高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション管理代行の手数料を抑えて収益幅を上げる

管理委託方式の導入にかかる手数料とは

マンション管理は代行したほうがお得?

オーナー1人で管理を回すのは至難の技です。そのため、多くのオーナーが管理会社へ代行してもらっています。

「清掃や住民のフォロー程度であれば自分でできるから勿体ない」と考え、実際1人で管理を行う人もいますが、大きな建物を維持し住民とコミュニケ―ションを取っていくのは骨が折れる業務。無理をしている割には行き届いた管理ができず、結果、住民たちの不満が溜まって人が入りにくくなる状態にもなりかねません。管理会社に適切な管理をしてもらったほうが、自分の時間もできて住民たちも住みやすい環境に繋がるのです。

マンション管理業務の内容とは

実際、管理業務とは何をするのかまとめてみました。

  • 事務管理業務
    マンション経営にかかる費用や家賃の管理、管理組合で行う予算案・決算案作成など主にお金まわりの業務。マンション内だけでなく町内会や官公庁など、外部の団体とのやり取りもあります。
  • 管理員業務
    外来者・居住者の対応や保守点検の立ち合いなど、マンションの管理人として問題が起こらないよう対応する業務です。
  • 清掃業務
    階段やエレベーターなど共有部分の清掃。マンションは定期的に大掃除を行って景観を保つことも大切です。ただ、業者が入るような大掃除は住民の生活に影響が出ることもあるので、管理員と共に住民をフォローする業務も含まれます。
  • 設備管理業務
    建物や屋外施設の点検。建物の周りに植木を置いていれば放置していると枝が伸びて歩行者に迷惑をかける可能性もあるため、剪定業者への依頼といった細かいやり取りも業務の一つに入ります。

マンション管理業務の一部を紹介しましたが、これだけでも一人で行うのは大変だとわかります。

手数料の算出式は「家賃×●%」

マンション管理会社へ支払う手数料は、
「家賃×管理コスト●%」
で、提示されます。

●に入る数字は請け負ってくれる管理業務の幅や管理会社によって異なります。
管理コストの相場は約5~10%です。

家賃10万円であれば、
100,000×5%=5,000
で、1部屋当たり5,000円の手数料がかかります。

管理コストのパーセンテージが高くなればその分手数料が高くなるので、管理会社を選ぶ際は、このパーセンテージを基本に手数料を計算するのが一般的です。

管理会社にお願いするなら管理費と対応業務をチェック

管理会社によっては、マンション建築時から相談できるところがあります。長く安定したマンション経営をしていくためにも、建物の造りからプロに見てもらった方が安心です。

一括借り上げと管理委託の違いは?

一括借り上げは入居者との契約から日々の管理業務まで、マンション運営のほとんどを管理会社に依頼する方式。自身で行うべき業務が残らないため、一括借り上げは楽ちんで良いと考える人もいますが、管理委託と比べるとかかる手数料は倍近くなります。

管理委託の手数料が5~10%に対して一括借り上げは20%。家賃10万円だとすると、2万円は管理会社のものとなります。30部屋のマンションだとすると、管理委託は手数料15万円に対して、一括借り上げは60万円と大きな差が生まれるのです。

収益を上げ続けるためには?

マンションを建築して利益を出し続けるには、建築から管理会社に見てもらうのがおすすめ。手数料が安ければ、マンション経営時の利益幅も期待できます。
当サイトで洗い出した管理会社の中で一番手数料がお得なのは「クラスト」。建築からお願いした場合は、手数料が無料になるとか。いまからマンションを建てる段階の人には耳寄りな情報です。
賢く会社を選んでより利益が残るマンション経営を目指していきましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)