高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

首都圏不燃建築公社

このページでは、首都圏不燃建築公社の特徴についてご紹介しています。首都圏不燃建築公社の特徴や建築事例などをまとめていますので、土地の活用方法に悩んでいる方はぜひいちど相談してみると良いでしょう。建築後になんでも相談できる「オーナー相談室」を設置している点も特徴です。

マンション建築会社としての特徴と実績

昭和36年に公益法人として設立された首都圏不燃建築公社は、賃貸住宅の建設や都市居住再生事業、市街地再開発事業を手がけています。

同社では、土地の活用法に悩んでいる方などにさまざまな提案を行うことにより、土地の有効活用を行うとともにオーナーの悩みにも応えてくれます。中でも、賃貸住宅に関するサポートをトータルで行う「総合コンサルティングコース」を用意しており、賃貸マンション経営と土地の活用を支援します。

総合コンサルティングコースでは、お客様の不安や悩みを聞くところから、建物が完成した後の経営に関する相談まで対応。企画提案はもちろんのこと、資金面でもしっかりとバックアップ。安心できる資金計画を提案してくれます。

同社の強みは、気軽に相談できる「相談対応力」、ニーズに応じた提案を行う「課題解決力」、さまざまな相談に対応する「経営支援力」の3点。「オーナー相談室」を設置することで、より手厚いサポートを行っています。

マンション建築後の経営サポートについて

首都圏不燃建築公社では、建築後のサポートが手厚い点も特徴です。

まず、建物引渡し後には1年・2年・5年・10年に定期点検を実施することにより、施工状況の確認や、不具合が起きている場所がないかをしっかりと確認してくれます。

また、オーナーからの相談を受けたのちに劣化診断を実施(無料)。報告書の提出や説明を行います。この診断結果をもとに、リフォームを希望している場合には補修に関する見積書を作成。予算と経営を見据えた上での改修について提案を行っており、もし改修を行う場合には同社が工事まで請け負う形となっています。

他にも、リノベーションの提案や管理会社に関する相談、税金に関する相談、運用の見直しなど幅広いサポートを用意しているため、経営に関する悩みが出てきた際に頼りになる存在であるといえるでしょう。

マンション建築の品質・プランについて

競争力のあるデザインを提案してくれる首都圏不燃建築公社の特徴のひとつとして、品質管理が徹底されているという点が挙げられます。基本設計についてはプロの視点を持ってさまざまな観点から責任を持って作成することで、お客様が納得できるような提案を行います。

さらに配管検査や防水検査、外壁タイル検査、竣工検査など、さまざまな検査を行うことにより、品質の高いマンションを提供しています。最終的には設計図書と照合し、機能面の最終検査や機器の運転確認など、引き渡し前の最終検査を実施し、問題がなければ引き渡し、という流れになります。

不燃公社では、建築工程についても責任を持って立会いを行い、検査結果はオーナーにしっかりと報告してくれます。

マンション建築の事例

等価交換方式によるマンション建て替え事業

台東区にあるマンションの建て替えを行った事例で、等価交換方式によるマンション建替事業となっています。工期は平成24年~平成25年、全43戸です。

渋谷区のマンション建て替え事例

渋谷区にあるマンションの建て替え事例。9階建てのマンションで、住宅は全23戸。「マンション建替え円滑化法」による、組合施工のマンション建て替え事業である点が特色となっています。工期は平成25年〜平成27年。

利便性が高い場所におけるマンション建築事例

世田谷区にあるマンション建設事例です。共同建替えとコーポラティブ方式の組み合わせによる事業となっています。同マンションは自由が丘商圏に建っているため利便性が高い点が特徴です。病院も近隣にあり、非常に住みやすい立地であるといえます。

マンションを建築したオーナーの声

首都圏不燃建築公社でマンションを建築したオーナーの声はありませんでした。

相談するならココ!高収益が期待できる
賃貸マンション建築会社ランキング

会社概要

  • 本社住所:東京都港区芝浦三丁目9番1号芝浦ルネサイトタワー17階
  • 施工エリア:東京都23区(総合コンサルティングコース)

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)