高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション経営であると有利な資格

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、マンション経営をするにあたって、一番に取得しておきたい資格です。宅地建物取引士の業務とは、不動産の契約をする際の重要事項を説明すること、重要事項説明書に記名や捺印を行なうこと、契約書に記名や捺印を行なうことなどで、不動産の取引をするためには宅地建物取引士が必要となります。

不動産の取引をする方全般におすすめの資格ですが、不動産の種別や構造に関する知識を得られるため、マンション建築の際に非常に役立ちます。また、民法、宅建業法など不動産関連の法律や、権利、法令に関する知識も習得可能なので、マンション経営を開始してからも活用できる資格です。

宅地建物取引士の資格を取得しておけば、不動産会社からの説明がより理解しやすくなり、入居者との契約をより安全に交わすことができるようになります。また、信頼性の高い不動産仲介業者や管理業者を選択するためにも欠かせない資格です。

資格試験について

宅地建物取引士の資格試験は、1年に1回、10月の第3日曜日に行なわれます。試験は都道府県単位で行なわれるため、どこにお住まいの方でも近隣の会場で受験することができます。試験の内容は次のとおりです。

(1) 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造、種別に関すること
(2) 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
(3) 土地及び建物についての法令上の制限に関すること
(4) 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
(5) 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
(6) 宅地及び建物の価格の評定に関すること
(7) 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること

出典:一般財団法人 不動産適正取引推進機構:宅建試験のFAQ

試験合格率は15~17%と言われていますが、難関というほどではなく、試験内容に沿った学習をしっかりと行なっていれば、合格することは難しくありません。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、お金に関するプロフェッショナルになるための資格です。資産運用や資金に関する計画を立てることや、投資のリスク管理ができるようになる他、相続や不動産に関することも学びます。

不動産関連で習得できることは、不動産の購入や売却などの取引についての規制や、課せられる税金について、契約についてなどです。また、収支に関する計算や資金と住宅ローンの必要性についての見極め、長期的な資産運用についての知識を得ることもできるため、マンションを建築する段階ではなく、マンション経営を始めてから役立つ資格だと考えられます。

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得しておけば、不動産会社や管理会社に頼ることなく、投資としてのマンション経営を自分自身で行なっていくことができるでしょう。お金について学ぶことで、経営におけるリスクを軽減できることも魅力です。

資格試験について

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格には「FP技能士1~3級」「AFP認定者」「CFP認定者」の3種類が存在し、さらにFP技能士では、1~3級までの3種類の難易度が用意されています。このうち、国家資格となるのはFP技能士だけであり、AFP認定者とCFP認定者は民間資格です。

FP技能士2級が一般的な難易度となっており、試験の内容は、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続・事業継承」の6つのジャンルから構成されています。2級の不動産関連学習で習得できる知識は次のとおりです。

1.不動産の見方
2.不動産の取引
3.不動産に関する法令上の規制
4.不動産の取得・保有に係る税金
5.不動産の譲渡に係る税金
6.不動産の賃貸
7.不動産の有効活用
8.不動産の証券化
9.不動産の最新の動向

出典:日本FP協会:2級 試験範囲

例え試験に合格できなかったとしても、これらの内容を学習するだけで、マンション経営に有利に働くことは間違いないでしょう。

マンション管理士

「マンション管理適正化法」が、平成12年から施行されたことを受けて作られた資格です。マンション管理士の業務は、マンション管理規約を作成することや修繕のための計画を作成すること、入居者への対応を行なうことなどです。入居者への対応の中には、クレーム対応や相談の受付の他、家賃や管理費用の督促なども含まれています。

マンション管理士の資格を取得すると、マンションに関する法律を学習できるため、法に基づいた適切なマンション管理ができるようになります。また、建物の構造に関する技術的な問題についても学べるため、マンションの建築や維持管理についての知識も習得可能です。

資格試験について

マンション管理士の試験は、1年に1回行なわれ、平成30年度の場合は11月25日(日)に行なわれました。現時点で、平成31年以降の試験スケジュールは公開されていません。平成30年度の試験の内容は次のとおりです。

(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
(2)管理組合の運営の円滑化に関すること
(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

出典:国土交通省:マンション管理士になるには

試験の合格率は決して高くはありませんが、マンション経営をする上で知っておきたい知識を、豊富に学習することができます。試験地は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇など一部に限られていますが、ぜひ挑戦しておきたい資格です。

不動産実務検定

不動産実務検定は国家試験ではありませんが、賃貸経営に必要な実務知識を学ぶことができます。賃貸物件を所持している大家を対象とした検定試験なので、マンション経営に関する知識だけを学習することができ、学んだことが無駄になることはないでしょう。

2級と1級の2種類がありますが、2級では空室リスクに関することを学習します。物件の需要予測や人口動態、募集についての技術を学べるため、より安定したマンション経営を目指すことが可能。1級では土地の活用や収支計画の作成方法、建築基準法や民法などの不動産関連の法律について学べます。

2級の場合はマンション建築に直接役立つわけではありませんが、投資家として安定した経営を行なっていきたいという方におすすめの資格です。1級を学習すれば、建築基準法についての知識を得られるため、マンションの建築から経営まで、幅広い場面で知識を活用できるようになります。

資格試験について

不動産実務検定の資格を取得するためには、2種類の方法があります。認定講座を受講して修了試験に合格する方法と、独学で学習を行い、全国のパソコン教室で受験する方法の2種類です。

認定講座を受講する場合は、2級、1級ともに認定校にて全12時間の講座を受講して、最後に修了試験を受けます。2級は39,720円、1級は94,800円の受講料が必要です。独学で受験する場合は、パソコン教室にて希望する日程で受験することができ、合否は即日に判明します。また、2級、1級ともに資格を取得できた場合、別途、マスター認定試験を受けることもできます。

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理のエキスパートであり国家資格です。管理業務主任者は、契約締結前の重要事項説明や重要事項説明、契約書への記名と押印、管理事務報告などの重要な業務を行えます。この業務は管理業務主任者しかできません。

通常は分譲マンションを購入すると、マンション所有者が管理組合を結成して管理を行います。またはマンション管理会社に管理業務を委託することがほとんどです。

ただし、管理会社は管理組合30組について一人以上の割合で専任の管理業務主任者を置かなければならないと、マンション管理適正化法56条で定められています。

そのため、管理業務主任者はマンション管理適正化法の内容が変わらない限り需要がある国家資格なのです。マンション管理適正法などの法令や管理組合の財務に関する知識も勉強するため、マンション経営にも役立ちます。

資格試験について

管理業務主任者試験は一般社団法人マンション管理業協会により実施されています。受験料として、8,900円(非課税)が必要です。令和元年の実施期間は12月1日の日曜日でした。毎年1回12月の上旬で日曜日の実施です。時間は13:00~15:00で全国8地域となっています。

東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・広島・福岡・那覇の協会本部・各支部所在地です。試験範囲は下記のとおりです。

マンションの管理の適正化の推進に関する法律施行規則第64条で規定されている項目
想定される管理業務主任者試験の内容
1.管理事務の委託契約に関すること
2.管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること
3.建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
5.1.から4.に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること

出典:国土交通省:管理業務主任者になるには

住宅診断士(ホームインスペクター)

住宅診断士(ホームインスペクター)は、住宅診断を行う専門家です。住宅の劣化や欠陥箇所、改修箇所や時期や大体の金額まで見極める業務となります。NPO法人ホームインスペクターズ協会が個人に対して付与する民間資格です。

マンション経営を検討する場合、住宅診断士の資格を持っていると、業者に依頼しなくても自分自身で劣化状況や改修しなければならない箇所と費用まで判断できます。また、早めに対処できるため、マンションの長寿命化も期待できるでしょう。不具合による購入者とのトラブルも事前に防げるのも魅力です。

構造や設備などの良し悪しも判断できますし、入居検討中の方へ正しい情報によるアピールができます。

2009年に第一回目の認定試験が実施され、それまでは中古木造一戸建てが試験対象でした。ただ、2012年から既存マンションが試験対象として追加されています。

資格試験について

2020年度からは試験の方式がCBT方式となりました。CBT方式とはコンピューターを使用した受験のことです。

試験会場は、全国約270以上のCBT試験会場(テストセンター)から選べます。試験時間は90分で、受験料は14,000円(税込)誰でも受験可能です。

合格発表はホームインスペクターズ協会のホームページで発表。同日に合否結果と得点を全受験者に、郵送で発送されます。出題範囲は下記の通りです。

・住宅に関わる建築の法規や実務範囲のガイドラインに関すること
建築基準法、建築士法、住宅の品質確保の促進法に関する法律、2019年4月1日現在で施行されている法律に準拠
・主に木造住宅、マンションの構造部材等の名称に関すること
・住宅の給排水、衛生、空調、電気設備等などに関する呼称や一般的な仕様に関すること
・木造住宅、マンションの施工に関すること
・木造住宅、マンションの劣化の判断に関すること
・住宅の調査・診断方法に関すること
・報告書の作成に関すること
・一般的な住宅の売買・取引の形態や契約に関すること
・業務に関するコンプライアンス、モラル、マナーに関すること

出典:合同会社LPエデュケーション:2020年度第12回 JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験要領

2009年初年度から2019年までの受験者数は11,282人です。合格者は3,136人で合格率は平均27.8%となっています。建築知識だけではなく、不動産取引、倫理など総合的にバランスが取れた知識と理解が必要です。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する専門家です。賃貸住宅の知識だけではなく、技能や倫理観まで幅広く備えています。

マンション経営において、賃貸不動産管理業務に関する専門知識があれば、入居者からの信頼度も高くなるでしょう。

平成20年には、国土交通省により、賃貸住宅管理業の登録制度を創設しています。賃貸在宅管理業務で一定のルールを設け、借主と貸主の利益を守ることを目的として創られました。また、平成28年に賃貸住宅管理業者登録制度が改正され、賃貸不動産経営管理士は重要な役割を担うことにもなったのです。

賃貸住宅管理に関する重要事項説明や重要事項説明書への記名と押印。賃貸住宅の管理受託契約書の記名と押印。事務所における資格者の設置義務などです。

賃貸不動産管理業の業務範囲は、管理業務受託契約や、入居者募集から契約、契約期間中の管理業務や、契約終了までの管理業務まで全般をカバー。支援業務として管理業務報告や、節税や相続や提案、不動産証券化業務の知識も持てます。

資格試験について

毎年11月に全国統一試験が実施されている試験です。試験会場は北海道から沖縄までの全国24地域で実施されます。

出題形式は四肢択一50問ですが、免除講習修了者の場合、5問免除されます。試験の出題範囲は以下の通りです。

賃貸管理に関する実用的な知識を有するかどうか等を判定することに基準を置くものとし、試験すべき事項はおおむね次のとおりとする。
賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
管理業務の受託に関する事項
借主の募集に関する事項
賃貸借契約に関する事項
管理実務に関する事項
建物・設備の知識に関する事項
賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案、不動産証券化、税金、保険等)
問題中法令に関する部分は、令和2年4月1日現在施行されている規定に基づいて出題する。ただし、同日以降に施行される法令に関する問題を、その旨を明示したうえ出題する場合もある。

出典:賃貸不動産経営管理士:令和2年度 試験実施要領試験出題範囲

令和元年の結果は受験者数23,605人です。管理士講習修了者は6,882人。合格者は8,698名で、管理士講習修了者は2,641名という結果でした。合格率は全体で36.8%となっています。そのうち管理士講習修了者は38.4%です。

電気工事士

電気工事士はマンション経営において非常に役立つ資格です。人が住む住居において、電気が不要なところはありません。ただし、電気設備に関する業務は危険を伴いますし、半端な知識のままで作業しようとすると大きな事故につながる可能性があります。そのため、資格がなければ電気工事を行えません。

電気工事が必要になったとき、業者に依頼するとどうしてもコストがかかります。オーナーが電気工事士の資格を持っていれば、自分で解決できる範囲も広がるため、コスト節約にもつながるのです。

また、入居者からも「すぐに対応してもらえそう」「相談に乗ってもらえそう」と期待と信頼を寄せられるでしょう。

資格試験について

試験範囲は下記のとおりです。

【第一種電気工事士試験】
■筆記試験
1.一次試験
次に掲げる内容について試験を行い、解答方式はマークシートに記入する四肢択一方式により行います。
(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気応用
(4)電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
(5)電気工事の施工方法
(6)自家用電気工作物の検査方法
(7)配線図
(8)発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
(9)一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令

■技能試験
筆記試験の合格者と筆記試験免除者に対して、次に掲げる事項のうちから、持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法で行います。
(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
(4)電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
(8)自家用電気工作物の検査
(9)自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

【第二種電気工事士試験】
■筆記試験
次に掲げる内容について試験を行い、解答方式はマークシートに記入する四肢択一方式により行います。
(1)電気に関する基礎理論
(2)配電理論及び配線設計
(3)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
(4)電気工事の施工方法
(5)一般用電気工作物の検査方法
(6)配線図
(7)一般用電気工作物の保安に関する法令
■技能試験
筆記試験の合格者と筆記試験免除者に対して、次に掲げる事項の全部又は一部について行います。
試験は、持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法で行います。
(1)電線の接続
(2)配線工事
(3)電気機器及び配線器具の設置
(4)電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
(5)コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
(6)接地工事
(7)電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
(8)一般用電気工作物の検査
(9)一般用電気工作物の故障箇所の修理

出典:一般財団法人電気技術者試験センター 第一種電気工事試験・第一種電気工事試験

第二種電気合格率は筆記で60%、技能で70%で、第一種も、筆記試験は約40~50%、技能試験も60%ですから、事前にしっかりと対策しておけば合格できる可能性は高いでしょう。

電気工事士試験は第一種と第二種があります。第二種電気工事士は年2回実施。試験会場は47 都道府県に試験地を設けられています。

資格以外にも有利な条件」

マンション経営をする上で資格以外にあったほうがなにかと有利になる条件があります。その条件と共に資格も持っていれば鬼に金棒でしょう。こちらでは、資格以外に信頼を得やすい条件をご紹介していきます。

高年収

高年収の方は、入居者や金融機関の信頼も得やすくなります。マンション経営では、さまざまなリスクやお金の支払いのことも考えなければなりません。マンションを建てれば賃料で利益を得られるといっても、突発的なトラブルがあれば、即座に対応できない可能性があります。

たとえば、当初の予想より空室が多い状況になったときや、自然災害の被害にあったときなどに慌てるだけになりかねません。その点、高年収で賃料以外にも収入がある方なら安心です。とつぜんの支出であっても落ち着いて対応できます。

土地を所有している

相続した土地を持っている方も、マンション経営では有利に働きます。マンション経営をはじめるには大きなお金が必要です。施工費用はもちろんですが、土地がなければ購入費用も用意しなければなりません。場所にもよりますが、土地を取得するのも大金が必要です。

金融機関のローンを活用する際にも、総合的な返済金を少なくできます。土地を持っているだけでもマンション経営は有利に働くのです。ただし、土地を持っているとしても、マンションを建てても入居者が集まりそうにない場所では、意味がありません。マンション経営を検討する際には、その点も考えなければなりません。

自己資金が豊富

自己資金が豊富な方も高年収の方と同じくアパート経営では有利です。トラブルがあり、とつぜんの支出が必要となっても、慌てず落ち着いて対応できます。事前に、なにかあったとき対応するための費用などを用意する余裕があれば、怖くありません。

金融機関のローンについても少なくできるため、返済できなくなるなどのリスクが非常に低くなるのです。また、自己資金が豊富であれば、マンションを建てる土地の選択肢も大きく広がります。確実に入居者が集まるような人気エリアにマンションを建てることもできるでしょう。

上場企業に勤務している

上場企業に勤めているなら、金融機関も安定性と退職金という安心できる理由があるため、ローンなども通りやすく有利です。金融機関が一番恐れるのは、融資しても回収できなくなることでしょう。とくにマンションを建てる費用は数億円かかります。

上場企業なら、中小企業より倒産のリスクも低いと判断されやすいのです。また、給与やボーナス、退職金も大きな金額となります。入居者もオーナーが有名な上場企業に勤めている人なら、安心感が違うでしょう。そのため、マンション経営で有利になるのです。

資格の取得・勉強以外のスキルアップ方法はある?

マンション経営で有利になる資格や条件は色々とありますが、マンションオーナーとしての経営力を育てるために必ずしも資格や特別な条件がいるとは限りません。ここでは、資格取得のための勉強などとは別の角度から、マンション経営者としてスキルアップを目指す方法を解説します。

他のマンションオーナーの体験談を読む

マンション経営やアパート経営に関連した指南書やハウツー本は世の中に数多く出回っており、その中には実際に書籍の執筆者がマンションオーナーとして経験した知識や体験をまとめたものも少なくありません。

当然ながら、それらは著者がオーナーや大家としてマンション経営に携わっていた頃の体験談であり、時代や地域が異なれば状況も大きく変わってきます。しかし、マンション経営では思いがけないリスクも多く、他の人がどのような失敗やトラブルに見舞われ、そんな時にどう対処したり何を感じたりしたのか知ることは、読み物として面白いだけでなく、自分自身が心の準備をする上でも役立つでしょう。

オーナー体験者が経験を語る動画を観る

書籍だけでなく、現代では動画配信サイトなどで積極的に体験談を語っているマンションオーナーや不動産投資家もいます。

多くの動画は無料で視聴できる上、動画には他の視聴者がコメントや評価をつけていることもあり、動画の内容だけでなく視聴者のコメントまで参考になるでしょう。

オーナー同士のコミュニティや経営セミナーへ参加する

書籍や配信動画による情報収集が、基本的に体験者からの一方的な情報提供にもとづいているとすれば、マンションオーナー同士が集うコミュニティへ参加して話を聞くことは、双方向のコミュニケーションといえます。

書籍や動画だけでは解消できなかった疑問や、あらかじめ聞いておきたい注意点など、自分が考えるポイントに答えてもらえるチャンスは積極的に活用しましょう。

また、不動産投資や企業経営のスペシャリストを講師として招き、マンション経営で取り組むべき工夫や税制上の注意点など、色々な話を多角的に学べるセミナーも魅力的です。

自分の目と足で物件を探す

魅力的な物件ほど、なかなか市場に情報が公開されなかったり、不動産会社が得意先へ優先的に情報提供していたりといったケースもあります。

そのため、不動産会社から紹介される物件ばかりを見るのでなく、時には自分自身が顧客や入居者希望者の立場で新しい物件を探して、客観的に情報収集を行っていくことも大切です。

この記事を見た人はこのページも見てます

経営にかかる資金

実際の金利と期間を考える

マンション経営を法人化するメリット・デメリット

経営するマンションの間取りによって利益は大幅に変わってくる

節税対策の効果

利回りと計算方法

サブリース(一括借上)のリスク

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)