高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

必要な手続きと届出

マンション建築前にやっておくべき手続きなど

一般的な一戸建て住宅を建てる時でも申請や検査、登記などの各種手続きが必用なのと同様、共用住宅となるマンション建築ではより多くの手続きが必要となります。業者に委任できるものもありますが、物件オーナーとして知っておくべきポイントを、建築前~建築中~建築後に分けて整理してみましょう。

まずは建築確認申請。これは設計図や構造計算書、建築工事届といった書類を揃えて特定行政庁か民間の指定確認検査機関に届け出ます。今は民間での審査も可能で、これは業者に委託するのが一般的。内容を精査して、建築基準法に適合していればOKです。

マンション建築中にやっておくべき手続きなど

マンション建築の工事が始まったら、3階以上の共用住宅に義務付けられている中間検査を受ける必要があります。これは全国的に共通のルールで、安全性のチェックが主な目的。タイミングも決められていて、中間検査が必要な特定工程の前に申請をして、それに通れば中間検査合格証が交付されます。もちろん、これが交付されていないと、その後の工程の工事に着手することはできません。

中間検査は書類のみの申請ではなく、工事現場での目視や寸法確認によって実施されます。これもオーナー本人でなければダメというわけではなく、業者に委託するのが標準的になっています。

マンション建築後にやっておくべき手続きなど

マンション建築工事が終わったら完了検査を受けます。期日は決められていて、工事完了日から4日以内に完了検査申請を提出、その受理から7日以内に現地での検査が実施されます。これに合格すれば検査済証が交付されて、マンション自体は法的な基準に適合しているとされるわけです。

そして、建物表題登記という不動産登記手続きも行わなくてはなりません。固定資産税や都市計画税などはこの登記情報に基づいて算出されるのですが、その際に全棟賃貸マンションなら1通の登記で済み、分譲マンションだと区分建物表題登記が必要。一連の手続きには検査済証が不可欠で、こうした手続きは司法書士に委託するといいでしょう。

これからマンション建築を検討される方は、資金計画から建物・プランまで、ワンストップで提案できる建築会社に相談するのもおすすめ。このサイトでは、信頼できる大手建築会社・ディベロッパーの経営サポート内容や実績を調査、比較紹介していますので、パートナー選びの参考にしてみてください。

この記事を見た人はこのページも見てます

ローンについて

建築の流れと期間

利用できる補助金と申請方法

規制について

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)