高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

日本ホーム

街に溶け込むデザインで、時代に合った間取り・施設・仕様を心がけている日本ホーム。施工するまでの流れが速く、サポートが充実しているため信頼が厚いです。これからこちらの会社について紹介していきます。

オーナーにも入居者にもマッチしたマンションづくりを提案

街の風景にマッチしたマンションづくりを得意とする日本ホーム。外観だけでなくその時代や求められているニーズなどに併せて間取り・設備・使用を変化させています。

入居しやすい環境を考えるだけでなく、マンションを管理するオーナーに対してもさまざまなサポートを通して管理しやすい環境を提案しています。

入居者側、オーナー側のどちらにも「このマンションでよかった」と思えるようなマンションづくりを行っている会社といえるでしょう。

自社で一貫生産システムを構築

日本ホームでは、マンションの全ての施工を自社スタッフのみで行っています。

さまざまな業者を介すことでマンションの施工を行っていくことにはメリットもありますが、中にはコミュニケーションが取りづらいといったデメリットも。

日本ホームではデメリットともなりやすい部分を、自社スタッフのみで対応するようにすることでスムーズなコミュニケーションを実現。デザインから販売までのフローを迅速に行えるようにしています。

このシステムはコミュニケーションをはかるだけでなく、マージンカットにもつながります。自社一貫体制にすることで、中間にかかるマージンをカット。

さまざまな業者を介して施工するよりも費用を圧縮できるため、リーズなぶるな費用でマンションが建築できるようにしているのです。

これらは単に費用をカットするだけでなく、マンションの品質担保のために使用されるため、オーナーや入居者にも還元される形になります。

質を担保しつつリーズナブルにおさえられるかにこだわり

自社一貫システムにすることで、各セクションでの業務が入念に行われることもメリットとなっているでしょう。

それぞれの部署で品質チェックを徹底することで、リーズナブルな費用ながら質が担保されたマンションが完成するのです。

販売価格を押さえつつ品質の高いマンションを建設するためのこだわりが見られます。

いかに品質を担保しつつ、費用を抑えてマンション建築を行うか、という課題は、これからも引き続き追及されていくことでしょう。

マンションの建築事例

シンプルながら高級感のある外観

日本ホームのマンション施工事例01
引用元:日本ホーム公式HP (https://www.turnkey-nippon.com/karitai/kennan/502azurunatori/azurunatori501.html)

JR東北本線の名取駅まで徒歩17分の立地にあるマンションです。レンガ調のタイルが印象的な外観で、ベランダにはすりガラスを設置することで堅苦しい印象は受けません。室内は柔らかな印象の明るいフローリングと白い内装がメイン。近隣にスーパーが近いため、家族で入居することを意識した造りといえるでしょう。外観も広々とした室内を感じさせる造りとなっています。

単身でも余裕のある室内

日本ホームのマンション施工事例02
引用元:日本ホーム公式HP (https://www.turnkey-nippon.com/karitai/aoba/484rapisuamamiya/484rapisuamamiya705.html)

落ち着いた色合いのマンション。角部屋にはベランダがあり、景色も眺められるようになっています。内装は白がメインで、フローリングも明るめ。クローゼットもついており、一人暮らしで収納に困ることはないでしょう。単身でものびのびと過ごせる空間が設けられているため、ゆったり過ごすことができる造りをしています。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:宮城県仙台市宮城野区自由ヶ丘13-11
  • 施工エリア:公式ホームページに記載されていませんでした

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)