高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理コスト無料

年間手数料目安最大0万円

住友不動産

管理コスト最大7%

年間手数料目安最大168万円

積水ハウス

管理コスト最大10%

年間手数料目安最大240万円

※年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » 押さえておきたいマンション経営の知識 » 経営するマンションの間取りによって利益は大幅に変わってくる

経営するマンションの間取りによって利益は大幅に変わってくる

アパート・マンション経営を行なうにあたっては立地・家賃・間取りがTOP3の重要度です。立地条件や市場調査に合わせた間取りは、極めて大切な要素となってきます。その物件の持つ市場から見た価値を高めるために、リサ-チをするにあたって重要なポイントを見ていきましょう。

選択肢として知っておきたい間取りとターゲット層

マンション経営を考える上で、選択肢として考えられる間取りは1Kから2LDK、3LDKなどさまざま。投資目的でマンションを購入・経営するなら、立地にあったターゲット層を考え、ターゲット層が求める間取りを選ぶことが重要です。

例えば、学校が近い文教エリアにあるなら、ファミリー層向けの間取りが人気。都心の通勤に便利な立地や、大学の近くであれば一人暮らし向けの間取りがおすすめです。ターゲット層ごとに、オススメの間取りについて詳しく解説していきましょう。

単身世帯向けなら1K・1R・1DK

学生さん向けの単身世帯向けの間取りと言えば、1R(ワンルーム)や1K(ワンケー)といった間取りです。
1Rとは、キッチンと居室の間に仕切りがなく、部屋が一つだけの間取り。バス・トイレ別が人気ですが、価格重視でバストイレが一緒の間取りを選ぶ層もいるでしょう。単身赴任者や一人暮らしの会社員、大学生向けの間取りです。

また1Rよりも少しだけ広さや使い勝手が良いのが1Rです。1Rは、キッチンと居室の間にドアなどの仕切りがあるタイプ。キッチンをよく使う方にとっては、部屋に調理の匂いなどがこもらないといった理由から人気です。

さらに広さや自炊しやすさなどを重視する単身世帯なら、1DK(ワンデイーケー)を選ぶ方もいるでしょう。1DKは、メインの居室に加えて、ダイニングキッチンがある間取り。ダイニングキッチンの広さもそれなりにあるため、単身〜カップル・夫婦など二人暮らし世帯にも人気のマロドリです。ダイニングキッチンの広さは、4.5畳〜8畳未満が多いです。

カップル・新婚夫婦向けなら1DK〜2DK

1DKからさらに広くなり、居室2部屋とダイニングキッチンがある間取りを2DK(2ディーケー)と呼びます。2DKは、カップルや新婚夫婦以外にも、ルームシェアを友達同士でしたいという方にも人気の間取り。
2つの居室をどう使うかによってライフスタイルが変わります。例えば1部屋をリビングに、もう1部屋を2人の寝室にするのも良いですし、カップルでそれぞれの居室を自分の部屋として使うのもありでしょう。
自宅で仕事をするフリーランスの方などの場合、1部屋をオフィススペースとして、もう一部屋を寝室として使うという方もいるようです。

30代の単身世帯やら子供を持たない夫婦向けなら1LDK・2LDK・3LDK

1DK、2DKと異なり、居室やダイニングキッチンにプラスしてリビングがある1LDK、2LDKタイプのマンションはお金に余裕のある30代の単身世帯や、共働きのDINKS世帯、子どもがまだ生まれていない夫婦向けの間取りとして人気です。
2LDKなら将来子どもが生まれても、子ども部屋として1室を使うことができるため、長く住み続けることを考えて2LDK(もしくは3LDK)の間取りを選ぶ世帯も多いでしょう。
小学校や中学校などが近く、将来子育ても視野に入れた家探しをしている世帯の入居者が多そうな立地なら2LDK〜3LDKの間取りもニーズがあるでしょう。

人気の間取りは一体どれ?

入居者のターゲット層ごとに、ニーズのある間取りをご紹介しましたが、他にも「風呂トイレ別」や「南向き」「システムキッチン」など人気の間取り条件は色々あります。少しだけ、人気の間取りのポイントをご紹介してみましょう。

風呂トイレ別

単身世帯向けの間取りでも根強い人気があるのが風呂トイレ別の間取りです。
その名の通り、お風呂とトイレが別々になっている間取りで、女性にも人気。家賃相場はユニットバスタイプよりも高めとなりますが、自宅でのくつろぎを重視するという方には人気です。学生さんが多いエリアでは高めになってしまうかもしれませんが、会社員など単身赴任者・ビジネスパーソン向けのマンションであれば、風呂トイレ別のほうが入居者が集まりやすいこともあります。

収納スペースの充実

マンションなど新しい住まいに入居する際に、入居者が重視することが多いのが収納スペースです。
例えばウォークインクローゼットがあったり、ロフトがあるなど収納スペースが多めだったりする間取りは、単身・夫婦・カップル・男女などどんな属性の入居者にも人気があります。

システムキッチン

カップルや夫婦などのターゲット層に人気なのが、使いやすいシステムキッチンです。
システムキッチンとは、作業スペースやコンロ、シンクが一体型となっているタイプのキッチン。料理や掃除がしやすく、新築物件の多くで採用されているタイプです。
マンションの場合コンロ〜シンク〜作業スペースが一列になり、壁付となっているタイプが多いですが、他にもL字型やカウンタータイプなどキッチン一つとっても間取りのバリエーションはさまざま。
特に料理をするような方は、キッチンの間取りを重視することも。夫婦・カップル層をターゲットとしたマンション投資をする際には、キッチンが人気のタイプかどうかも考えてみるといいでしょう。

この記事を見た人はこのページも見てます

経営にかかる資金

実際の金利と期間を考える

マンション経営を法人化するメリット・デメリット

マンション経営であると有利な資格

節税対策の効果

利回りと計算方法

サブリース(一括借上)のリスク

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理コスト

    無料

    年間手数料目安

    最大0万円

    入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!建物は、耐久性が高い壁式鉄筋コンクリート造。高収益&長期経営が期待できます。

    公式サイトを見る
  • 住友不動産

    管理コスト

    最大7%

    年間手数料目安

    最大168万円

    専門家が連携して賃貸経営をサポートする「エキスパート制」に対応。木質工法によるローリスク&高収益の経営計画を提案しています。

    公式サイトを見る
  • 積水ハウス

    管理コスト

    最大10%

    年間手数料目安

    最大240万円

    「一括借り上げシステム」などで長期経営をサポートする管理システムが特徴です。建物は、耐震性に強みがある低層賃貸住宅を採用。

    公式サイトを見る

年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2400万円)をモデルケースとしています。