高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

近鉄住宅管理

近鉄グループの総合力を活かしたフルサポートが強みの近鉄住宅管理。特徴とオーナーの声を調査してまとめましたのでご紹介します。

さまざまな連携によるチェック体制でマンションを管理

居住者の視点で見て立場に立った管理を徹底している近鉄住宅管理ではフロント社員が、窓口を担当しています。フロント社員とは、マンション管理全般に対応するスタッフであり、日常業務はもちろん、理事会や総会運営サポートまで対応してくれます。しっかりとした業務を行えるよう、フロント社員ひとりが担当する物件を、10件程度に抑える体制にしており、会計業務など正確性が必要な業務にも対応しているのです。月ごとに収支報告書を作成して、口座振替外の支払いでは管理組合の承認を求める独自体制チェックを徹底し、安全性と透明性を確保しています。また、複雑になりやすいお金の流れも、コンピューターシステムによって一元管理しているのです。

オーナーズサポートシステムによる賃貸物件の有効利用と管理をサポートで

近鉄住宅管理の賃貸物件経営ではオーナーズサポートシステムを導入しています。市場動向や法務、税務、賃貸物件の有効利用、管理業務全般に関し専門知識を持ったスタッフがサポートするシステムです。賃貸物件経営には不可欠な広告展開や入居募集活動、賃貸管理までトータルサポート。メンテナンスフリーというサービスも展開し、1件5万円までなら修理費用が無償。入居者からのクレームにも対応しています。これにより、オーナーの負担が大きく減らすことに繋げているのです。

建物の価値を保つためのチェック体制を敷く

マンションは建物ですから時間の流れによって劣化が生まれます。資産価値を保つには、日頃からチェックとメンテナンスを行わなければなりません。近鉄住宅管理では、チェックとメンテナンスを一級建築士などが年1回行っています。破損や腐食などのトラブルがあれば、きちんと管理組合に提出する体制が整っているのです。安全性に関わる消防や給水設備も専門技術スタッフが定期的に巡回し、チェックしています。法定点検と保守点検によりトラブルを未然に防ぎ、なにかればすぐに対応できる体制です。また、オーナー目線に立ち、独自ノウハウによって長期修繕計画プランを作成。修繕工事も3つの方式を設けており、事情とコストに合わせて選べるのです。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号
  • 施工エリア:大阪、奈良、京都、神戸、西日本、広島、福岡、東京、名古屋、三重

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)