高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

野村不動産パートナーズ

マンションをはじめビルの建築・管理などを総合的に行っている野村不動産パートナーズ。特徴と会社情報をご紹介します。

ビル・マンション管理で高評価

1977年、ビル・マンションの総合管理会社としてスタートした野村不動産パートナーズ。ビル・マンション管理事業を中心に、公共施設の運営管理、プロマティマネジメント事業、修繕などのリニューアル工事まで、建物に関わる運営管理を行っています。その特徴は次の通りです。

マンションの管理をトータルサポート

野村不動産パートナーズでは、マンションをはじめとする建物の管理を複数業務の集合体と考えています。管理といってもその業務は多岐に渡り、設備に問題がないか保守点検も行わないといけませんし、不審者や異常をいち早くチェックし、入居者を安全な場所に誘導する警備業務、いつも気持ちよく過ごすための清掃など幅広いです。そのような多種多様な業務を1つにまとめて考え、総合管理体制として提案するのが野村不動産パートナーズの建物管理業務です。各業務のトップに各業務のベテランの専門技術者を配置し、管理の質を高めるだけではなく、コストやエネルギー面の効率化に関する提案をしてくれます。

マンション居住者満足度調査でノウハウを蓄積

マンション管理では、専有部のサービス、コミュニティづくり、プロパティマネジメントなど総合的な管理業務を行っています。管理業務では顧客満足度のアップに力を入れています。高い顧客満足度を実現する取り組みとして、管理実績のデータをストックしているのです。膨大なデータを担当者で共有し、ノウハウを作ることで問題があってもスムーズに対応できる体制が整っています。また、マンション設備を再現した研修用設備を設けることで人材育成体制も充実。管理業務を支える技術スタッフから管理員までプロフェッショナルを育てています。他にも、品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001の取得をはじめ、災害時対応のコールセンターを設けるなど、駆けつけサービスを通して入居者の快適な生活を確保しています。

建物それぞれに対応した工事計画や修繕計画を提案

建物の資産価値を保つ修繕工事などの計画と実施も行っています。経年劣化だけに目を向けるのではなく、時代の流れによって生まれたスマート化や利用者がなにを必要としているのか、情報収集を通じて最適な修繕工事計画を提案できる体制とノウハウが整っているのです。オフィスの移転や改装にも対応。問題点や課題を徹底的にあぶりだした上でプランを提供します。マンションの大規模修繕工事も、定期的に点検し、調査診断を管理組合に報告して修繕工事を提案します。リノベーションの提案、小規模修繕の紹介対応など、リフォームの関する相談など幅広く対応しています。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿一丁目26番2号
  • 施工エリア:公式ホームページに記載されていませんでした

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)