高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション建築と消防法の関係性

マンション建築を行う際には、消防法も重視しておかなければなりません。消防法は人間や財産などを守るための法律です。マンションを建築後の火災をはじめとする災害は、建物だけでなく、建物を管理している方にとっても大きなダメージとなります。もちろん入居者を守るためにも絶対に遵守しなければなりません。マンション経営で重要な、消防法についてご紹介します。

消防法とは?

消防法は火災の予防、警戒、鎮圧、火災や地震などの災害によって生じる被害の軽減や、災害によってダメージを受けた人を適切に搬送するのを目的としています。消防法には、消防長の権限に関する事項も定められています。たとえば屋外に危険物や燃えるような恐れがあるものがあれば、市町村の消防長は所有者に除去を命令できるのです。

学校や病院や大規模商業施設に対し、防火管理者を定めます。消防計画の作成や、避難訓練、消防、消化のための設備や点検や整備などを義務付けているのです。マンションや一戸建てに関しても、住宅用火災警報器の設置義務を規定しています。

マンション建築における消防法

マンション建築では、消防法をしっかり理解しておかなければなりません。思わぬトラブルを回避するためにも重要です。

マンションは多くの入居者がいるため、設備や避難などについて基準が設けられています。消火用の設備、避難設備や非常警報設備、消防防水や消化用具を備えることや、十分な機能を発揮できるように、半年に一度点検を義務づけているのです。他にも3年ごとに、消防長や消防署長に報告しなければなりません。

マンション建築の際には消防法を知っていることが大事

マンションを建築する際には、消防法を知っておかないと違反となります。もし、重大な違反があると、管理者責任を追求されかねません。入居者の生命を守るためにも知っておくべき法律です。

たとえば、玄関前の廊下に入居者が共用部に私物を置いていたとします。火災があったとき、私物が邪魔して消防隊員がスムーズに救助活動や消化の邪魔になるのです。

マンション経営を行ううえでも知っておくとトラブルが防げることもある

消防法を守らなければ、管理者が責任を追求される場合もあります。もし、違反したら、命令、指導というように行政処分が行われますし、改善しなければなりません。また、マンション建築や増改築では、管轄する消防署との事前協議が必要です。

消防法を無視して、火災発生放置設備、消化設備や、避難設備がないとどうなるでしょう。知っておけばきちんと設置しなければならないことは理解できます。

各市町村で定められているマンション建築についての条例も確認しておく

マンション建築に関する条例は、各市区町村で独自定めていることも珍しくありません。また、時代の状況に合わせて、消防法が改定されることもあります。例えば平成30年に一部改定されました。

改定には平成28年に起きた新潟県糸魚川市で起きた大規模火災があります。このように消防法が昔と現在と違う場合もあるため、チェックしておきましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)