高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » 押さえておきたいマンション経営の知識 » マンション経営をはじめることのメリット・デメリットとは

マンション経営をはじめることのメリット・デメリットとは

マンション経営にはメリットもありますが、デメリットもあります。メリットばかり見ていると、デメリットで大きな落とし穴にはまる可能性があるのです。両方をきちんと知ることは、マンション経営を成功させるためにも必要です。こちらではマンション経営に関するメリットとデメリットをご紹介します。

マンション経営のメリット

まずはマンション経営のメリットをご紹介します。メリットはマンション経営の夢が広がるものです。どんな利益を得られるのか知れば、マンション経営の魅力を深く理解できます。

節税効果が得られる

節税効果が期待できるのは大きな魅力です。相続税評価額が下がる、固定資産税の軽減措置、減価償却費用の計上期間が長い点です。土地にマンションやアパートなどの賃貸物件を建てると、土地の相続税評価が、評価減により評価額が下がるのです。また、建物への税も、借家複合割合による評価額が適用されます。そのため現金による相続より相続税が安くなるのです。

固定資産税も土地のままより建物を建てれば軽減されるのです。借家ではもっと固定資産税は下がります。また、減価償却費用の計上期間が長いのもポイントです。取得した費用を経費で計上できるため、結果的に所得税の節税につながります。特にマンションの法定多様年数は長いため、比例する減価償却費用の計上期間も長くなるのです。

景気の変動に強い

マンション経営は景気変動の影響をあまり受けません。マンションは人が住む場所なので必要不可欠です。

もちろん、自然災害や周辺環境が大きく変化するほどの景気変動があれば話は別ですが、通常、半年間で家賃収入が半分になるケースはほとんどありません。

長期で安定した収入を得るのに向いている

長期的に安定収入が得られるのも魅力です。入居者さえあり、空室がまったくなければ長期的に安定収入が得られます。戸数が多いため、少々空室があっても他の部屋に入っていればカバーもできるのです。

また、空室が生まれても広告を出すなど対策ができます。ローンを返済できれば、金銭的な負担も大きく減り、年金としても使えるのです。

資産が残る

RCやSRC構造のような鉄筋コンクリート造は価値があります。将来的に、売却を検討したときも、買い手が現れる可能性が高いのです。木造アパートと比較しても資産価値があります。資産として残すことを考えるなら、マンションでしょう。

管理会社に経営を委託すると手間が省ける

マンションは戸数も多いため、自主管理はなかなか大変です。ただ、管理会社に委託すれば管理の負担を軽くできます。管理会社には手数料を支払わなければなりませんが、家賃の徴収や、物件案内や募集、クレーム対応まで多くを任せられるので、何もしなくても家賃収入を得られるのです。

マンション経営のデメリット

マンション経営はメリットばかりではありません。デメリットもしっかり理解して対策をすれば、リスクによるトラブルを回避できます。

初期費用が高い

アパートと比較すると、建物自体の規模が大きくなるため、初期費用は高くなります。土地まで購入するとなれば数億円は必要です。空室がなければ確実な収益を得られますが、なにかしらの原因で空室が増えてしまうと借金だけ残ったという羽目になりかねません。

ランニングコストも高くなる

ランニングコストも高くなります。ローン返済や固定資産税などの税金、原状回復のための費用も大きいです。他にも保険料や共用部分の修繕費用も安くありません。管理会社に依頼をするなら、管理委託手数料の支払いも出てきます。

空き室があると収入が途絶える

マンションは空室リスクは少ないですが、絶対的なものではありません。建てる場所をミスした、人が入居を避ける理由があれば空き室が増えます。入居者が少なければ、収入が減るのは必然です。

物件が老朽化する

RCやSRCのような強固な構造でも、永久に建てたばかりの状態は保てません。劣化すれば修繕が必要です。老朽化が目立つような状態なら、家賃を安くするなどしなければ空室が増えてしまいます。修繕金の積立などが必要となりますが、高額にすればやはり入居者が敬遠してしまうのです。

災害によるリスクが伴う

マンション経営では災害は絶対避けたいトラブルでしょう。火事や台風や地震によってマンションが壊れたとします。また、建物の大部分を失ってしまったら、修理費も莫大になります。火災の場合は、火災保険である程度は賄うことができますが、地震保険は任意です。

地震保険は高額ですし、支払い負担も大きくなります。災害で補修をするとしても家賃による利益は発生しません。

また、自殺、殺人事件もオーナーにとっては恐ろしいトラブルです。入居者の流失、噂を知った募集者が敬遠することも考えなければなりません。1室だけではなく、建物全体に悪影響を与えてしまうのです。

そもそもマンション経営とはどんなこと?

マンション経営は、マンションを購入して賃貸として人に貸し出します。その家賃収入を得るのがマンション経営です。

マンション一棟建てて貸し出す、一部屋だけ購入して貸し出すタイプがあります。マンション一棟建てるのはよほどの資産家でなければむずかしいでしょう。一部屋購入して貸し出すのはサラリーマンでも行っています。

メリットとデメリットを熟知して失敗しないマンション経営を

マンション経営ではメリットだけではなくデメリットもしっかり熟知しなければなりません。大きな金額が動くため、リスク管理も必要です。メリットばかり見てデメリットを見て見ぬふりをしていたら、問題が生じたとき後悔する羽目になります。そうならないよう、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)