高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

鉄筋コンクリート造(RC)の特徴

鉄筋コンクリート造(RC)って何?

マンションやアパートの建物構造には鉄筋コンクリート(RC造、SRC造)、木造などさまざまな構造があります。

中でも人気のあるのが鉄筋コンクリート(RC)の建物です。

鉄筋コンクリート構造(英:Reinforced Concrete Construction=RC)は、簡単に言ってしまえば建物を建てる際に型枠に鉄筋を配置し、そこにコンクリートを流し込んで固めることで、建物の骨格部分を鉄筋とコンクリートで作り上げていく工法です。

鉄筋とコンクリートを組み合わせて強度を出す

鉄筋とコンクリートそれぞれの材質は、建物の骨組みに使うにはメリットがあると同時にデメリットがあますが、それぞれの良さを引き出し、デメリットを補うために組み合わされたのが鉄筋コンクリート造です。

例えば鉄筋は引張力に強いというメリットがあるものの、耐火性や錆に弱いというデメリットがあります。

一方、コンクリートは圧縮力には強いものの、引張力には弱いという特性があります。

鉄筋の錆びやすいというデメリットは、アルカリ性でサビから鉄筋を守ってくれるコンクリートと一緒に使うことで克服でき、さらに耐久性を高めることができます。

このようにそれぞれを単体で使った時よりも、鉄筋とコンクリートの欠点をカバーしあって骨格を作ることで、マンションに求められる強度を実現しているのが鉄筋コンクリート造の建物なのです。

RC造とSRC造の構造上の違いとは?

鉄筋コンクリート造にはRC造とSRC造があります。

SRC造とは鉄骨鉄筋コンクリート造(Steel Reinforced Concrete Construction)の略で、RC造(Reinforced Concrete Construction)に加えて鉄骨造のメリットが加わった工法です。

RC造はコンクリートを鉄筋によって補強しているだけなのに対して、SRC造はさらにH型鋼などの鉄骨造を入れることで、建物のしなやかさをプラスしていると言われています。

RC造とSRC造どっちがいいの?

とはいえ、最近ではSRC造もRC作りも耐震性に大きな差はないとも言われています。

RC造のメリットは、比較的建物の構造に自由度があること。デメリットは、SRC造より重量があるため地盤が弱い土地には向いていないという点が挙げられます。

SRC造は重量がRC造よりも少ないため、地盤が弱い土地にも向いているというメリットがある一方、建設コストが高くなるというデメリットがあります。

鉄筋コンクリートの費用相場

鉄筋コンクリート造でマンションを建てようと思った時に、やっぱり気になるのが費用面かもしれません。鉄筋コンクリート造は機能性やデザイン性が高く人気の工法で、マンション以外にも一般住宅で選ぶ方も増えてきています。

木造と比べると、鉄筋コンクリート造の建物は坪単価が高いと言われていますが、建物の耐用年数(寿命)も考えると、一概に「費用が高い」とは言えません。

例えば住宅を木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造(RC造)で比較した場合、建築する際にかかる坪単価は木造が30万円〜80万円、鉄骨造が50万円〜90万円と言われているのに対し、鉄筋コンクリート造(RC造)は60万円〜100万円と言われています。

もちろん、建物の大きさや建設会社によっても異なりますが、他の工法と比べると建設費用は高くなる傾向にあります。

一方で、木造や鉄骨造の建物と比べて鉄筋コンクリート造(RC造)の法定耐用年数は長く、木造が20数年ほどなのに対し、鉄筋コンクリート造(RC造)の法定耐用年数は47年。単純に耐用年数1年あたりの坪単価で比較すれば、鉄筋コンクリート造(RC造)のほうが安くなります。

メリットとデメリット

建設コストがかかる反面、耐用年数が長いと言われる鉄筋コンクリート造(RC造)。

建物としてのメリット・デメリットを整理してみましょう。

鉄骨コンクリート造のメリット

鉄骨コンクリートのメリットには防音性(遮音性)、デザイン性、気密性、耐震性などが挙げられます。

防音性

マンションの苦情の原因の多くが「音」に関する問題・トラブルです。

隣人や上階のドアの開け閉めや歩く音、声などが騒音トラブルにつながることは集合住宅ではよくある話ですが、鉄骨コンクリートの場合、木造の建物と比べて遮音性が高いと言われています。

もちろん遮音性が高いと言っても完璧に音を遮音することは難しいため、建設時には壁の厚さや間取りなどにも配慮する必要があります。

耐火性・耐震性

安心して暮らしていくために必要なのが火事や地震に対する安全性です。

鉄骨コンクリートは、強度の高い構造なので耐震性は比較的高いと言われています。また、火災が発生した際にも木造住宅と比べれば火の回りも遅く、高温にも耐えられる造りと言えるでしょう。

デザイン性

賃貸マンションとしての運用を考えた時、やはり人気を左右するのがそのデザイン性です。

鉄骨コンクリート造の建物は、木造と比べて柱がない分広い空間を確保できます。

また、コンクリート打ちっ放しの風合いにすることもできますし、塗装やタイル・クロスを貼るなどさまざまなデザインを叶えられる構造です。

鉄骨コンクリート造のデメリット

鉄骨コンクリート造はたくさんのメリットがありますが、デメリットももちろんあります。

費用面

耐用年数を考えれば、決して高いとは言えませんが、初期投資を抑えたい場合にはデメリットとなることもあるでしょう。

熱伝導率の高さ

また、コンクリートには外の熱を溜め込み室内に伝えやすい特性があるため、夏は暑く冬は寒くなりがちです。

気密性も高くなるため通気性などを考えた間取りにしないと、熱や湿気がこもる住空間になってしまいます。

まとめ

鉄筋コンクリート造は、防音性やデザイン性、耐震・耐火性能が高い工法です。

建築コストはそれなりにかかりますが、マンションの構造として人気があり、なおかつ一般的なものですから、これからマンション建築を考える上ではぜひ検討してみましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。