【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » マンション建築入門ガイド » 規制について » 静岡県のマンション建設基礎知識|建築規制と条例について

静岡県のマンション建設基礎知識|建築規制と条例について

静岡県での主な建築規制

  • 静岡県建築物環境配慮制度
  • 日影による中高層の建築物の高さの制限
  • 建築計画に関する事項
  • マンション建設についてのQ&A

各規制について

静岡県建築物環境配慮制度

静岡県では、建築物を建築する際に環境に配慮していなければいけません。特に、延べ床面積が2,000平方メートル以上となるマンションを建築する場合、「建築物環境配慮計画書」を作成、及び提出することは必須。さらに、計画書受領後は、その概要がホームページに掲載されることになります。そのため、一般の人々が、対象となる建築物がどの程度環境に配慮されているか判断できる条例です。
環境配慮項目に設定されているのは、室内環境、サービス性能、室外環境、エネルギー、資源・マテリアル、敷地外環境の合計6項目で、「建築物環境配慮指針」に基づいています。

日影による中高層の建築物の高さの制限

静岡県建築基準条例によって定められている周辺住宅への日照の配慮は細かく、その分類は細かくわけると10個にも及びます。分類に使用されているのは用途地域と容積率の2つです。

「第1種・第2種低層住居専用地域」で、軒の高さが7メートル以上、3階建て以上が条件。容積率5/10~8/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が3時間、10メートル以上の日影時間が2時間の場合と、容積率10/10~20/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が4時間、10メートル以上が2.5時間の場合は、平均地盤面から1.5メートルの制限。

「第1種・第2種中高層住居専用地域」で、高さ10メートル以上が条件。容積率10/10~15/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が3時間、10メートル以上が2時間の場合と、容積率20/10~30/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が4時間、10メートル以上が2.5時間の場合と、容積率40/10~50/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が5時間、10メートル以上が3時間の場合は、平均地盤面から4メートルの制限。

「第1種・第2種住居地域」「準住居地域」で、高さ10メートル以上が条件。容積率10/10~20/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が4時間、10メートル以上が2.5時間の場合と、容積率30/10~50/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が5時間、10メートル以上が3時間の場合は、平均地盤面から4メートルの制限。

「近隣商業地域」「準工業地域」で、高さ10メートル以上、容積率10/10~20/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が5時間、10メートル以上が3時間の場合は、平均地盤面から4メートルの制限。

「用途地域の定めのない区域」で、軒の高さ7メートル以上、3階建て以上、容積率5/10~8/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が3時間、10メートル以上が2時間の場合と、高さ10メートル以上、容積率10/10~20/10、敷地境界線から10メートル以内の日影時間が4時間、10メートル以上が2.5時間の場合は、平均地盤面から4メートルの制限を受けます。

条例で定められた静岡県ワンルームマンション規制

静岡市中高層建築物条例

静岡市では、マンションなどの建設に際して中高層建築物条例が制定されています。

中高層建築物は住むことを目的とした住居系建物であり、かつ高さが10メートルを超過するものを指します。10メートルのものは対象となりません。また第1種低層住居専用地域など、用途地域が定められていますので事前に確認が必要です。

条例に定められた規格に該当する建物を建てる場合は、まずは隣接住民に対して建築計画の説明を行い、周知することと定められています。万が一紛争をはじめとするトラブルが生じた場合は自主的な解決が基本ですが、市への斡旋依頼も考えておきましょう。

説明会が完了したら、市に対して標準設置届を提出することとなります。

浜松市中高層建築物の建築に係る紛争の予防及び調整に関する条例

浜松市では「浜松市中高層建築物の建築に係る紛争の予防及び調整に関する条例」が制定されています。

この条例の範囲内となる建築物は、高さが10メートルもしくは15メートルを超える建築物です。どちらに該当するかは浜松市の中でも建設地域によって異なるため、事前確認を行いましょう。

建設する前には、まず近隣住民へ建設計画に関する周知を行うため、建築物の計画概要が分かる標識を設置します。標識の設置に関しても市長に届出が必要な点にご注意ください。その後、近隣住民との紛争を未然に防ぐ処置として、住民に説明を行います。

説明まで完了してはじめて、建築確認申請を行う流れとなります。

沼津市中高層建築物の建築に関する指導要綱(平成30年3月 一部改正)

沼津市では、沼津市中高層建築物の建築に関する指導要綱が制定されています。

建設地域により高さ10メートルもしくは15メートルを超える中高層建築物が対象となります。沼津市の中でもどの区域で行うのか建設地域によって異なるので、どちらが該当するか事前に確認しましょう。

最初に行うべきことは、近隣関係住民に建設計画を周知させるための標識設置です。そして市長へ届出を行うこと。近隣住民より建築計画について説明の申し出があった場合は、説明会の開催も必要となります。近隣住民との説明会を行ったうえで問題がなければ、確認申請を行います。

平成30年3月の改正により、高さ31メートルを超える建築物建設にあたっては、風害対策として風環境影響予測評価を実施。必要であれば措置を講ずることが明記されました。

富士市一定規模未満等の集合住宅建設に関する指導方針

富士市では、一定規模未満等の集合住宅建設に関する指導方針が制定されています。

建設予定の集合住宅の部屋数が6戸以上であり、かつ開発許可や土地利用事業承認が不要なものが対象です。

建設を予定している方は、事前に富士市内の町内会長や富士市のまちづくり課、環境クリーンセンターなど各関係者と協議し、市に協議報告書と案内図の提出が必要となります。

上記の手続きを経た後、建築申請にうつります。

また建築物の完成まで管理者掲示板の掲示が必要な点にもご注意ください。

磐田市共同住宅型集合建築物の建築に関する指導要綱

磐田市では、磐田市共同住宅型集合建築物の建築に関する指導要綱が制定されています。

3階以上を保有し、かつ住戸の数が15以上となる共同住宅が対象となります。

まず共同住宅型集合建築物の建築を近隣住民に周知するために、建設敷地内に「標識」を設置します。設置後7日以内に標識設置届を市に提出。その間に建設予定地の近隣住民より要望された場合は、説明会の開催が必要です。

説明会まで完了した後に建築申請を行う形になりますが、建築申請は標識設置後から20日経過以降より可能となる点に注意してください。

御殿場市土地利用事業指導要綱

御殿場市では、「御殿場市土地利用事業指導要綱」が制定されています。

対象となるのは2,000平方メートル以上の土地利用事業です。

事前に周辺住民や関係区長など、建物を建てる際の利害関係者に説明会を開催するといったように、事業内容の周知が必要です。説明会で上がった意見に関しては事業説明会経過報告書を作成し、対応を明示した上で建築申請の際に添付しなくてはなりません。

施工区域面積が3,000平方メートル以上の場合は、施工区域面積の100分の3以上の公園設置が必要です。また駐車場においても、1戸につき1台以上が設置基準となっています。

裾野市土地利用事業に関する指導要綱

裾野市では、裾野市土地利用事業に関する指導要綱が制定されています。

施工区域の面積が2,000平方メートル以上の土地利用事業が対象ですが、以下の場合も含まれる点に注意が必要です。

  • 5階建て以上であり、延床面積が5,000平方メートル以上
  • 7階建て以上か高さ21m以上
  • 面積が1,000平方メートル以上の地下街、アーケード街建設の土地利用

取り利用事業を始める前に、まずは近隣住民に周知及び説明会開催が必要です。そして出てきた意見などをまとめ、事業説明会経過報告書に対応策と共に明示しましょう。これをもって、土地利用事業承認申請することが必要です。

菊川市共同住宅の建設、管理等の適性化に関する指導要綱

菊川市では「菊川市共同住宅の建設、管理等の適性化に関する指導要綱」が制定されています。

1棟の建物に2世帯以上(単身者も1世帯とみなす)が居住する目的の住宅の建設が対象です。

まずは共同住宅の建設に関して自治会長と協議を実施し、確認を受ける必要があります。その後、自治会長の確認印が押印された共同住宅設置届を市に提出します。

その際に、共同住宅を適正に管理する為の管理連絡責任者を設ける必要があります。管理連絡責任者にあたる方は基本的に菊川市在住で、責務の遂行能力があるものとされている点に注意してください。なお、市長が認め場合はその限りではありません。

建築計画に関する事項

廊下:共同住宅とみなされるマンションでは、各住戸から屋外への出入り口や避難階段まで、廊下に2つ以上の曲がり角があることが禁止されています。曲がり角が多いと緊急時に見通しが悪くなり、避難しにくくなることを避けるためです。

出入り口:建築物のメインとなる出入り口は、道路に面していなければなりません。ただし、メインの出入り口の前に幅3メートル以上となる通路を設置する場合は、直接道路に面している必要はありません。

構造:延べ床面積200平方メートル以上、2階建て以上の共同住宅では、2階以上の階の床について準耐火構造とすることが必須です。もしくは、最上階以外の階にある住戸の室内に面する壁と天井の材料を、不燃材料とすることでも対応できます。

マンション建設についてのQ&A

Q.「静岡県建築物環境配慮制度」の環境性能はどう判断されますか?

A.環境配慮に関する手続きは、「CASBEE静岡」というツールを使って行われます。CASBEE静岡はユーザー登録をすればCASBEEの公式サイトからダウンロードすることが可能。CASBEE静岡で評価される環境性能は、ユニバーサルデザイン計画、耐震性、荷重のゆとり、節水の4つの項目です。

Q.CASBEE静岡から自分で手続きをするのでしょうか?

A.「静岡県建築物環境配慮制度」では「建築物環境配慮計画書」を作成して、各市町の窓口まで提出することで手続きが行われます。窓口は市町によって異なりますが、建築指導課、建築行政課、建設課、都市計画課、都市整備課、都市整備事務所などです。

Q.マンション建設にあたって、マンション住戸の造りや駐車場、駐輪場に関する規定はないのですか?

A.静岡県では、それらの項目に関して特に定められている事項はありません。

静岡でおすすめの土地活用業者一覧

静岡 土地活用 業者でGoogle検索して検索結果画面上位3ページ以内に公式HPが表示された企業を紹介しています。(2022年8月時点)

株式会社パナホーム静岡

株式会社パナホーム静岡

画像引用元HP:株式会社パナホーム静岡公式HP(https://panasizu.co.jp/)

地元に密着し、さまざまな賃貸住宅や医療・介護・福祉施設を供給してきたパナホーム静岡。同社では、お客さまが持っている資産の活用タイミングやどのように活用するかといった方法について、より良い形で提案することを心がけています。

同社では、賃貸マンション・アパートやコインパーキング、介護・福祉・医療施設、保育施設、商業テナント、倉庫、事務所・オフィス・借地(一般定借、事業用定地)といったように、多彩な方法での土地活用の提案が可能。土地活用を行う上では、まず無料の現地調査を行ったあとに、無料でプランを提案。提案プランの詳細を詰めたのちに契約を行い、土地活用を行っていくという流れになります。

大場建設株式会社

大場建設株式会社

画像引用元HP:大場建設株式会社公式HP(http://www.daiba.co.jp/)

土地活用やアパート・マンション経営、戸建賃貸など幅広い相談に対応している大場建設。同社は、資産活用のアドバイザーとしてさまざまな提案を行っています。

静岡県東部地区で多くの実績を持つ同社では、アパートやマンションの建築を予定している土地について入念な調査を行った上で、市場の動向に応じたプランを提案します。また、将来発生するメンテナンス費用を抑えられるように配慮した設計計画・建築品質を提供している点も特徴のひとつ。計画段階から修繕費を抑えられるように検討されているため、こまめに手入れを行うことにより、賃貸物件に住む居住者の満足度を上げられます。

また、同社では設計・建築から入居・管理まで一貫して対応するため、オーナーの負担を軽減していきます。

有限会社 K・H・L

有限会社 K・H・L

画像引用元HP:有限会社 K・H・L公式HP(http://khl-est.com/)

K・H・Lは不動産の売買・賃貸の媒介や不動産管理、不動産コンサルタント、リノベーションなど、不動産に関することをはじめとする幅広い事業を手がけています。同社では、不動産を相続するオーナーからの資産運用や土地活用に関する相談に対応しています。

例えば売却を希望する場合には、売却シミュレーションを策定した上で効率の良い売却方法を提案。また、賃貸経営による資産運用を検討している場合には、該当する土地の周辺の競合状況を調査。部屋数や間取り、建築方法に加えて資金調達の方法も含めた試算表を作成し、プランを提案していきます。

場合によっては貸し駐車場や貸し資材置き場、コンテナ倉庫としての運用を提案することも。駐車場として運用しておくことによっていつでも物件の建築・売却が可能となりますので、売却か賃貸経営か迷っている場合におすすめの方法といえるでしょう。

日成建設株式会社

日成建設株式会社

画像引用元HP:日成建設株式会社公式HP(http://nissei-const.co.jp/)

総合建設業として建築工事や土木工事、建築設計や管理、不動産取引・管理を手がけている日成建設では、お客様の土地活用に関してもさまざまな提案を行っています。

土地活用の提案においては、長期にわたる資産価値が期待できる高品質な賃貸マンションを主力とし、多目的用途建築まで対応。徹底した市場調査を元にした提案が行える点が同社の強みといえるでしょう。

また効率よく土地を活用するためにも、企画・設計・施工・管理の一貫体制を自社で整備している点も特徴のひとつ。このことから、お客さまの要望に合わせた形でデザインや設備などを決めていくことができます。アパートや賃貸マンション、戸建賃貸、テナント、福祉施設などさまざまな土地活用の実績とノウハウを活かせる点も同社ならではのポイントです。

株式会社 キーストン

株式会社 キーストン

画像引用元HP:株式会社 キーストン公式HP(https://www.keystone-ha.co.jp/)

キーストンでは、オーナーが活用したいと考えている土地の特徴や周辺の環境、さらにその土地が持つ背景など、さまざまな要素について考えた土地活用方法を提案します。これは、同社の土地活用においてさまざまなメニューを用意しているためです。

土地活用を希望する場合には、まずお客さまからヒアリングを実施。続いて現地での調査・診断を行った上で企画を立案します。企画立案の段階は、土地の価値を高めることと継続して資産運用を行うためにも非常に重要なステップとなります。

その後、資金計画や建物の計画などをお客さまに提案。わからないことはしっかりと説明してくれるので、細い内容まで質問して問題ありません。契約を行った後は、施工・引渡しとなりますが、そこで終わりではなくアフターフォローもしっかりと対応します。

戸﨑建設株式会社

戸﨑建設株式会社

画像引用元HP:戸﨑建設株式会社公式HP(https://www.tozaki.co.jp/)

商業施設や戸建賃貸住宅、マンション経営など、土地の活用がしたいと考えるオーナーのニーズや目的に合った方法を提案する戸﨑建設。同社では土地の特徴や魅力に加えて、オーナー自身の現在の財産状況も踏まえた土地活用方法を検討します。

特に小さな土地や売れない土地の活用方法で困っている、という方に向けて戸建賃貸住宅を提案。例えば、60坪の土地でもしっかりと収入を生み出すことができるように、デザイナーズ仕様の洗練された内観や長期的な修繕コストを抑える仕組みを導入するなど、さまざまな工夫が凝らされた住宅「yu-Raum」を用意しています。さらに、同社の賃貸管理部門によって賃貸経営をバックアップしてくれるのも、導入を検討するポイントのひとつといえるでしょう。

須山建設株式会社

須山建設株式会社

画像引用元HP:須山建設株式会社公式HP(https://www.gankooyaji.jp/)

創立から110年を超える須山建設では数多くの経験と実績を活かして、さまざまな土地活用を提案しています。土地活用のラインナップとして、賃貸マンション「REWARD」やシニア向けのマンション、サービス付き高齢者向け住宅「おおるり」シリーズを用意しています。

同社では、設計や施工、入居者募集や建物管理など、あらゆるステップでオーナーをサポートします。さらに、同社が用意している賃貸マンションは狭小地や不整形地、高低差のある土地、変形地にも対応しているという点が大きな特徴。これまで土地は持っているものの、土地の形や広さの問題によりマンション経営を諦めていた方は一度相談してみるのがおすすめといえるのではないでしょうか。

有限会社 煌雅堂

有限会社 煌雅堂

画像引用元HP:有限会社 煌雅堂公式HP(https://www.kougadou.jp/)

土地の有効活用の相談など不動産に関するコンサルティングを手がけている煌雅堂。例えば土地を保有しているもののうまく活用できず、固定資産税の支払いにより赤字になってしまっている土地に関する相談といった内容にも対応。このような相談には、さまざまな角度から検証することによって、その土地に合った提案を行っていきます。

同社には相続税にまつわる内容など多彩な相談が持ち込まれます。不動産に関わってくる問題を解決するためには、法律や税金、登記のみではなく、場合によっては人間関係についても見据えた長期的な視野を持つことが必要。同社では不動産コンサルタントとして多くの問題の解決を目指して取り組んでいます。

東建コーポレーション静岡支店

東建コーポレーション静岡支店

画像引用元HP:東建コーポレーション静岡支店公式HP(https://www.token-shizuoka-tochikatsuyou.com/)

静岡市(葵区、駿河区、清水区)を対象エリアとして、不動産に関する相談に対応している東建コーポレーション静岡支店。ペア・ファミリー向けの物件を中心に、多くの賃貸物件の建築・管理を手がけています。

同社では、土地活用を検討しているお客さまからの相談にも対応。田畑や空き家、老朽化が目立つ借家などの土地や建物を保有しているオーナーの悩みに対し、賃貸活用を提案することによって課題の解決を目指していきます。また、東建コーポレーションでは、賃貸経営の形として「サブリース(一括賃借)」を活用したアパート・マンション経営を提案している点も特徴のひとつとなっています。

土地活用の相談については、同社事務所で行えますが、オンライン相談にも対応。パソコン・スマートフォン・タブレットを用いた相談も行っていますので、チェックしてみてください。

中村建設株式会社

中村建設株式会社

画像引用元HP:中村建設株式会社公式HP(https://www.nakaken.co.jp/)

暮らしやすい街づくりに取り組む土木部門と、工場や倉庫、事務所、商業施設など、さまざまな種類の建築を手がけてきた建築部門の二つの事業を展開してきた中村建設。

同社の建設部門では、大空間建築やローコスト建築、増築・リノベーション、土地紹介から設計施工・アフターメンテナンスまで一括して担当するトータルサポートを提供しています。さまざまな悩みを抱えているお客に寄り添った提案などにより、現在の課題や問題の解決方法を一緒に探します。

また、同社では地震に強い重量鉄骨の住宅の提供も行っています。総合建築業を営む中で培ってきた技術力と知識を活かして心地よい住宅を提案できる点も同社の特徴です。

コスモ建設株式会社

コスモ建設株式会社

画像引用元HP:コスモ建設株式会社公式HP(https://www.cosumo-builder.co.jp/)

建築工事や土木工事の設計施工管理、また不動産賃貸・売買・仲介を手がけているコスモ建設。同社では、土地のオーナーに有益な土地活用の提案を行っています。

現在、駅周辺や市街地など利便性の高い地域への人口集中の傾向に合わせ、企業も出店場所を決定しているという状況があります。そこで同社は、土地を借りることになる企業の需要をしっかりとつかんだ上で、オーナーに対して土地の活用方法を提案。企業に土地を貸す方法としては「事業用定期借地契約」「事業用賃貸借契約」の2種類があり、適した方法選択することになります。

さらに、建物を新築したい、賃貸住宅を検討している、開業医を誘致したいなどさまざまなオーナーの要望についてもサポート。土地の売却相談や相続税に関する相談にも対応しています。

株式会社飯田組

株式会社飯田組

画像引用元HP:株式会社飯田組公式HP(https://www.iidagumi.com/)

飯田組は、商業施設や医療・福祉関連施設、事務所、賃貸住宅、自由設計の注文住宅、公共施設などさまざまな建築を手がけている企業です。さらに、現在土地を持っているオーナーや経営者にとっても身近な建築パートナーとして, 土地活用に関するトータルサポートを提供しています。

資産活用の方法として同社が提案しているのは、事業用定期借地方式、リースバック方式、賃貸住宅経営、売買・投資といったようにさまざまな方法があるため、まずは要望を明確にするためにヒアリングが行われます。その後、事業提案のための市場・調査を行った上でヒアリングと調査の結果を踏まえた事業計画を提案。提案内容で問題内容であれば計画を実施することになります。また、同社では建築物が完成した後も事業支援と建物に関わるサポートを提供します。

株式会社 大成工務店

株式会社 大成工務店

画像引用元HP:株式会社 大成工務店公式HP(http://taiseikoumu.com/)

大成工務店では、有効的な土地活用方法として、賃貸マンション・アパートの経営を提案しています。

賃貸経営と聞くと入居者の募集などに不安を感じる方もいるかもしれませんが、同社では、地域の不動産会社と連携することによって、各種広告媒体を使用した積極的な入居募集を実施。さらに、入居者の審査や契約条件折衝、賃料改定の相談などを同社が代行。他にも、家賃管理や入居者の対応なども大成工務店が行うため、賃貸経営の負担を大幅に軽減できます。

大成工務店は、お客さまの賃貸マンションやアパートについてしっかりとした修繕計画の立案や建物を維持するためのコストを低減するための提案を実施。「大切な資産」という認識を共有することにより、資産価値の維持・向上に取り組みます。

芙蓉建設株式会社

芙蓉建設株式会社

画像引用元HP:芙蓉建設株式会社公式HP(https://www.fuyo-kensetsu-tochikatsuyo.com/)

山梨・静岡で土地活用や賃貸物件の運用サポートを行っている芙蓉建設株式会社。同社では、これまで50年ほど不動産業を手がけてきた経験を活かし、活用を希望する土地の現状や周辺環境を分析した上で、それぞれに合った土地活用を提案します。

芙蓉建設が提案する土地活用は「建てて貸す」「土地を貸す」「土地を売る」という3種類。それぞれのプランから、オーナーの要望や調査状況を踏まえて決定していくことになります。例えば「建てて貸す」という方法を選択したお場合には、戸建賃貸やメゾネット賃貸住宅、RC・鉄骨アパート、そして貸事務所・貸し工場とすることも可能。さらに、建築したらそこで終わりではなく、入居者斡旋や事業者との仲介も行ってくれます。

KONOIKE Co. 株式会社

 KONOIKE Co. 株式会社

画像引用元HP:KONOIKE Co. 株式会社公式HP(https://www.konoike-cons.co.jp/)

KONOIKEでは、土地や資産の悩みや不安について、それぞれのオーナーに合った方法で解消します。同社の強みは、不動産コンサルティングマスターや宅地建物取引士、一級建築士、管理業務主任者など資格保有者が在籍している点。それに加えて、弁護士やファイナンシャルプランナー、司法書士、不動産鑑定士、税理士といった専門家と連携することにより、お客さまにとってより良い提案を目指せます。

同社は賃貸マンションのプロであり、経営に必要な情報が蓄積されています。このことから、徹底した市場調査の上で市場性や将来性の見極めが可能。また、リーシング業者とのネットワークを活用し、マンションへの高い入居率を可能にしている点も同社の特徴といえるポイントです。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト
    クラストの公式サイト画像

    引用元:クラスト公式HP(https://www.clast.co.jp/lp/)

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    無料

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス
    アヴェントハウスの公式サイト画像

    引用元:アヴェントハウス公式HP
    (https://aventhouse.jp/)

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー
    シノケンの公式サイト画像

    引用元:シノケン公式HP(https:
    //www.fudosantoushi.jp/)

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp