高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » 押さえておきたいマンション経営の知識

押さえておきたいマンション経営の知識

必ず知っておきたい賃貸マンション経営における知識についてご紹介します。

不動産運営は、たくさんの法律を介し、色々な相手と複数の契約を結ばなければならない大変煩雑な難しい仕事です。

不動産に関する知識の無いまったくの素人が、訳も分からず契約してしまうと、オーナーにとって不利な内容で契約をまとめてしまうことも実際にあるのです。

そんな悲惨な目に遭わないためにも、マンションオーナー自身がしっかりと不動産に関して学び、悪徳業者に引っかからない知識を身に付ける必要があります。

もちろん、専門的なことが多く、すぐには理解できない内容もあると思います。親身になってくれる良心的な企業にアドバイスを仰ぎながら無理の無い資産運用を行うことをオススメします。

ここでは、賃貸マンション経営を始めるに当たって必ず考えておく必要のあるお金に関する情報をお届けしますので、不動産運営の入門編として、ご覧になってみてください。

経営にかかる資金

詳細ページでは、マンション経営にかかる費用を購入時運営時の経常支出とに分けて、それぞれの項目を解説しています。購入時の費用は、物件の購入代金以外に必要となる税金や手数料などをまとめてみました。経常支出としては借入金の返済をはじめ、物件及び賃貸運営に不可欠な管理費用や各種税金。そして、不定期ではありますが修繕費用やリフォーム費用などにも触れています。

さらに、賃貸経営をできるだけローコストかつ低リスクで回していくために、どんな点を心掛けておくべきか、物件オーナーとして知っておかなければならないポイントも整理しています。

マンション経営にかかる経費について詳しく見る

節税対策の効果

一般の人でもマイホームの住宅ローンがある程度節税になることはわりと知られているでしょう。その点、賃貸マンション経営となった場合、オーナーは経営者としてよりシビアに節税対策を考える必要があります。

詳細ページでは固定資産税や相続税、所得税の優遇制度の説明に加えて、マンション購入初年度と2年目以降とで変動する節税効果について解説しています。諸費用と減価償却費の計上方法など、事業経営では基本ともいえる経理知識なのでぜひとも覚えておいてください。

マンション経営の節税対策について詳しく見る

利回りと計算方法

マンション経営はミドルリスク・ミドルリターンの投資といわれていますが、投資の名の付くものを検討するにあたっては、利回りをしっかり見極める必要があります。

詳細ページでは3種類ある利回りの説明と計算方法を紹介。物件や提案内容などを比較検討する際、どのような点に注意をすべきか、利回りをどう解釈するべきかといった点をまとめてみました。

マンション経営の利回りについて詳しく見る

サブリース(一括借上)のリスク

近年は賃貸経営サービスに関するテレビCMなども珍しくなくなって、一括借り上げサブリースという言葉もよく耳にします。実際に、こうしたサービスはどのようなものなのか、マンションオーナーと不動産管理会社双方にとってメリットがあるからこそ生まれた仕組みともいえます。

詳細ページでは、そうしたメリットだけでなく、マンションオーナーにとってのデメリットや注意点、管理委託契約との違いなどを紹介しています。

マンション経営のサブリースについて詳しく見る

マンション経営に有利な資格について

マンション経営をするために役立ち、持っていると収益増も期待できる資格として、「宅地建物取引士」「ファイナンシャルプランナー(FP)」「マンション管理士」「不動産実務検定」の4つがあります。

宅地建物取引士は不動産取引、ファイナンシャルプランナーは不動産と資産運用について、マンション管理士はマンションの適切な管理について、不動産実務検定は経営に関する知識を全般的に学習可能です。

マンション経営に有利な資格について詳しく見る

マンション経営法人化のメリットについて

マンション経営を法人化したときの最大のメリットとは、所得税や住民税、相続税などの節税効果が期待できることです。
また、不動産所得を企業の所得とすると、所得税よりも税率が低い法人税の課税対象とすることもできます。

その他、経費化によって収入を減らせること、損益通算によって他の不動産の売却損を相殺できること、不動産としてではなく株式として相続できることなどもメリットです。

マンション経営法人化のメリットについて詳しく見る

経営するマンションの間取りと利益の関係について

マンション経営を考える上で、戦略的に考えておきたいのが「間取り」です。
検討しているエリアに暮らす人がどんな人かを想像し、間取りを検討することは、入居率を高める上で重要です。

例えば学生や一人暮らしのビジネスパーソンが多いエリアに、3LDKや2LDKの子育て世帯向け間取りのマンションを経営しても、なかなか入居者が集まりにくいことが…。

マンション経営で知っておきたい、間取りの特徴やターゲット層ごとの人気の間取りを解説します。

経営するマンションの間取りと利益の関係について詳しく見る

マンション経営の将来性について

現在東京都では単独世帯の割合が年々上昇しているため、ワンルームタイプの需要が高くなっています。東京都総務局統計部が発表している分析データによると、都内の単独世帯・夫婦のみの世帯は2040年まで増加傾向であると分析されています。

そこで注目されているのが「ワンルームタイプ」の区分マンション。

ワンルームタイプに投資するメリットは、マンションそのものを購入する必要がないため300~500万円程度の比較的少ない元手でスタートできることです。

さらに将来性を期待できるため、安定収入と安定した利回りをはじめ、年金・生命保険の代用することもでき節税効果も期待できます。

このように様々なメリットを持っているワンルームタイプですが、1点だけ注意しなければならないのは23区が打ち出した「ワンルーム条例」です。ワンルームタイプは入居者の入れ替わりが多くなり、地域コミュニティが希薄になる可能性があるため、回避すべく新たに指定されたのがワンルーム条例。23区それぞれ条例の内容が異なるので十分な注意が必要です。

しかしワンルームタイプに投資することで得られるメリットは豊富と言えます。

マンション経営の将来性について詳しく見る

レオパレス21と大和ハウスの施工不良について

日本では名の知れたハウスメーカー「レオパレス21」と「大和ハウス」の施工不良問題は大きな波紋を呼びました。

レオパレス21の施工不良問題(建築基準法に違反する疑い)が発覚したのは2019年7月。遮音性の基準をクリアしていない部材の使用、仕様とは異なる防火構造の部材が使用されたアパートが約1,300棟見つかりました。

大和ハウスにおいては2001年1月から2010年6月に手がけた関東圏の賃貸アパート200棟が、大和ハウスが掲げている基準と異なる仕様であることが発覚。うち73棟は、2階外部の廊下支柱が防火基準をクリアしていない疑いが明らかになりました。

2000年10月から2013年2月に手がけた29都府県の戸建て888棟、賃貸アパート990頭の計1,878棟は、物件の土台となる基礎が国から認定を受けたものではないことが明らかになっています。

いずれも入居者・オーナーに向けて対応が行なわれていますが、今後も施工不良の疑いがある物件が次々と発覚する可能性があります。

だからこそ私たちは信頼できるマンション建築会社を選び、将来に目を向けて確かなリスクマネジメントを行なわなければなりません。

レオパレス21と大和ハウスの施工不良について詳しく見る

不動産の出口戦略について

マンション経営を始める前には、対象不動産の「出口戦略」について考えることが大切です。出口戦略とは「不動産の着地点」のこと。一般的には売却に目が向けられがちですが、保有して自宅として活用する、投資用不動産として活用し続ける、相続するなどの選択肢も出口戦略の一つです。

マンション経営などの不動産投資における最終的な利回りは、出口戦略によって変化します。例え賃貸物件として高い利回りを誇っている不動産でも、購入価格よりも売却価格が大幅に下回れば最終的な利回りも低下するからです。

出口戦略として売却を考える際には「売却価格」「売却方法」「売却タイミング」などを含めて考える必要がありますが、より適切な売却を行うためには不動産の種類や構造に併せて考えることが大切。マンション、アパート、一戸建てなどの物件の種類は、買い手の幅や売却価格に影響を与えます。

さらにRC造か木造かによっても、出口戦略の立て方は変化します。それぞれの構造の特徴を踏まえた上で、できる限り元本を維持して、最終的な利回りを高く維持できるように、複数の出口戦略をシミュレーションしましょう。

不動産の出口戦略について詳しく見る

ESG不動産投資のあり方検討会について

「ESG不動産投資のあり方検討会」とは、国土交通省によって設置された有識者による委員会で、環境や社会に配慮したマンション経営である「ESG不動産投資」を促進させるためのものです。

2019年7月3日に公表された中間とりまとめによると、ESG不動産投資の促進のためには、これまでの不動産投資で重視されてきた「リスク」と「リターン」に加え、「社会的な意味」を付加した中長期的価値を生み出す不動産への投資を推進するべきだという基本方針が発表されました。

そのためには公的な手段だけでなく、民間による取り組みも必要です。政府の取り組みとしては、ESG不動産投資の啓発、税金や補助計画の検討、公的融資などが検討されています。そして民間の取り組みとして、環境や社会に対して影響する要素を考え、十分な情報開示をするように求めました。

具体的な取り組みとして、Re-Seed機構の活用促進、空き家・空き店舗の再生に対する支援、不動産特定共同事業においての特例事業者活用などがあげられています。街全体の価値を高めながら性能の良い不動産を増やし、安全性の高いマンション経営を目指すのがESG不動産投資です。

ESG不動産投資のあり方検討会について詳しく見る

マンション経営とアパート経営の違い

マンション経営とアパート経営の違いを理解するのは重要です。どちらも賃貸物件の経営である点は変わりありませんが、細かく見ていくと大きく違います。たとえばマンションとアパートでは構造も違っています。

アパートは木造が多く、マンションはRCやSRCなど鉄筋コンクリート造が多いです。構造が違えば強度や耐久性や耐震性も違います。

また、アパートは幅広い土地に建てられますが、マンションには規制が設けられているのです。収益性や管理のしやすさなども違って来るのですから、経営に大きな影響を与えるのは当然なのです。その点を理解しなければ、アパートでもマンションでも経営の成功はむずかしいでしょう。

こちらではマンション経営とアパート経営の違いについてまとめています。

マンション経営とアパート経営の違い

マンション経営のメリット・デメリット

マンション経営にはメリットとデメリットがあります。メリットだけを見て経営をはじめると想定外のことで失敗しかねません。マンションを建てるためには莫大な資金が必要です。デメリットもきちんと理解しなければ、借金だけが残ることにもなりかねません。

マンション経営のメリットは、節税や景気変動にあまり影響されない、長期的な安定収入や資産価値という面です。管理は大変ですが、管理会社に委託もできます。

一方デメリットは、建築費用など初期費用が高い、ランニングコストが高い、空き室が多くなれば収入が大幅に減るなどがあります。他にも、老朽化すれば大きな修繕費が必要ですし、災害リスクも大きいです。このようなメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。

マンション経営のメリット・デメリット

投資用マンションとは?

投資用マンションは家賃収入を目的とするインカムゲインと、売却益が目的のキャピタルゲインがあります。また、新築か中古、1室か1棟にするのか判断が求められます。それぞれメリットとデメリトットがあるため、マンション投資を本格的にスタートする前の把握が大切です。

得られる利益を想定するには表面利回りとネット利回り(実質利回り)も知っておきましょう。どうやって購入するのか流れのポイントを知っておくことで、スムーズなマンション経営に繋がるでしょう。

投資用マンションについて詳しく見る

100坪の土地にマンション活用はできる?

100坪の土地にマンションを建てる場合、分譲はむずかしいですが、ワンルームなら現実的です。ただし、100坪にマンションを建てるなら、用途地域や建ぺい率、容積率、前面道路の幅員や地区計画や高度地区についても知らないといけません。

用途地域は全13種類あり、住居、商業、工場で分かれています。また、建物の制限である建ぺい率や容積率は守らなければなりません。前面道路の幅員や地区計画や高度地区は建物の制限です。この点を理解していないとマンション投資計画がすべてムダになりかねません。マンションの建築を検討するためにも、ぜ押さえておきましょう。

100坪の土地にマンション活用について詳しく見る

狭小地でもマンション建築は可能?

狭小地もマンション建築は可能ですが、条件を満たさなければなりません。容積率や建ぺい率が高いエリアでは、階層を増やした長細いマンション建築も可能です。また、都心の一等地では狭小賃貸の需要も高まっています。

狭小地は安価であり購入しやすいのはメリットですが、建築コストの高さ、狭くて、ワンルームマンション建築でもむずかしいなら、狭小アパート、狭小戸建、狭いスペースでも経営できる店舗建築も現実的な選択肢になるでしょう。

狭小地のマンション建築について詳しく見る

マンション建築のコツはあるの?

マンション建築で成功を収めるには、コツを把握しておきましょう。競合相手との競争に勝つために、ニーズに合わせた収支計画書を作成できる不動産会社選びや、初期費用をケチらず、魅力的な物件と感じてもらうための方法などを紹介しています。

管理を委託するなら管理会社選びも慎重にしなければなりません。サービスの質が悪い管理会社だとトラブル続きのマンション経営の可能性が高くなります。また、マンション経営にはリスクがあることも理解し、対策をしておくことが万が一の時に慌てなくて済む重要なポイントなのです。マンション建築を依頼する前にぜひチェックしましょう。

マンション建築のコツについて詳しく見る

田舎のマンション経営・アパート経営について

田舎でマンションやアパートの経営を行う場合、人口の多い都会のマンション経営とは異なるメリット・デメリットが生じます。そのため、田舎のマンション経営・アパート経営を成功させるためには、まず田舎ならではの特性や条件などをきちんと把握した上で、立地条件や地域のニーズなどを冷静に見極めることが必要です。

田舎のマンション経営・アパート経営に関して、メリット・デメリットや注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

田舎のマンション経営・アパート経営について詳しく見る

マンションオーナーになるためのポイントについて

マンションオーナーとして安定収入を目指すには、最初にマンション経営の仕組みや不動産投資のメリット・デメリットなどについて理解しておくことが不可欠です。また、マンションオーナーがマンション経営を成功させられるかどうかは、実際に物件を購入する前から正しい経営戦略を構築できるかどうかにかかっています。

そこで、マンションオーナーになる際のポイントや考えるべきメリット・デメリットについて、詳しくまとめました。

マンションオーナーになるためのポイントについて詳しく見る

マンション経営のキャッシュフローについて

キャッシュフローとは、事業によって得られる現金収入と、必要経費として支出した分との差額(現金残高)であり、マンション経営を安定して続ける上で、常にキャッシュフローの健全性を保って余裕ある経営を維持することが欠かせません。

マンション経営においてキャッシュフローが重要になる理由や、キャッシュフローを悪化させてしまうリスク要因などについてまとめています。

マンション経営のキャッシュフローについて詳しく見る

土地活用における等価交換

土地を所有しているものの使い道がない、マンション建築は初期費用がかかりすぎる、といった問題の解決策の1つとして、土地活用における「等価交換」というシステムがあります。

等価交換とは、不動産開発会社(デベロッパー)へ土地の全部、あるいは一部を譲渡し、デベロッパーがその土地へマンションを建てた後で、土地の価格に見合った物件の区分所有権を得るという契約です。等価交換の仕組みやメリット・デメリットをまとめました。

土地活用における等価交換について詳しく見る

定年後のアパートローン

定年退職後の収入源を確保しようと、定年後に新しくアパートローンへ申込み、アパート経営を始める人は少なくありません。しかし、アパートローンは事業性ローン(ビジネスローン)であり、定年後にアパートローンの審査に通ろうとすれば注意すべきポイントがあります。また、ローンを組めたとしても、破綻しないようリスク管理を考えておくことは欠かせません。定年後のアパートローンの審査や、ローンで失敗しないポイントについて解説しています。

定年後のアパートローンについて詳しく見る

マンション経営のリスクとは?

マンション経営は、成功すれば長期的に安定した収入を得られる不動産投資ですが、この世に失敗リスクのない投資は存在しません。そのため、マンション経営では大成功によって高収入を狙う前に、まず投資を失敗させないためのリスク管理が重要になります。

マンション経営で考えるべきリスクや、そもそもマンション経営を安定させるためにどのようなリスク管理を行わなければならないのか、詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

マンション経営のリスクについて詳しく見る

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)