高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

マンション経営における火災保険最大のポイントはこれ!

不動産投資で火災保険が求められる理由

アパートやマンション経営をしている方にとって、突然の火災は恐ろしいこと。ローン返済期間がまだまだ残っている場合には、火災保険に入っていないと頭を抱えてしまうことに。不動産投資をするなら、必ずこうしたリスクには備えておくのが鉄則です。
このページでは、大切な資産を守るために不可欠な火災保険について詳しく解説していきます。

火災保険に加入するメリット・デメリット

火災保険は保険会社も多く、さまざまなプランや特約が用意されています。プラン・会社選びによっても多少異なりますが、火災保険のメリット・デメリットについてまずは整理してみましょう。

火災保険のメリット

火災保険の主なメリットは、何と言ってもリスクヘッジができる点です。

  • 自然災害による損害額を最小限にできる
  • 家主への賠償責任を軽減できる
  • 火災だけでなく盗難/偶発的事故などによる被害にも備えられる
  • 家財のみ、建物のみなど保険プランが多彩
  • ご契約プラン、会社が多く最適なプランを選べる

火災保険のデメリット

メリットを見てみると、いいことばかりのように思える火災保険ですが、きちんと選んでおかないとあとあと「こんなはずではなかった」となることも。
デメリットについてもしっかりと把握しておきましょう。

  • 地震による火災は対象外(別途地震保険への加入が必要)
  • ローン契約時の条件として火災保険加入が義務となっているケースが多い
  • 戸建の火災保険は保険料が高くなりがち
  • 高額な家財は契約時に別途明記しておかないと補償対象から外れてしまう

火災保険の主な補償内容

火災保険では、火災だけでなく落雷被害や水災被害、漏水被害なども補償されます。こちらもプランによって異なりますが、主な補償内容について整理しておきましょう。

  • 火災:放火や過失、隣家の火事の延焼による被害
  • 落雷:落雷による被害
  • 破裂/爆発:ガス漏れなどを原因とする爆発/破裂被害
  • 水災:大雨や土砂崩れなどによる建物被害(地震によるものは対象外)
  • 外部からの衝突等:落下物による建物損壊、建物外部からの車の衝突などによる被害
  • 風災等:大輔や暴風雨、豪雪などによる被害
  • 漏水:給排水設備の故障などが原因となる漏水による被害
  • 暴力行為:集団行動によって建物が破壊された場合や暴力行為を受けた場合の損害
  • 盗難やそれに伴う被害
  • 突発的自己による被害

火災保険の補償例

火災保険は、プランによって上記以外にもさまざまな補償特約がつけられます。
マンション経営・アパート経営をする上でオススメの補償特約をご紹介しましょう。

家賃収入補償特約

家賃収入補償特約は、火災による修繕などで賃料収入がストップしてしまった場合に備えた特約です。
工事期間中の家賃収入による損失が特約により支払われます。

賠償責任補償特約

万が一、マンションの給排水設備の故障等により水漏れがあった場合。マンション住民の家財に被害があれば賠償責任が発生します。このように、マンション/アパート経営では法律上の損害賠償責任を負う可能性があります。賠償責任が生じるリスクに備えた特約が賠償責任補償特約です。

家主費用補償特約

近年問題になっている孤独死のように、マンションやアパート内で死亡事故が発生した場合。空室期間が生じてしまうだけでなく、再び賃貸に出せるようにするための特殊清掃や改修などが必要になることも。こうした事態に備えているのが、家主費用補償特約です。

家具(家電)付き賃貸オーナー特約

最近では、身軽に引越しできるように、というニーズに応えて家具や家電付きのアパート/マンションも増えています。
こうした賃貸物件のオーナー向けに、家財保険が特約としてついているプランもあります。

保険料の相場

火災保険は、会社やプランによっても幅があり、一概に相場を出すことは難しいです。
しかしながら、加入する一つの目安として、保険金額が物件の時価相当額の8割相当もしくはそれ以上になるプランを選ぶのがオススメです。
というのも、時価額の80%相当以上のプランでない場合には、大きな被害が生じた場合でも全額補償が受けられないリスクがあるため。ぜひ、プランが適正かどうかを見極めて、相場に左右されることなく、必要なプランを選びましょう。

保険料の受け取り方法

火災保険料の受け取り方には「実損補填型」と「比例補填型」の2タイプがあります。
実損補填型とは、被害が出たら、被害額に応じて保険金が支払われる方法。もっともわかりやすく、スタンダードな受け取り方です。
一方で、比例補填型とは、支払われる保険料がこれまで支払ってきた保険料と損害を受けた補償対象物の価値に応じて算出されるタイプです。小規模の被害であれば比例補填型の方が保険料もリーズナブルです。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。