高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

大一不動産

家族の健康を守る家づくりを目指す大一不動産。栃木から寒い家を無くし、地域の健康を守ることに全力を注いでいます。以下ではこちらの会社について紹介していきます。

性能と感動を徹底的に追求した建設

大一不動産はマンションに入居した方の健康を守るために、高い性能を誇るマンション建築を目指しています。新しい家での生活に幸せを感じていただくためには、まず入居する方の健康を守るのが何よりも欠かせません。そのため、耐震性や省エネはもちろんのこと、寒さに強い外張り断熱工法を導入しているのです。また、家にいる時間が長いお母さんの目線、休みの日は自分の趣味に没頭してリフレッシュしたいお父さんの目線、明るい未来を育み、元気に楽しく日々を暮らせるような子ども部屋など、さまざまな視点から部屋作りをしていきます。

リスクを共有したうえで土地活用を提案

土地活用のためにマンション建築を考える方は少なくありません。ですが土地活用にはリスクもつきものです。「土地をなんとかしたいけど、土地活用には不安もある」という方のために、土地活用を提案する際にはどんなリスクがあるのかも合わせて説明してくれます。土地のみではなく、建築のためにかかる資金やこれからかかってくる税金のことなど、さまざまなリスクを共有してくれるのです。中立的な視点を崩さない土地活用のサポートを提案しています。

高気密高断熱を実現した高性能住宅

栃木県はその土地柄冬の寒さが厳しく、家庭内でもヒートショックが発生し、死亡事故の原因となっています。そのため、関東エリアの住宅と同じような考えで家を選んでいると家族の健康を守ることができません。寒さをしのぐためには、いかに断熱性能が優れているのかが鍵になってきます。大一不動産の住宅は断熱性に特化した家造りをすることが可能です。大一不動産の住宅は地域の特性を理解して建築されているため、安心して入居することができるでしょう。

家族から一人暮らしの学生まで幅広いニーズをカバー

大一不動産は、栃木県の中でも大田原市、那須塩原市、那須町、矢板市といった北地区を中心としたエリアでマンション建築の管理や不動産のコンサルティングを行っています。入居する方が安全に暮らせる生活ができるよう、地域密着型の不動産事業を展開しているのです。

マンションの建築だけでなく、一人暮らしを始める方が多い学生向けに賃貸あっせんサービスも開始。学生向けの賃貸物件情報誌も作成しています。地域のニーズに応えるだけでなく、学生のニーズにもフォーカスを充てるなど、さまざまな年代の悩みに寄り添ってくれる会社といえるのではないでしょうか。

健康被害が少ないやさしい住居を目指す

大一不動産の住宅は断熱性能が高いため、結露を防いでくれるという嬉しい効果もあります。結露を防ぐことはカビやダニの発生を防ぐことに繋がっており、喘息やアレルギーを持っている方の健康被害を抑えることにもつながるのです。また、シックハウス症候群の原因となる有害化学物質などの発生を防ぐことにもつながってきます。高い気密性能のおかげで空気がよどむことなく循環していくでしょう。

マンションの建築事例

マンションの建築事例はありませんでした。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:〒324-0058栃木県大田原市紫塚1丁目14-13
  • 施工エリア:栃木県大田原市、那須塩原市、那須町、矢板市

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)