三井ホーム

三井不動産グループの一員である三井ホームは、グループの総合力でマンション経営をサポートしてくれます。このページでは、三井ホームの特徴や実績などを紹介するので参考にしてください。

マンション建築会社としての特徴と実績

三井ホームは1974年に設立された会社で、これまでに三井ホームが手掛けた建物は数多くあります。三井ホームグループの総合力を兼ね備えており、確かな信用力と優れたノウハウ、提供力で資産としての価値をサポート。多彩なデザインの賃貸物件を提案してくれるため、より希望に沿った形のマンションを手に入れられるでしょう。

また初めてオーナーになる方や、マンション経営を行うか迷っている方のために全国各地でセミナーを開催しており、基本的な内容から個人相談会など幅広い内容になっています。そのため、それぞれが気になることや知りたいことを学ぶことができるでしょう。土地活用を検討中の方は、ぜひ一度参加してみるのもアリです。

マンション建築後の経営サポートについて

三井ホームの大きな魅力の一つに、圧倒的なグループ力が挙げられます。三井ホームグループだけでなく、三井不動産グループも一員としてサポートしており、単に建物を建てるだけでなく、賃貸物件の入居者募集や管理運営などにも携わっています。これまでの豊富な建築実績と長年に渡る賃貸物件の管理実績から蓄積したスキルで、賃貸物件の経営をサポートしてくれるでしょう。

らくらくサポート

賃貸物件のオーナーになれば、建物を建築する費用だけでなく、入居者が退出した際の原状回復のための工事費、住宅の設備機器の交換・修理費用なども大きな負担になってきます。思わぬところで大きな出費になるケースもあり、予想外の痛手になることも。らくらくサポートではオーナーが月々定額の保証料を支払うことによって、それらの費用を保障するサービスで、経営の安定化を図ることができます。

建物長期サポートシステム

建物を建てたときから、年月とともに劣化し、何らかの不具合が発生するでしょう。三井ホームでは建物を引き渡し後、構造躰体なら10年ごとに点検を実施し、定められた有償のメンテナンス工事を行えば、基礎や構造躰体に関係する部分は最長30年間の保証を受けることができます。

そのため長期間定期的な点検を受けることができ、プロだからこそ見つけられる不具合も教えてくれるでしょう。早期に不具合を発見することで、劣化を抑えられます。

マンション建築の品質・プランについて

耐震性について

三井ホームの構造躰体は、従来の枠組壁工法を独自の技術で進化させたプレミアム・モノコック構法を採用しています。このモノコック構法での建物を用いて震度7の地震を連続60回行った実験においても耐え抜くことが実験で立証されており、耐震性に優れた住宅といえるでしょう。

三井ホームでは賃貸住宅においては耐震等級3を推奨しており、建築基準法の1.5倍もの耐震性を誇る等級です。耐震等級3以上の等級はなく、防災の拠点である警察署や消防署と同程度の耐震性能に値します。

遮音性について

賃貸物件の場合、各住宅は壁や床などで仕切られているケースがほとんどです。そのため騒音トラブルが多く起こることもあるでしょう。三井ホームの賃貸住宅「デザインメゾン」では独自の技術を活用し、ミュート50RC造の新築分譲マンションと同程度の遮音性を実現しています。入居者同士がプライバシーを守りつつ、外部の音に悩まされることも少ない構造は賃貸住宅においては非常に魅力的なポイントです。

耐火性について

鉄骨よりも耐火性が優れている木材を構造材として活用しており、内部火災が自然に鎮火しやすいプレミアム・モノコック構法を取り入れています。壁や天井などの下地に21%ほどの結晶水を含んだ石膏ボードを採用しており、火災時の日の通り道を遮断するためのファイヤーストップ構造や、壁や天井の内部にロックウールを充填するなど、細部にわたって耐火性を高める工夫が施されているでしょう。

実際に東京都内に建つ自宅併用のアパートの一室から火災が発生したときも、部屋の内装が焼けただけで、ほかの部屋への延焼は見られませんでした。外部からは火災が起きたことすらわからないような状況で、三井ホームの建物の高い耐火性を表しているといえます。

デザイン性について

賃貸住宅として幅広い方々に選ばれるように多彩なデザインプランが用意されています。たとえばパリをイメージしたような外観デザインや、オレンジの丸瓦・アーチが印象的なリゾートライクな外観デザイン、深い軒と特徴的な木質感のある外観デザイン、限られた敷地を生かすようなデザインなど多種多様です。接道状況や周辺環境などを配慮し、より希望に沿ったデザインを提案してくれるでしょう。

マンション建築の事例

51戸の共同住宅「モクシオン 稲城」

省エネルギー対策等級4を獲得し、冷暖房のコストとエネルギー消費の軽減を図ったモクシオン。建物の維持・管理を適切に行うことによって75年~90年の耐久性も確保し、大規模な改修を必要としない木材を使用したマンションです。年月とともに価値を高め、美しさを増し続けるでしょう。

レガシーを大切にした木造4階建て

街のレガシーを創りたいというオーナーの想いを実現した木造4階建ての賃貸住宅。おしゃれ、かつ高級感のある外観も魅力的です。室内を明るく照らすために大きな窓が設けられており、日中は常に暖かな日差しが降り注ぐでしょう。

自宅と3棟の戸建て賃貸住宅

閑静な住宅地にある自宅と3棟の戸建ての賃貸住宅。3棟はすべて82㎡以上の延べ床面積を確保しており、広々とした空間を実現しています。白色を基調にした外観は、明るい雰囲気を感じさせてくれるでしょう。閑静な住宅地に溶け込んだようなデザインになっています。

マンションを建築したオーナーの声

公式HP上に情報は見つかりませんでした。

相談するならココ!高収益が期待できる
賃貸マンション建築会社ランキング

会社概要

  • 本社住所:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル53F
  • 施工エリア:全国

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選
賃貸専門 高利益が期待できるマンション建築会社おすすめ3選 sp