ZEHマンションとは?

ZEH(ゼッチ)とは

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、住宅で消費するエネルギーをゼロにしようという考えをもとに建築された住宅のことです。もちろん生活するうえで消費エネルギーが発生しないことは非現実的なので、住宅の断熱性能をアップさせ、高いエネルギー効率の設備を導入するなどで省エネ性能を高めていきます。さらに太陽光発電システムを導入することで創エネを実現し、最終的にエネルギーの収支をゼロにする住宅になります。

ただし、この消費エネルギーは冷暖房・換気・給湯・照明で発生する「一次消費エネルギー」のことで、テレビや冷蔵庫などの家電は含まれないので注意しましょう。

つまりZEHとは年間の一次消費エネルギー量をプラス・マイナス「ゼロ」を目指す住宅なのです。

ZEHの条件とは

ZEHを満たすためには断熱性・省エネ性・創エネの3つの基準をクリアしなければなりません。

  • 断熱性
    そもそも断熱性とは、室内に外気の熱を伝えにくくする性能を指し、断熱性能に優れていれば、一年中快適な居住空間を実現でき、光熱費を抑えることができます。この断熱性はUA値という数値で表されており、ZEHではUA値が0.4~0.6以下という基準が定められており、その基準をクリアしなければなりません。
  • 省エネ性
    ZEHの場合、従来の住宅よりも一次エネルギーの消費を20%以上削減する必要があります。空調・換気・給湯・照明の4つはZEHの基準をクリアした設備を導入しなければならないでしょう。
  • 創エネ
    エネルギーを創りだす設備を導入する必要があります。たとえば太陽光発電システム・家庭用燃料電池・蓄電池などがあり、これらを併用することによって、創エネを実現できるでしょう。このシステムを導入することで、日常生活を快適にするだけでなく、災害への対策にも役立つことができ、より家族の安全・安心につながります。

ZEHマンションの種類

ZEHマンションとは省エネ率などによって区分されており、創エネを含め100%以上の省エネ率になっているものを「ZEH-M」と呼びます。ただZEH-Mを実現するためには、非常に高い気密性を得る必要があり、高性能なマンションでなければ実現は難しいでしょう。

ZEH-M

地上1階から3階建てのマンションにおいて目指すべき水準を満たしたマンションのことです。断熱などのZEH外皮基準を満たし、かつ基準値から再生可能エネルギーを含んだときは100%、含まないときでも20%以上のエネルギー削減率をクリアしていることが条件になります。

Nearly ZEH-M

地上1階から3階建てのマンションにおいて目指すべき水準を満たしたマンションのことです。断熱・気密・防露などのZEH外皮基準を満たしており、かつ基準値から再生可能エネルギーを含んだときは75%以上、含まないときは20%以上のエネルギー削減率をクリアしていることが条件になります。

さらに補助の対象になるためには、発電された再生可能エネルギーはマンション敷地内に設置しており、住宅内・教養部に供給されていなければなりません。

ZEH-M Ready

4階から5階建てのマンションにおいて目指すべき水準を満たしたマンションのことです。気密や断熱などのZEH外皮基準を満たし、かつ基準値から再生可能エネルギーを含んだときは50%以上、含まないときは20%以上のエネルギー削減率をクリアしていることが条件になります。

ZEH-M Oriented

6階建て以上のマンションにおいて目指すべき水準を満たしたマンションのことです。断熱や気密などのZEH外皮基準を満たし、かつ基準値から再生可能エネルギーにかかわらず20%以上のエネルギー削減率をクリアしていることが条件になります。基本的に再生可能エネルギーの導入の必要はありません。

ZEHマンションに住むメリットとは?

国からの補助金支援制度の対象になったことによって、今後ZEHマンションの建設は増加していくと予想されており、物件を選ぶ際のポイントにもなってくるでしょう。ここではZEHマンションに住むメリットについて紹介していくので、ZEHマンションの魅力をチェックしてくださいね。

快適な生活環境

毎日暮らす空間だからこそ、快適性は重要な要素でしょう。ZEHマンションは高い断熱性・気密性は必須項目です。そのため冬場は寒い外気が室内に流れ込みにくく、夏場の熱気も遮断してくれる構造になっています。そのため室内の温度を快適に保つことができ、一年中過ごしやすい空間を実現してくれるでしょう。さらに部屋によっての温度差も少ないので、ヒートショック対策にもなり、高齢者や持病を抱えている方にとっても魅力的な環境といえます。

光熱費の削減

ZEHマンションが建設されるようになってから日が浅いため、どの程度光熱費が抑えられるかはハッキリ述べることは難しいですが、従来のマンションと比較すれば大幅に光熱費削減につながる可能性は高いでしょう。それはZEHマンションが高い断熱性・気密性があるというだけでなく、高い省エネ性の照明器具・冷暖房機器・給湯器などの設備を導入しているため消費エネルギー自体も抑えることが可能です。さらに太陽光発電システムも導入していることで、より光熱費は削減でき、お財布にも優しい環境になるでしょう。

さらに何らかの要因で停電が起きた場合、ZEHマンションであれば太陽光発電システムを活用できるため、防災対策にもなるなど安心感につながります。

マンションの資産価値を高める

マンションを購入する人の中には、将来的に売却を考えている人もいるでしょう。ZEHマンションは国の基準をクリアし、快適性だけでなく経済的にも魅力の高い物件です。そのためマンションの資産価値は高く、売却するときの付加価値要素としてアピールすることもできます。

ZEHマンションを検討する場合は建築会社と相談を

ZEHマンションは補助金の対象となったこともあり、急速に増加しつつあります。日々の生活を快適にし、さらに光熱費削減や資産価値を高めるなどの魅力が満載なのでZEHマンションの建築に興味を抱く方も多いでしょう。

ただ国の補助制度の対象となるためには、国が定めた条件をクリアしなければ補助金を受け取ることができません。そのためZEHマンションの建設に詳しい建築会社に相談し、アドバイスをもらったほうがいいでしょう。省エネ性などの性能を高めてしまえば、その分コストもかかってしまうので、どの程度の省エネ性能にするのかなど、じっくりと考える必要があります。事前にしっかりと話し合い、予算などを考慮したうえで後悔のないマンション建築を行い、損のないように補助金などの申請をスムーズに行ってください。ZEHマンションの建築に詳しい建築会社なら、手続きなども円滑にサポートしてくれるでしょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp