高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション経営における施設賠償責任保険最大のポイントはこれ!

施設賠償責任保険とは?

アパートやマンション経営で、リスクへの備えとして加入しておきたい保険は、火災保険や地震保険だけではありません。例えば「施設賠償責任保険」は、経営している物件の過失や故障、老朽化などにより住民や第三者から損害賠償請求された場合に損害を補償してくれる保険です。
新築でも中古物件でもぜひ検討しておきたい施設損害賠償保険について詳しく解説していきましょう。

施設賠償責任保険の加入方法

「施設賠償責任保険」は、火災保険の特約として選べる場合もあれば、施設賠償責任保険のみのプランに加入することもできます。
すでに火災保険や地震保険に加入している方は、まずはご自身の加入する保険のプランに施設賠償責任補償が付いているかを確認してみましょう。
もしも施設賠償責任補償が付いていないプランなら、火災保険に加えて損害賠償責任保険への加入をオススメします。

火災保険の特約であれ、施設賠償責任保険単独での加入であれ、施設賠償責任保険の保険料自体は少額です。加入プランによっては、億単位の損害賠償補償が受けられます。

施設賠償責任保険の補償内容

施設賠償責任保険が補償するのは、マンションやアパートの設備不備や構造上の欠陥などが原因となり対人事故や対物事故が発生してしまった場合。生じた法律上損害賠償責任による損害賠償金の支払いといった損害を補償します。
主に保険金が支払われるのは次のような損害です。

  • 法律上生じた損害賠償金
  • 賠償責任に伴う訴訟費用や弁護士費用
  • 事故発生時に応急手当等緊急措置をした費用

このように損害賠償金だけでなく、裁判費用や弁護士費用などもカバーされるのはなんとも嬉しいところ。

施設賠償責任保険は住民だけでなく、建物周辺を行き来する不特定多数の人への損害にも備えられる保険です。マンション経営をする上で、施設賠償責任保険は被害者を守るためだけでなく、オーナーの経営を守るためにも必要なのです。

例えばこんな時!施設賠償保険活用事例

例えば、マンションの外階段の鉄骨が経年劣化で錆びていたために、入居者が階段利用時に階段が崩落。大怪我を負ってしまったとします。こうした場合に生じた損害賠償金の支払いをカバーできるのが施設賠償責任保険です。

施設賠償責任保険の保険料

施設賠償責任保険は、保険料が比較的低くとてもリーズナブル。月々100円以下のプランも珍しくありません。場合によっては億単位で生じる損害賠償金への備えを月々100円程度でまかなえるなら、入っておいて損はないと言えるのではないでしょうか?

施設賠償責任保険の支払われ方

施設賠償責任保険は、事故発生後すぐに支払われるわけではありません。保険金の請求の主な手続きの流れを支払われ方と共にチェックしてみましょう。

施設賠償責任保険金が支払われるまで

賠償責任が生じてしまう事故が発生した場合。まず、マンション/アパートオーナーから保険会社に事故を報告します。その後、損害賠償責任の有無やもしも損害賠償が生じた場合の程度などを保険会社と打ち合わせします。
その後、損害確定資料が被害者から送られたものを受け、損害賠償額の交渉や示談交渉を行なうこととなります。
この結果、損害賠償額が決定したのち保険金が損害賠償金として被害者に支払われ、弁護士費用などが保険加入者に支払われます。

賠償責任保険の保険請求権は、他の保険と同様に請求期間に限りがあります。3年などの期間が設定されている場合が多いですから、加入している方は必ずいつまでに請求すればいいかを確認しておきましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)