高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

不動産投資でよく使われる主な金融機関

不動産投資で使われる主な金融機関とその特徴

マンション経営でよく利用される金融機関は、「メガバンク」「地方銀行」「信金・信組・公庫」「ノンバンク」の4つです。

それぞれの特徴と利用に適した人を解説します。

メガバンク

メガバンクは「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」「りそな銀行」の4行のことを指します。

メリット

メガバンクから融資を受けるメリットは、地方銀行などと比較して金利が低いこと、返済期間が長いこと、将来的に他行からの融資が受けやすくなることです。

融資金額が高額になりがちなマンション経営での利用には、低金利とゆとりのある返済期間は非常に大きなメリットとなります。

メガバンクの審査に通過できれば、地方銀行や信用金庫、信用組合などからの信頼性も高まり、次の融資に繋がりやすくなるという点も見逃せません。

デメリット

メガバンクによる融資は誰でも受けられるわけではなく、信頼性の高い職種であること、年収が一定以上であること、自己資金額が多いことなど、属性が優れている人でなければ審査通過は難しくなります。

適している人

そのため医師や弁護士、上場企業の社員であるなど、社会的ステータスの高い人に適した金融機関です。

地方銀行

地方銀行も有力な候補となる金融機関で、マンション経営をしている投資家への融資を積極的に行っています。

メリット

利用するメリットは、金融機関の中では信用力が高いことと、メガバンクと比較して審査通過率が高く、利用者の幅が広がるとことです。

マンション経営で利用できる金融機関としてノンバンクなども挙げられますが、ノンバンクと比較すると、地方銀行の信用力は上です。

そして審査通過率が高めで、メガバンクの融資条件に適合しなかった場合であっても、地方銀行なら問題なく融資が受けられるということも少なくありません。

デメリット

デメリットはメガバンクよりも金利は高く設定されていることです。

銀行ごとにそれぞれ特色が異なるため、重視しているサービスや金利などを事前に確認しておく必要があります。

適している人

地方銀行の利用に適している方は、メガバンクの融資条件に合わない方や、融資を受けたいと思える銀行が自宅や会社の近くにある方です。

信金・信組・公庫

信用金庫、信用組合、日本政策金融公庫などの金融機関も、候補のひとつとして考えられます。

信用金庫・信用組合

信金や信組から融資を受けるメリットは、柔軟な融資条件を設定しており、審査通過率が高めであることと、審査のスピードが早いこと、融資の相談に対して手厚いことなどです。

ただし融資を受けるためには、信金の場合は会員に、信組の場合は組合員になる必要があり、金利は地方銀行よりも高くなります。

そのため既に会員や組合員になっていて、地方銀行の審査通過が難しい人に適した金融機関です。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は信金や信組と異なり、日本国が出資している財務省管理下の金融機関です。

マンション経営への融資金額は4,800万円が上限で、返済期間は10年から15年と短めになっています。

しかしどこに居住していても融資を受けることができ、金利も高くないため、金融機関が充実していない土地に住んでいる人におすすめです。

ノンバンク

ノンバンクに該当するのは、消費者金融業者、クレジット会社、信販会社などの預金業務を取り扱わない金融機関です。

メリット

ノンバンクの最大のメリットは、審査のスピードが早く、通過率が高いため、メガバンクや地方銀行、信金・信組などの審査に通過できなかった人でも利用できる可能性があるということです。

早ければその日の内に審査が終了し、融資が受けられるケースもあるでしょう。

デメリット

審査の通過率が高い代わりに、他の金融機関と比較して金利が高いです。

そしてノンバンクの融資を利用したいということは、他の金融機関の審査に通過できなかったとみなされるため、その後の地方銀行などの与信に悪影響を与える可能性もあります。

適している人

ノンバンク以外の金融機関による審査に通過できなかった人や、審査のスピードを重視する人に向いています。

マンション経営で知っておきたい金融機関の探し方

マンション経営で活用できる4種類の金融機関を解説しましたが、適した金融機関を見つけるためには、それぞれの特徴やメリット、デメリットを把握することが先決です。

ご紹介したように、審査通過率や金利の高さ、融資条件などは金融機関によって様々で、自分の現在の状況や融資に求めるポイントをよく考えた上で、相性の良い金融機関を見つけるようにしてください。

しかし本当に自分に適しているのはどの金融機関なのか、正しい選択を行うことは難しいものです。

正しい選択をするためには、不動産会社のコンサルタントなど、マンション経営専門家に相談して、意見を参考にすることが最善の策だと言えます。

コンサルタントなどを利用すれば、金融機関との交渉も行ってもらえるため融資もスムーズになります。

マンション経営のための融資は、決して少額ではありません。

専門家に相談し、多くの情報を仕入れて最も良い選択をしてください。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。