高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

ガイアフィールド

ガイアフィールドは、地域密着の総合コンサルタント企業です。どのような特徴があるのか、特徴や建築事例などご紹介します。

地域密着の住まいの総合コンサルタント

ガイアフィールドは、1990年に創業した住まいの総合コンサルタント企業です。地域循環型住まいビジネスを掲げるガイアフィールドのマンション建築とは、どのような特徴があるのかご紹介します。

マンションだけでなくさまざまな事業を展開している

ガイアフィールドは、スチールハウスの施工や新築一戸建ての設計や施工、販売や不動産、投資用の賃貸物件や管理、リフォーム事業まで、幅広い事業を展開をしています。

「地域」「構造」「デザイン」「アフターサービス」「顧客満足」というキーワードは、ガイアフィールドの事業全般で重要視されている要素です。川崎市や田園都市線を中心とした地域密着企業で、集合住宅などの建築を手がけています。

スチールハウス建築を得意としている企業

ガイアフィールドは、スチールハウスというCFS工法を得意としています。コールドフォームドスチール工法は、冷間加工した6mm未満の薄板や中板高板を使用し、ドリリングタッピングネジなどで接合しているのが大きな特徴です。また、全体的に溶接に依存しすぎない工法となっています。

大工や鉄筋工などのスタッフ個人の技術力で仕上がりが大きく異なることが少ないのもポイントです。施工性だけではなく耐久性や耐震性も優れています。スチールハウスの建築物はシロアリにも強い素材で、時間経過でひどく捻れてしまうなどのリスクが少ないのもメリットです。世界中でスチールは生産されているため、木材のような品質差もあまりありません。

さまざまな立場の人が一緒に快適に暮らせる共同住宅の建築

ガイアフィールドが施工する共同住宅には、基本的にさまざまな立場の方が入居しています。ガイアフィールドが採用しているCFS建築では、入居する人たち全員が、安心、安全、快適に生活できる共同住宅の実現を目指しているのです。

ガイアフィールドは、ワンルーム、ファミリータイプ、テラスハウスまで幅広く柔軟に対応できる技術力とノウハウを持っています。それも、多くの建築実績があるからこそ実現できるのです。建築を検討している方の要望だけではなく、地域のニーズに合致するプランも提案してくれます。

建築後もきちんと対応してくれる充実のアフターフォロー

ガイアフィールドは、建築が終わったあとも、手厚いアフターフォローを実施しています。共同住宅、一戸建て関係なく建物は実際に住んでみないと快適性はなかなか分からないものです。ガイアフィールドではその点を重視し、アフターフォローに力を入れています。建築基準法、住宅金融支援機構、日本住宅保証検査機構の設計施工基準をクリアできているかどうかもしっかり検査をしているのです。

基礎仕様計画書の内容以上かどうか、図面通り組んでいるかどうか、建築士資格者が目視や計測で徹底的にチェック。保証書やアフターサービス基準書の発行、ガイアフィールド独自の定期点検も行ってくれます。

マンションの建築事例

施工事例はありませんでした。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:神奈川県川崎市高津区梶ヶ谷4-11-2
  • 施工エリア:要問合せ

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)