千葉県のマンション規制について

千葉県での主な建築規制

  • 千葉市「ワンルームマンション建築指導要綱」
  • 市川市「大型マンション条例」
  • 船橋市「船橋市ワンルーム形式共同住宅に関する指導要綱」

各規制について

千葉市「ワンルームマンション建築指導要綱」

東京のベッドタウンとして多くの人が暮らす千葉市では、ワンルームマンションの建設も増加しています。それに伴い、千葉市では千葉市「ワンルームマンション建築指導要綱」を改正し、ワンルームマンションの建築に伴う紛争の未然防止対策を進めています。

具体的にこの千葉市「ワンルームマンション建築指導要綱」が適用となるのは、占有面積29平方メートル以下のワンルーム形式住戸を6戸以上、かつ総戸数の1/3以上有している建築物です。

該当する建築物を建設する場合には、敷地予定地に建築計画概要を記した標識を設置。さらに敷地境界線から15M以内のエリアに暮らす住民に対して、建築計画の周知をすることが求められています。

さらに、建築計画やごみ集積所等の事前協議申請を市に提出し、協議する必要がありますので、千葉市に詳細を確認するようにしましょう。

また、千葉市ではマンション建築に関する基準としては次のような基準を設けています。

  • ワンルーム形式の住戸は占有面積を1住戸あたり20平方メートル以上とすること
  • 「ワンルームマンションの建築におけるごみ集積施設設置基準」に従ってごみ集積所を確保すること
  • 総戸数に対して自動車駐車施設を規定の割合で確保すること
  • 総戸数に対して自動車駐車施設を規定の割合で確保すること(ex.総戸数20戸以上30戸未満の場合、住宅系地域なら総戸数の40%以上)

市川市「大型マンション条例」

市川市では、準工業用地や工業用地に大型マンションを建設する場合、良好な居住環境を確保して、周辺環境との調和を図るために「宅地開発条例の特例」を設けています。

市川市で特徴的なのが、建設するマンションに居住する子供たちが義務教育施設へ受け入れ困難となる場合には、計画の変更や延期・中止の勧告をされる可能性があるという点。ファミリー層からも人気の高い市川市ですから、しっかりと要件を確認しておく必要があるでしょう。

具体的には、大型マンションの建設を工業地域等で行なう場合には、市の施策に橋梁することが求められています。また、大型マンション等建築事業計画相談所を元に、市川市との相談をする必要もあります。

また、歩道の整備や福祉関連施設の整備基準もありますので、事前に詳細を確認しておきましょう。

船橋市「船橋市ワンルーム形式共同住宅に関する指導要綱」

船橋市でも、ワンルーム形式の共同住戸建設に対して、建築計画の周辺住民への周知と管理や建築計画の基準を設けています。

この要綱では、ワンルーム形式共同住宅に該当する建物は、「専有面積25平方メートル未満の住戸を8戸以上有する」共同住戸または長屋です。高さが10m以上あるものもしくは3F建て以上の建物は、中高層建築物となって船橋市環境共生まちづくり条例が適用されることとなります。

佐倉市「佐倉市ワンルーム形式集合建築物に関する指導要綱」

佐倉市といえば、東京都心部まで約40km、成田空港まで15km、千葉市まで20kmという利便性と自然が適度に残っているところが魅力の住みやすいエリアです。

佐倉市では、ワンルームマンションの居住者と近隣住民などとの良好な関係や健全生活環境を維持していくために「佐倉市ワンルーム形式集合建築物に関する指導要綱」を定めています。

佐倉市で特徴的な建築規制は、駐車場の設置に関して「設置に努めること、または敷地内に設置できない場合は、その周辺に確保するように努めなければならない」と定められている点です。

問題になりやすいゴミ集積場に関しては「清掃担当課と話し合い、指導に従うように」と定められています。また、冷暖房機などの使用した際に騒音に繋がってしまいがちな製品の設置や設置する位置などに関しても「配慮するように」と明記。このように近隣トラブルに配慮するように促すような文が読み取れます。

指導要綱には、ワンルームマンションの中でも住戸の数が5戸以上のものが適用。高層マンションをはじめとする3階建て以上、または住戸の数が10戸以上のものについては「佐倉市中高層建築物に対する指導要綱」がこれと併せて建築規制として適用されます。

大きなワンルームマンションをイメージしている場合は、そちらも合わせて確認しておきましょう。

習志野市「習志野市特定建築行為に係る手続等に関する条例」

習志野市は、電車が総武線と新京成線が走っており、東西線直通の電車も停車、東京駅まで快速で約30分と利便性の高く、公園なども整備されていることから、千葉県の中でも住み心地の良い地域です。

習志野市では、平成25年5月1日より「習志野市ワンルーム形式集合建築物の建設に関する指導要綱」に代わり、「習志野市特定建築行為に係る手続等に関する条例」が建築規制として施行されています。この条例の対象は共同住宅・長屋・寄宿舎で、住戸の戸数が20戸以上ある建築物です。

しかし、計画しているマンションが「習志野市開発事業指導要綱」にも該当している場合は、駐車場設置などの建築に関して更に基準の厳しい建築規制が定められている「習志野市開発事業指導要綱」に則って計画を進めなければなりません。

我孫子市「我孫子市建築基準法施行細則」

我孫子市では、住民にとって住みやすい環境を維持・増進していくために、区域内の土地所有者らの合意を得たうえで建築基準法よりも厳しい「我孫子市建築基準法施行細則」というルールを定めています。

そのため、マンションの計画を立てた際も確認申請の前に計画について承認申請の提出が必要となる場合も高いので、建築住宅課に確認しておくと良いでしょう。

住戸数4戸以上のマンションなどは特定規模建築物といって居住用に分類されています。1Kをはじめ、それぞれの住居の床面積が25平方メートル未満といった、いわゆるワンルームマンション。ならびに10戸以上のマンションなどを立てる際には、標識設置や近隣住民への説明義務が発生するので注意が必要です。

四街道市「四街道市建築指導要綱」

四街道市は、千葉駅などへの利便性も高く、子育て世帯へのサポートも充実しており、人気が出てきている地域です。

マンションなどを立てる際に事業者の理解と協力を得られるように求め、必要な指導を事前にしておくことで地域の秩序を守ったり、市民生活を取り巻く環境をより良くすることを促すことを目的に「四街道市建築指導要綱」が定められています。

マンションなどを立てる場合、戸数分の駐車スペース(1台5メートル×2.5メートル以上が必要。機械式駐車施設の駐車スペースの場合はこの限りではありません)を確保しなくてはいけません。しかし、計画戸数分の駐車スペースの確保が必要でないことが明確な場合は、この限りではないとされています。

駐車スペースの位置は原則として敷地内となっていますが、敷地外に駐車スペースを確保しなければならない場合は、建築計画予定地から300メートル以内という規定があります。

松戸市「松戸市ワンルーム形式共同住宅に関する指導要綱」

この指導要綱では、下記2点を満たすものをワンルームマンションとして規定しています。

  • 1つの住戸の床面積(ベランダ、バルコニー等を除き、各住戸専用のメーターボックス等の面積は含む)25平方メートル未満
  • ワンルーム形式住戸の数が4以上の共同住宅及び長屋

この建築規制では、ワンルームマンションの住戸数が10戸以上の場合、ごみ集積所をワンルームマンションの敷地内に設置しなくてはいけません。ごみ集積所は適度に清掃し、市が指定するごみ出しの曜日やルールに関して入居者が守るように指導することも盛り込まれています。

ワンルームマンションの住戸数が10以上の場合は、指定の算出方法で計算された台数以上の自動車が収容できる駐車場を敷地内に設置する必要があります。敷地内に設けることができない場合には、敷地境界線から約200メートル以内に必要台数を設けるなどの対策をしなくてはいけません。

八千代市「八千代市ワンルーム形式共同住宅等の建築に関する指導指針」

市内にあるワンルームマンションの建築に関して規定を設けることで住みやすい街づくりや生活環境づくりに貢献することを目的として定められた建築規制です。

この建築規制は、ワンルームマンションをはじめとするワンルーム形式の住居専用面積が25平方メートル以下かつ8戸以上という要件を満たしている際に適用します。

敷地内にはワンルームマンションの住戸数の1/3以上の自動車駐車場の設置(1台当たり長辺5メートル×短辺2.5メートルが基準)が必要ですが、マンション周辺に駐車場を用意する場合はこの限りではないとされています。

ワンルームマンションの敷地内には、原則として住戸数の2分の1以上(自転車など1台長辺1.9メートル×短辺0.6メートルを標準)を設置しなくてはならないと明記されています。

木更津市「木更津市ワンルーム形式集合建築物指導指針」

木更津市では、建築する際に近隣住民に対して建築の事前周知や建築・管理に関する基準をこの指導指針に定めています。

マンションの建築によって近隣などとのトラブルを予防すること・地域住民にとって過ごしやすい環境を維持するのに貢献することを目的としています。

下記要件を満たさないワンルームマンションを建築する場合は、確認申請書を提出する前に事前協議が必要となりますので、チェックしておきましょう。

  • 住宅・事務所等の1区画の専用面積(ベランダ、バルコニーを除いた面積)が8戸以上25平米以下のワンルームマンション
  • 住戸の専用面積が16平方メートル以上あり、居室の天井高が2.3メートル以上であること。
  • 隣接する土地の境界線から建築予定のワンルームマンションの外壁面までの水平距離が1メートル以上であること。
  • 敷地内に住戸数の1/2以上の台数が収容できる自動車駐車場・自転車駐輪場を確保すること。
  • 建築物の高さに関して、周辺に住む住民の日当たり等を配慮して計画すること。

駐車場などの建築規制は、他に比べて緩やかなものですが、隣接する土地との境界線に関してや周辺に住む住民の日当たりを配慮して計画するなどの規定も盛り込まれていますので、よくチェックしておきましょう。

茂原市「原市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」

建築物の高さや建蔽率に関して、細かく規定がされています。

地区によって建築の用途などの規定も異なっていますので、建築物が茂原市のどの地域に位置するのか、確認してみましょう。

マンション建設についてのQ&A

Q.千葉市でマンション建設を予定しています。「千葉市ワンルームマンション建築指導要綱」の適用となるのはどんなマンションですか?

A.専有面積が「29平方メートル以下」のワンルーム形式住戸が、「6戸以上」「総戸数の1/3以上有する」建築物が対象となります。

Q.具体的に「千葉市ワンルームマンション建築指導要綱」を適用されるためにはどんな手続きが必要ですか?

A. まず、建設予定地飲みやすい場所に建築計画が書かれた標識を設置します。次に、標識の設置と合わせて近隣住民に対して建築計画を周知してください。さらに、建築確認の申請書を提出する20日前までに、建築計画書とともに「ごみ集積所等事前協議申請書」をしに提出してください。これを元に協議されます。

Q. 「千葉市ワンルームマンション建築指導要綱」に必要な申請書類にはどんなものがありますか?

A.1/2500の千葉市都市図、配置図、各階の平面図、2面以上の立面図、掲出した標識の写真、管理規約、事前周知を行なったことを記す報告書を「ワンルームマンション建築計画書」として提出しましょう。また、ごみ集積所等の事前協議申請書として、配置図とごみ集積所の構造図を千葉市都市図とともに提出します。

Q. 「千葉市ワンルームマンション建築指導要綱」の適用と受けるためにはどんな基準を満たす必要がありますか?

A.主な基準としては次のようなものがあります。

     
  • ワンルーム形式の住戸の1戸あたりの占有面積を20平方メートルとする。
  •  
  • 近隣居住者のプライバシー確保のために必要な処置を講じる。
  •  
  • ごみ集積所を確保する
  •  
  • 各個数に対して、定められた割合の自動車駐車施設を確保する
  •  
  • 総戸数の100%以上の自転車駐輪場を確保する。

Q. 「千葉市ワンルームマンション建築指導要綱」では、管理に関する基準は何かありますか?

A.あります。管理に関する基準としては、管理人を定めること。そしてその管理人推し名と連絡先を示した表示板をマンション内に設置する必要があります。また、ワンルーム形式の住戸が30戸以上あるマンションであれば、管理人を原則常駐させてください。

千葉でおすすめの土地活用業者一覧

千葉 土地活用 業者でGoogle検索して検索結果画面上位3ページ以内に公式HPが表示された企業を紹介しています。(2022年8月時点)

旭建設 株式会社

旭建設 株式会社

画像引用元HP:旭建設 株式会社公式HP(http://www.asahikensetsu.com/)

朝日建設では、土地の活用を検討しているお客さまに向けて、対象となる土地や希望に合った活用方法を提案しています。さらに、相続税のシミュレーションや節税対策の相談にまで対応している点も特徴。お客さまの資産をしっかりと活かせる方法を提案することに加えて、お客さまにとって価値のある建物を建てる・価値のある資産を残すサポートを行います。

同社では高齢者住宅にも対応しています。高齢者住宅の場合、立地の影響を受けにくいことや、所得税・相続税にもメリットがあるほか、地域社会にも貢献できる賃貸住宅であるというメリットがあります。また、規模によっては高齢者住宅を運営する事業主の紹介も行っている点も特徴のひとつです。

株式会社高品ハウジング

株式会社高品ハウジング

画像引用元HP:株式会社高品ハウジング公式HP(http://www.takashinahousing.com/)

アパートやマンションの賃貸借・管理や土地や建物の売買・仲介など幅広い事業を展開している高品ハウジングでは、住宅やアパート、マンション土地などの有効活用に関するコンサルティング事業を手がけています。

同社の特徴は、創立から40年を超える実績に基づいたノウハウときめ細かいフォロー体制。土地活用コンサルティングでは、不動産売買仲介業務や高収益マンション建築の提案、建物診断や大規模修繕の提案、さらに税務や法律セミナーの開催なども行っています。

高品ハウジングでは、アパートやマンションの経営を成功に導く「オーナー代行システム」を展開。入居者の募集から退去の対応、リフォームに至るまで、賃貸経営に必要な手続きなどを代行してくれます。

株式会社センチュリーホームズ

株式会社センチュリーホームズ

画像引用元HP:株式会社センチュリーホームズ公式HP(http://www.century-home.net/)

千葉県に拠点を置き、総合建設業・リフォームを手がけるセンチュリーホームズ。

同社は土地の有効活用をしたいという要望に対し、まずは利便施設や交通、教育機関、医療機関など対象となる土地周辺の生活環境を調査します。さらに、地元の不動産会社と綿密に打ち合わせを行い、長期的なプランを提案。不動産業者と密な打ち合わせを行うことにより、間取りや設備などさまざまな面において、オーナーが所有する土地に合ったプランを検討できる点が特徴といえます。

このことから、周辺環境を考慮した土地の有効活用ができると考えられますので、土地の有効活用を検討している方はぜひチェックしてみてください。

株式会社アメニティジョイハウス

株式会社アメニティジョイハウス

画像引用元HP:株式会社アメニティジョイハウス公式HP(https://www.ajoyh.jp/)

数多くのアパート経営をサポートしてきた経験を持つアメニティジョイハウス。同社では、新築アパートの企画設計から建築、販売に加えて賃貸管理まで一貫して対応する点が特徴です。もちろん、運用を開始した後の入居者募集や入居者管理、建物管理までサポート。これまでに同社が手がけてきた多くの経験・実績から培われた独自のノウハウを活かしたアパート経営を行えます。

また、アメニティジョイハウスでは自社に設計部門と工事部門を設置しているため、ほかの企業では扱いにくいとされているような土地でも無駄なく有効活用できる点が強み。そして、快適な暮らしを提供することによって、入居者から支持されるアパートを目指した賃貸経営を行っています。

クレストホーム株式会社

クレストホーム株式会社

画像引用元HP:クレストホーム株式会社公式HP(http://www.crest-home.com/)

クレストホームは、お客さまが所有している土地を有効に活用する方法を提案する総合建築業です。同社では、土地活用を考えているオーナーに向けて、賃貸住宅建築の企画・設計・施工・管理を主としたプランを提案。資産運用がスムーズに行えるように、一級建築士や弁護士、税理士、不動産コンサルティングなどの専門家が連携してサポートを行います。

さらに、建物が完成した後も手厚いアフターサポートを提供。運用を開始してからの経営サポートまで、トータルなバックアップを行ってくれます。地域密着をモットーとする同社は、大切な資産である土地の有効活用を考えた際に良き相談相手となってくれるでしょう。

宮前建設株式会社

宮前建設株式会社

画像引用元HP:宮前建設株式会社公式HP(https://www.miyamae-k.co.jp/)

重量鉄骨造のマンションやアパート、戸建住宅、店舗などの設計・建設などを手がける宮前建設株式会社。同社では「安くて丈夫でいい建物をお客さまにお引き渡しする」という理念を掲げています。

さらに同社では、土地の活用や賃貸マンションの経営支援サービスを提供しています。例えば、賃料相場が高いエリアに土地を持っている、相続対策をメインの目的として土地活用を行いたいなどの条件に当てはまるオーナーに対して、マンション経営をおすすめしている点が特徴です。

同社では、重量鉄骨造のマンション「エラベール」を提供。さまざまな入居者のニーズに応えつつ、周辺環境まで考慮したマンション建設プランにより、成功するマンション経営に結びつけていきます。

SKグループ

SKグループ

画像引用元HP:SKグループ公式HP(https://www.kikuchi-arc.jp/)

SKグループは、グループ各社が相互に連携をすることによってプロ集団として社会に貢献し、喜ばれる新しいまちづくりを提案する企業を目指しています。そのためにも、同社では各社固有の専門技術と職能を確立することにより、専門家としての自覚を持って自らの知識や技術を高めています。

これまでにも、同グループではマンション建築事業やオフィスビル建築事業、住宅建築事業、ガレージハウス建築事業などさまざまな実績を積み重ねてきています。例えばマンション事業を成功させるカギは建物と居住空間の付加価値であると考えており、まずはターゲットとなるお客さま層のライフスタイルを明確に把握。その上で「本物の住み心地」を熟知した、オリジナリティが溢れる住空間のデザインを行っていきます。

株式会社幸有建設

株式会社幸有建設

画像引用元HP:株式会社幸有建設公式HP(https://www.kouyuu-kk.co.jp/)

「お客様にご満足いただける価格」にこだわった新築・注文住宅や分譲住宅を提供するほか、土地活用・融資を事業として手がけている幸有建設。同社では、土地の活用をしたいという要望に対して、その土地の適性を見極めた上での活用をサポートしています。

土地活用の種類としては、土地の売却や等価交換、定期借地、駐車場経営、アパート・マンション経営、貸しビル・貸し工場の経営など多彩な選択肢を用意し、土地を所有するオーナーの要望に応えています。

さらに、同社では金融機関と連携することによって融資に関する相談にも対応。融資相談窓口の紹介や、支払いに困った場合や任意売却などさまざまな悩みについても、丁寧な説明・提案を心がけています。

株式会社スタジオ・チッタ

株式会社スタジオ・チッタ

画像引用元HP:株式会社スタジオ・チッタ公式HP(https://studio-citta.com/)

スタジオ・チッタは「魅力ある暮らしづくり」をコンセプトとした家づくりを手がけている会社です。お客さまとともに、世界でひとつだけのオリジナル住宅をワンストップで創り上げていく点が同社の特徴です。

さらに、同社では千葉県内を中心として不動産サービス事業を展開しています。居住用ビルや高齢者施設、商業ビルを所有しており、契約しているお客さまにとって不安なく過ごせる環境づくりを目指しています。

このように不動産サービス事業を提供している同社では、不動産を所有するオーナーからの運用相談や、買取、販売の相談にも対応。これまでの事業の経験を活かし、所有する不動産に合った提案を行ってくれるといえるのではないでしょうか。

株式会社オカムラホーム

株式会社オカムラホーム

画像引用元HP:株式会社オカムラホーム公式HP(https://www.okamura-home.co.jp/)

分譲・注文住宅や賃貸管理、リフォーム・リノベーションなど幅広い事業を展開している岡村ホームでは、お客さまの保有する土地を活用するために、コンサルティングからスタートする点が特徴。まずはじめにお客さまの状況や土地のことに関するヒアリングを行い、対象となる土地の調査を実施した上で、より良い土地活用の方法を提案します。

同社では、アパート建築のほかにもテナント事業や医療福祉、保育事業、資産の買い替えなど、シミュレーションを実施して、その土地に適した方法を検討していきます。さらに、税金のことまで含めた総合的なコンサルティングを行える点も特徴のひとつ。さまざまな状況を考慮して提案を行います。

株式会社 本宮建設

株式会社 本宮建設

画像引用元HP:株式会社 本宮建設公式HP(https://motomiya-k.com/)

本宮建設は、土地活用を考える上で「土地の特性に適した事業プラン」を重要としています。総合建設業として培ってきた実績とノウハウを活用することにより、対象となる土地に合った事業を提案します。

同社では、設計・施工に加えて、テナントの誘致やアフターサービスなどを提供。土地を活用したいと考えるオーナーと、さらなる事業展開を検討している事業者を結びつけて、末長く続けられる資産活用の方法を提案できる点が本宮建設の特徴といえるでしょう。

土地のオーナーにとっては、信頼できる事業者と契約ができますし、事業者側も必要な土地や土地建物を確保できるといったように、双方にとってメリットがある提案を行っています。

株式会社アスモ

株式会社アスモ

画像引用元HP:株式会社アスモ公式HP(http://www.k-asumo.com/)

アスモは流通店舗の誘致や企画・コンサルティングや医療・介護施設の企画を手がけている企業です。さらに、所有する土地を有効活用したい、と考えているお客さまのサポートも行っています。

同社は事業の拡大などを目的として出店を希望しているテナント企業とのつながりを持っていることから、コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストア、コインランドリーなどさまざまな店舗の紹介を行えます。そのため、駅前などの土地はもちろん、ロードサイドの土地など活用方法を迷っている場合には、一度同社に相談してみると良いでしょう。

さらに、アスモでは地域への貢献につながる土地活用について相談可能となっている点も特徴のひとつとなっています。

成田エコハウス株式会社

成田エコハウス株式会社

画像引用元HP:成田エコハウス株式会社公式HP(https://www.n-ecohouse.co.jp/)

成田エコハウスでは土地を所有している、新たに土地を取得するといったオーナーに対して「戸建賃貸住宅」の提案を行っています。戸建て賃貸住宅をおすすめする理由は、現在戸建て賃貸の供給が少ない状態であるといわれており、今後期待できると考えられる分野であるため。同社が提供する戸建て賃貸「ワンズハウス」は、タイプによっては低価格での建築が可能となっていることから、マンションやアパートを購入するよりも初期投資を抑えた土地活用が実現できるというメリットもあります。

また、成田エコハウスではリフォームの要望にも対応しています。リフォームをしたい、というお客さまの中には、古い家や空き家をきれいにすることによって売りたい・貸したいなどなんらかの形で活用したいと考えている方もいるでしょう。そのようなニーズに対しても、同社では古民家リフォームや空き家リフォームといった形で対応できます。

株式会社グレイト

株式会社グレイト

画像引用元HP:株式会社グレイト公式HP(https://great-planner.co.jp/)

「土地活用のトータルプロデュース」を行っているグレイト。さまざまな形の土地活用方法がある中で、同社では「高齢者施設」への活用を提案します。高齢者住宅の建築・運営を行うことにより、現在所有している土地の活用を行えるとともに、地域への社会貢献・地域活性化のための環境づくりに寄与できる、という面があります。

同社では施設の設計から施工、管理に至るまでの段階全てをプロデュースしている点が特徴。建物管理や設備の不具合などについてもグレイトが管理サポートを提供。さらに、緊急事態が発生したときのために、24時間対応のコールセンターも用意しているなど、充実のサポートが用意されています。単に建てるだけではなく、その後のサポートもしっかりと行っていきます。

センチュリー21 みのり開発株式会社

センチュリー21 みのり開発株式会社

画像引用元HP:センチュリー21 みのり開発株式会社公式HP(https://www.c21minori.co.jp/代表挨拶/#)

多岐にわたる不動産に関するサービスを提供しているみのり開発では、現在所有している不動産を活用したい、というニーズにも応えてくれます。同社の資産運用は、「運営」という部分に軸を置いてプランニングされる点が大きな特徴となっているため、土地の売却やアパートの建築のほかにもさまざまな提案を行います。

同社の強みは、仲介・管理・売買・遊休地の活用をワンストップでサポートできる点。例えば土地を売却したいといった希望のほか、遠方に住んでいるため管理が行えない、耕作していない土地を持っている、高い固定資産税を支払っているといった悩みを抱える方は特に、みのり開発のサポートがおすすめです。

東建コーポレーション千葉中央支店

東建コーポレーション千葉中央支店

画像引用元HP:東建コーポレーション千葉中央支店公式HP(https://www.token-chiba-chuo-tochikatsuyou.com/)

東建コーポレーション千葉中央店は、千葉県千葉市中央区を中心として、稲毛区や若林区、美浜区、花見川区、四街道市といったエリアを対象としてサービスを提供しています。同社では、空き家や田畑、老朽化した借家などの土地・建物を活用したいと考えている方に対し、賃貸経営を提案。これまでに多くの課題を解決に導いてきた実績を持っています。

土地活用の相談は店舗に足を運んで行うこともできますし、パソコンやスマートフォン、タブレットを使用したオンライン相談にも対応。家にいながらにして土地活用の相談ができるため、店舗まで行くのが難しい、仕事が忙しいといった方でもしっかりと相談を行えるでしょう。

テイケイハウス株式会社

テイケイハウス株式会社

画像引用元HP:テイケイハウス株式会社公式HP(https://tkhouse.net/)

テイケイハウスは、建築と不動産活用のプロフェッショナルであり、社員全員が「お客様に幸せになっていただくため」を意識した建築と不動産活用に取り組んでいます。

土地を活用したいと希望するお客さまに対しては、さまざまな方面からきめ細かく分析を行った上で、高品質な不動産コンサルティングを実施。徹底的に行う市場調査とこれまでに培ってきた実績やノウハウをフルに活用して、長期に渡って安定収入を目指すことができるようにサポートを行います。このように、不動産を所有しているオーナーに対しては、状況に応じた、それぞれに合った不動産活用を提案。成功に導くためのお手伝いを行っています。

株式会社 スマートハウジング

株式会社 スマートハウジング

画像引用元HP:株式会社 スマートハウジング公式HP(https://smart-h.co.jp/)

お客さまにとって「どんなことでも気軽に聞ける、不動産に詳しい友人」のような存在であることを目指しているスマートハウジング。新築住宅や中古住宅、土地、収益物件など、さまざまな不動産事業を展開しています。

土地活用の相談にも対応しており、例えばコインパーキングやコンテナボックス、賃貸アパート・賃貸マンション、ガレージハウス、さらに売却を行うなどさまざまな活用方法を提案することが可能。それぞれのメリット・デメリットを知った上で、自分が所有している土地にはどのような活用方法が合っているのかを検討できます。同社のホームページにも、それぞれの方法のメリット・デメリットについて記載されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト
    クラストの公式サイト画像

    引用元:クラスト公式HP(https://www.clast.co.jp/lp/)

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    無料

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス
    アヴェントハウスの公式サイト画像

    引用元:アヴェントハウス公式HP
    (https://aventhouse.jp/)

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー
    シノケンの公式サイト画像

    引用元:シノケン公式HP(https:
    //www.fudosantoushi.jp/)

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp