高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション経営のキャッシュフロー

このページでは、マンション経営におけるキャッシュフローの考え方や注意点について解説しています。

キャッシュフローとは?

マンション経営には常に現金残高が重要

キャッシュフローとは、経営活動によって得られる事業収入の額と、事業を行うために必要な経費といった支出額の差額であり、手元に残っている現金の額を指す用語です。

キャッシュフローはあくまでも現金か、即座に現金化できる資産について考える概念であり、例えば1億円のマンションを購入して、5年後に1億2千万円で売却できるから、最終的に2千万円の収入を期待できるといった、将来の利益や債権などには適用されません。

マンション経営において、キャッシュフローを正しく計算して安定させることは、健全な経営を維持するために必要不可欠なポイントです。

キャッシュフローの不備がマンション経営を破綻させる

マンション経営では、突発的な修繕費が必要になったり、思いがけず入居者が退去してしまったりと、予測できないトラブルのリスクが常にあります。そのため、仮にその年全体の収益を見れば黒字経営になっていたとしても、即座に動かせる現金がない場合、故障した設備の修繕費を支払えなかったり、ローンの返済が滞ったりといった事態へつながりかねません。

所得計算とキャッシュフローの計算は異なる

家賃収入から所得を計算する場合、減価償却費やローン利息分などを必要経費として計上し、さらには税金の控除額といった点も考慮します。

一方のキャッシュフローは、あくまでも現金の収入と、実際の支払いをベースに考えなければならず、結果的に所得額とキャッシュフローでは大きな差が生じることもあるでしょう。

キャッシュフローに悪影響を与える要因

家賃滞納

想定していた家賃収入が失われるという状況は、キャッシュフローを減少させる極めて重大な問題です。

特に現金の余裕がない場合、入居者の家賃滞納によってローンを滞納しなければならなくなるかも知れません。

急な事故や故障

天災や人為的なトラブル、経年劣化による不具合など、マンション経営では設備の故障や修繕を切り離すことができません。その上、入居者がいる場合はオーナーとして速やかに修繕しなければならず、その分の費用はイレギュラーのマイナスとなります。

マンション経営以外での支出

マンション経営が順調でも、他の事業や個人的な理由によって現金を失わなければならなくなることもあるでしょう。

マンション経営の赤字は他の事業と損益通算することができますが、必然的に他の事業で大きな赤字を抱えてしまうと、マンション経営の余裕まで失う危険性が生じます。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)