アパートローンとプロパーローンとは

マンション建築をする場合、ほとんどの方が金融機関から融資を受けるでしょう。その際、どんなローンが適しているのか、金利など様々なことを気にするはずです。そこで今回はアパートローンとプロパーローンの違いや金利の相場などについて紹介していきます。

アパートローンとプロパーローンとは

一般的にマンション建築など高額な費用が必要になる場合には、金融機関で融資を受けるでしょう。マイホームを建築・購入する際、住宅ローンを活用するイメージを持つ人がほとんどです。ただマンションなどの賃貸住宅では、長期低金利で融資が受けられる住宅ローンを利用することができません。賃貸住宅でも使えるローンが「アパートローン」と呼ばれる商品になります。金利や融資の上限金額、融資の条件、対象など詳細に関しては、それぞれの金融機関が決めているため、一律にアパートローンの内容を説明することはできません。

保証会社込みで銀行を中心とした定型のアパートローンとは異なり、保証会社がない状態で融資を受けることができるのがプロパーローンです。つまりプロパーローンは直接融資を受ける形になります。プロパーローンは不動産の購入に限らず、一般的な融資全般のことを指しますが、基本的に事業者向けの融資です。融資を行うかどうかは財務状況や不動産の有無などを総合的に判断し決定されます。また定型の商品ではないため明確な金利は決まっていないため、競合とのバランスや取引状況、財務内容など様々な要素を踏まえ、決定していくローンです。

つまりアパートローンは既製品のような商品、プロパーローンはオーダーメイド型の商品と考えると良いでしょう。どちらのローンも30年など長期的に返済をする必要があるため、しっかりと自分に合った形のローンを選択することが大切です。

金利の相場とは

マンションの建築の際の金利相場は一般的に2~4%程度と言われており、比較的低い水準にあります。ただ金利は、景気などによって変化する可能性が高いため、タイミングを間違えてしまうと高金利で融資を受けなければならない状況になってしまうでしょう。そのためマンション建築を検討中の場合には、常に金利をチェックしながらベストなタイミングを計るようにしてください。

変動金利と固定金利

ローンを考えるとき、必ず変動金利と固定金利を決める必要があります。固定金利の方が情勢に左右されることがなく一定の金利に固定されているため、一般的に固定金利の方が変動金利よりも高い金利が設定されているようです。変動金利の場合、ローンの返済期間内に金利が上がることもあれば、下がることもあります。もちろん下がれば低金利の方がトータル支払額を抑えることができるでしょう。しかし上がれば、固定金利よりも支払額が増えてしまう可能性があります。

つまり現在の金利だけを見て、変動金利・固定金利を選んでしまうのは良くありません。将来的な視点を持って、どちらの方が良いのか慎重に選ぶようにしましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp