと知りたい方は、それぞれの保険についてしっかりと調べておきましょう。 保険プランによっては、重複するものもありますので、無駄なく・賢く・過不足なく加入できるといいですね!

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)