高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

日本ハウズイング

独立系不動産管理会社である日本ハウズイングが手がけるマンションの特徴や建築事例、オーナーの声を調査したのでまとめてご紹介します。

長年の経験を基にしたノウハウを武器に業界トップクラスに成長

1958年、日本ハウズイングは清掃会社としてスタートしました。以降、安全と快適な住環境づくりにより高い評価を得て、マンション・ビル総合管理や不動案賃貸仲介、大規模修繕工事まで、トータルサービスを行う不動産管理会社として成長しました。その日本ハウズイングの特徴は次の通りです。

地域密着型の体制で業績を伸ばす

日本ハウズイングのマンション総合管理受託戸数は45万戸を超えています。支店は地域密着型で、それぞれのマンションに専属のフロント担当者を選び、サポートを行っているのが特徴です。

しかしフロント担当者だけで対応しているわけではありません。法務や建築関係の専門家によるバックアップ部門を設けて窓口を一本化しているのです。

また、業務全般で土台となる専門知識や技術を持ったスペシャリストを育てることを重視し、研修や国家資格取得のサポートなどを通じて、人材育成に力を入れています。

これまで培ったノウハウと体制でビル管理

分譲マンションの管理業務で得てきた知識と経験の積み重ねによるノウハウによって、管理組合の運営を全般的にサポートしてくれます。

その範囲は幅広く、マンションはもちろんのこと、オフィスビルや区分所有ビル、大規模複合施設まで、トータルサポートしてくれるのです。清掃や設備管理や保守、警備や緊急対応などビル管理には欠かせない業務にも対応してくれます。

オーナーの視線や立場を考えた賃貸マンション管理

賃貸マンション管理やサブリース、不動産売買や仲介なども行っています。賃貸マンション管理と一口でいってもたくさんの業務があります。入居者の募集や賃料の徴収、クレーム対応、更新受付などマンション管理において不可欠な業務をオーナーがすべて対応するのは大変です。

特に大規模マンションだと、専門知識と経験がなければ対応はむずかしく、現実的ではありません。そのため日本ハウズイング株式会社では、オーナーの視点や立場を考えた上でプランを提案しています。管理業務全般をオーナーの代わりにすべて対応してくれるのです。

大規模修繕工事についても対応できる

マンションやビルの大規模修繕工事にも対応してくれます。日々、部門の専門スタッフによる定期点検を行うことで、問題点や劣化状況を詳細に把握。その上でソフトとハードの両面から考えて緻密な計画を立て、修繕工事の提案を行うのです。

修繕工事に必要な資金についても、資金計画のシミュレーションを行い長期修繕計画を提案してくれます。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:東京都新宿区新宿1丁目31番12号
  • 施工エリア:北海道・東北、関東、東京、中部・東海、関西・中国・四国、九州にそれぞれ支店あり

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)