高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

オープンハウス・ディベロップメント

オープンハウス・ディベロップメントは平成12年に創業した不動産会社です。その特徴や建築実績、口コミなどを調査してまとめています。

新築一戸建て・新築マンション・不動産買取までサポート

オープンハウス・ディベロップメントは、グループ全体でマンション開発をはじめ、戸建て住宅開発、注文住宅請負、不動産販売や仲介から投資用不動産販売まで幅広く展開しています。

「顧客視点」という信念を創業から持ち続けて実践

株式会社オープンハウス・ディベロップメントは、株式会社オープンハウスのグループ会社です。創業依頼「顧客視点」という信念を貫き続けています。自社分譲物件の開発や企画、施工や販売事業が事業内容です。また、不動産の売買や仲介及び管理も行っています。

注文住宅のようにマンション建築ができる

マンションの建築様式は基本的には同じですが、オープンハウス・ディベロップメントが提案するマンション建築はまるで注文住宅をオーダーしているかのような提案ができるのが魅力の一つです。

専属の設計士とインテリアコーディネーターとで依頼者で打ち合わせを重ねながら、室内の間取りや色合いなどを調整。建築の依頼主が満足できる住空間を造り上げてくれるのです。

立地や広さなどは申し分ないとしても、どんな間取りで建てたら良いのか迷ってしまう土地があった場合にオーダーシステムで対応してくれます。

経験とノウハウによるコストダウンのアイディアと実現する設計力

マンション建築を行ううえでのコストダウンのアイディアを豊富に持っています。年間を通し材料を大量に仕入れていますが、スケールメリットを活用してコスト削減も行っているのです。工程管理、人員、納品の効率化を図り、非効率的な部分を排除することでのコスト削減にも注力しています。だからといってコスト削減だけに注力するのではなく、耐震性や耐火性に配慮した家造り、快適な室内環境を保ち耐久性を高める技術と設計に対するノウハウも持っています。

インテリアコーディネーターによる無償のコーディネートも実施

マンションのオーダーシステムのほか、無償でレイアウトをセレクトできるコースも提案しています。インテリアコーディネーターが住居の色調をコーディネートしてくれるカラースタイルは、4つの種類から選択可能。キッチンや洗面台などに使われる天板などの色合いからユニットバスのカラー選択、コンセントの位置やレイアウトの変更などにも対応してくれます。無償でもさまざまなレイアウトの変更ができるので、理想の内装のマンションに近づけることができるでしょう。

近場でも遠方でもマンション建築の相談ができる

マンションの建築や維持管理などを担当している会社は、東京駅から徒歩1分の場所のビルにあり、アクセスが良好。マンション建築に関する問い合わせもすぐにできる企業といえるでしょう。電話やメールでの問い合わせも受け付けているので、マンション建築で気になる点でも問い合わせがしやすいといえます。マンション建築に関するさまざまな事業に携わっている会社なので、いろんな質問に答えてくれることでしょう。東京本社以外にも神奈川、埼玉、大阪、愛知と拠点も多いため、遠方でも相談できます。

マンションの建築事例

マンション建築事例はありませんでした。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本所在地:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12階(総合受付13階)
  • 施工エリア:公式ホームページに記載されていませんでした。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)