高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

株式会社テスク

営業から管理までのトータルシステムで賃貸経営をサポートする株式会社テスク。特徴とマンション建築事例、オーナーの声などを紹介します。

営業から管理までのトータルシステムでサポート

株式会社テスクの賃貸経営は、営業、設計、施行、管理まですべてをサポートするトータルシステムが特徴。はじめて賃貸経営をする方にとっては不安もたくさんあるのは当然と考える株式会社テスクは、賃貸経営のプロフェッショナルとして、寄り添い解決してくれる企業です。

オーナーの想いや理想や未来まで見据えたヒアリングを通じて具体的にどうすればよいかを思案してくれます。土地や市場や家賃や入居まで、賃貸経営では重要になる要素をデーター化。図面によるプランや収支計画を提案し、融資計画までサポートします。

入居者が集まり長期的な入居を見据えた施行

株式会社テスクは経験豊富な現場監督が安全性を優先した施行を行っています。マンションの大きな特徴は性能の高さと間取り設計です。ポイントは外断熱と土地に適したフリープランにより間取りを考えるからです。

性能の高さは入居者が集まるだけではなく、長く住みたいと思える理由となります。省エネ性能も追求しています。こだわりが家賃相場を高くしても入居者が集まり、長期的に住み続けるマンションを実現しているのです。

外断熱ハイパール工法でマンションに快適性を生む

外断熱ハイパール工法は一般的な密着型の外断熱工法と異なります。一般的な外断熱工法における密着型は通気層が弱点で、コンクリートや外装材や断熱材の間に結露が発生するリスクがありました。

他にも強い日射により外装材が剥離する可能性もあります。そのような問題点を解決するのがテスクの外断熱ハイパール工法です。

一番の特徴は通気層を設けること。このことで壁の中で結露が生じるのを防ぎ、外装材が剥がれるようなリスクを防ぎます。同時に建物全体の耐久性を高められるのが大きなメリットです。

自社独自の商品と技術力がテスクの強み

外断熱ハイパール工法で使われているのはテスクの独自開発で生まれたDFパネルです。コストパフォーマンスも高く全国の賃貸マンションで豊富な採用実績もあります。

また建物を壊さず外断熱改修を行い、資産価値を上げるセブパネルも開発しました。外断熱ハイパール工法やセブパネル以外にも、クール暖というパネルラジエーターのような省エネ商品の開発など他社にはない独自技術力を持っています。

実際、産業財産権は195件の所得実績を誇っています。この技術力は業者も認めているもので、商品やサービスをゼネコンなどに提供しているのです。

管理部門によるマンション経営のサポート

マンション建築後もテスクは永続的に経営のサポートを行います。満室経営を目指し、インターネットや広告媒体を駆使した募集と共に全国不動産仲介業者と提携し入居者募集をサポート。

満室になっても油断せず、建築会社の誇りを胸に点検も徹底します。外観から内観、図面によるチェックで事前に問題点を発見して対処することで、最小限の修繕コストが期待できるのです。

日々の管理業務も毎月スタッフが現地に入り点検し、家賃集金や入居審査から代理契約までオーナーが行う管理業務を一手に引き受けます。24時間体制の入居者管理体制なのも魅力です。

マンションの建築事例

マンションの建築事例は見つかりませんでした。

マンションを建築したオーナーの声

オーナーの声は見つかりませんでした。

会社概要

  • 本社所在地:北海道札幌市中央区北7条西20丁目2-1 TSCビル
  • 施工エリア:北海道をはじめ日本全国対応

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)