高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

レオン都市開発

ブランド資産を活かすというコンセプトを掲げるレオン都市開発。その特徴とマンション建築事例、オーナーの声などを紹介します。

徹底した情報収集と市場調査に基づいた企画立案

レオン都市開発におけるマンション開発のコンセプトは「ブランド資産を活かす」というものです。レオン都市開発が建設したマンションをブランド力を持った資産に位置付けるための施策を考え続けています。

生活利便性が高いマンションは確かに魅力的ですが、それだけではなく都市生活を送るのにふさわしいかどうかもこだわっているのです。

そのためには徹底的な情報収集と市場調査は欠かせません。同時に、『Linkage(都心を結び)』『Luxury(洗練された)』『Lifestyle(生活を)』『License(送る資格)』という「4つのL」を軸とした企画を立案しています。

細かい点まで検討した設計と品質管理を重視した施行

企画したマンションを形にするためには設計が重要です。レオン都市開発の設計の特徴は入居者のライフスタイルを基にした設計といえるでしょう。

社員と設計事務所のスタッフが間取りやキッチンやフローリングなどの資材、間取りや外観までマンションに求められる要素を徹底的に検討しているのです。入居者のプライバシーを守れるかも含め、細部にまで考え抜いた設計を行っています。

施行についても、自信を持てる高レベルのマンションを提供するための努力を惜しみません。レオン都市開発、設計事務所、ゼネコンを連携し、一貫体制で施行。耐久性や安全性まで外からは見えない細部まで徹底的に検査をします。

土地活用の計画立案とコンサルティング

レオン都市開発では土地の活用に関する問題を解決するためのサポートを、従来にはない独自の発想を含めて立案しています。

土地活用についてはさまざまな不安があるものです。マンション経営をするとしても、資金の用意や税金のこと、老後、資産継承、相続準備などたくさんあります。

問題を解決するためオーナーとのコミュニケーションを通じ、目的をはっきりした上でのコンサルティングを行うのです。提案についても夢物語ではなく、希望や意見に基づいた計画を提案しています。

他社で施工されたマンションでも販売と仲介が可能

自社だけではなく他社によって施工されたマンションの販売や仲介にも対応しています。それぞれに関わるスタッフは販売と仲介のプロフェッショナルで、不動産取引に関する問題を解決します。

販売代理業では、売り手と買い手の信頼に応えられるかどうかを基準に掲げているのがポイント。仲介事業では顧客サービスの一環と捉え、不動産情報ネットワークレインズではなく独自のネットワークによる情報提供による制約実績も豊富です。

賃貸管理事業でマンション建設以降もサポート

マンションを経営する上で重要な管理業務。本来、オーナーに求められる管理業務は多岐に渡ります。契約や家賃管理、メンテナンスまで行わなければなりません。年齢のことや他に仕事があればすべてをカバーするのは困難です。

レオン都市開発では賃貸管理代行サービスを提供しています。面倒な賃貸管理をワンストップで代行。そのため、マンション管理がむずかしいオーナーでも問題がありません。

たとえば、家賃の滞納やクレームがあってもオーナーの対応は不要で、レオン都市開発が回収業務の代行などを行います。

マンションの建築事例

マンションの建築事例は見つかりませんでした。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:大阪府大阪市北区天満橋1丁目6番18号 LEON BLDG7階/
  • 施工エリア:公式ホームページに記載されていませんでした

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)