高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

新築マンション投資と融資の受けやすさ

このページでは、新築マンション投資における融資や、中古マンション投資の融資などについて分かりやすく解説しています。

新築マンション投資は融資を受けやすい?

マンション投資において金融機関からの融資は重要

マンション投資を始めようと考えた際、金融機関からの融資を受けられるかどうかは重要なポイントです。

そもそもマンション投資では、最初に費用を捻出して物件を取得し、その後は賃貸料として家賃収入を得ながら初期費用を回収していくといった流れになります。また、初期費用を回収した後は、マンションそのものを資産として保有しながら、さらに家賃収入による利益を得られるといった二重のメリットを得られることも重要です。

一方、マンションを取得するためには、まとまった金額が必要になることも無視できません。理想的には自己資金だけで物件を購入し、家賃収入を得ていくことが最もシンプルかも知れません。しかし、実際には金融機関からの融資を受けて、物件の取得費用をまかなうことが一般的です。

金融機関からの融資を十分に受けられれば、自己資金は現金として保有し、投資開始後のリスクへ備えることができます。また、長期的な信用を得られて、利率も低めに設定されれば利息が減り、毎月の返済負担も軽減されます。そのため、マンション投資と金融機関からの融資は切っても切り離せない関係といえるでしょう。

中古マンション投資は金融機関からの融資を受けにくい?

金融機関が融資金額や融資期間を検討する上で、重視する要素の1つが法定耐用年数と築年数です。法定耐用年数とは、マンションの構造ごとに法律で定められている物件の耐久年数であり、確定申告時の減価償却の計算などにも使われる基準です。

法定耐用年数を超過しているからといって、現実的にその物件がいきなり崩壊したり、資産価値がゼロになってしまったりすることはありません。しかし、法定耐用年数は客観的に認められた指標の1つであり、物件の価値を考える上で重要なポイントになります。

一般的に、金融機関では対象物件の法定耐用年数を基準として、融資可能な期間を算出します。これは、耐用年数を超えた物件では価値が失われ、投資事業による収益の維持やローン返済が難しくなるかも知れないといった考えがあるからです。

そのため、例えば法定耐用年数が47年のマンション構造であっても、中古物件として購入した時点ですでに築年数が35年を経過していれば、実質的に残りの法定耐用年数は12年となり、ローン完済までの期間も最長12年となります。

しかし、12年間の返済では利息が高額になってしまい、現実的にキャッシュフローが破綻するかも知れません。すると、金融機関は最初から融資を認めないという判断を下すでしょう。

中古マンション投資では融資審査に通っても条件が厳しい?

仮に中古マンション投資で融資が認められたとしても、利息が高額であったり、返済期間が短期であったり、はたまた頭金として支払う自己資金が高額になるなどのデメリットがあります。

そのため、そもそも自己資金に相当の余裕がある場合や、他に十分な収入源を確保できているような場合を除いて、安易に高額ローンを組むことは危険です。

新築マンション投資は金融機関からの融資を受けやすい

新築マンションでは、法定耐用年数が完全に残っている状態で融資審査を受けられます。また、新築物件としての資産価値も考慮されるため、金融機関からの融資も受けやすくなっていると考えられます。

また、最新の法令に準拠している新築マンションであれば、調査や分析も簡単になり、場合によっては法定耐用年数を超える価値を認められるかも知れません。

そのため、中古マンションと新築マンションを融資の観点から比較検討した場合、一般的には新築マンションの方が金融機関からの融資を受けやすいといった結論へ達します。

新築マンションならサラリーマンでも融資を受けられる?

日銀のマイナス金利政策などの影響により、金融機関の中にも融資へ積極的な姿勢が増えてきました。また、新築マンション投資は事業性や投資計画を検討しプランニングしやすいということもあり、そこまで高収入でない人であっても金融機関からの融資を受けられるといった可能性が高まります。

また、マンション建築や土地活用を依頼した業者が融資の相談に乗ってくれることもあり、まずはどのようなプランが自分に適しているのか、将来的な可能性も考慮しながらじっくり考えるようにしてください。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)