高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション建築はコツを知ろう!

マンション建築で成功するにはコツがあります。コツを知らないと計画を立に苦戦するだけでなく、下手をすれば大きな損失を生む可能性もあります。マンション建築は大きなお金を投資しなければなりません。マンションを建てればすぐに満室になり安泰は簡単ではないのです。

駅前や住宅街を見回してください。大小多くのマンションが建っています。高級感あふれるタワーマンションからおしゃれなデザイナーズマンションまで多種多様です。郊外に行ってもマンションは建っています。

マンション以外にアパートも多いです。入居者募集と看板もあるでしょう。インターネットのポータルサイトを見てもすぐに物件は見つかります。どの物件も入居者の取り合いで競争に勝たなければなりません。

マンション建築で成功を収めるためにもコツをつかんで「勝ちやすい状況」を作らなければならないのです。

競争に勝てるマンションをプロに相談する

口で言うのは簡単で、実現するのが難しいのが「競争に勝てるマンションにする」ことです。マンションを探している人が「ぜひ入居したい」と思える内容にしなければなりませんが実践は困難を極めます。

たとえばターゲットも考えないのは無謀です。単身者、ファミリー層、年齢などで住みたいマンションは異なりますし、単身世帯とファミリー層では間取りも必要な面積も設備も違います。

まずはターゲットを決めてどんなマンションを求めているか見極めなければなりません。そのためには市場調査をプロに相談しましょう。土地活用に強い不動産会社は市場調査から建築まで対応しています。ただし、複数社に聞いてさまざまな意見を集めて参考にしてください。

各社で商品、建築コスト、ランニングコストや収支計画書に違いがあります。その点も考慮し、本格的に相談する不動産会社を見つけたほうがいいでしょう。

初期費用をケチると魅力も下がる

初期費用をケチると成功は遠ざかります。たとえばグレードの高い設備にすれば費用がかかるのは当然です。では設備のグレードを下げたらどうなるでしょうか。

人は設備が充実した競合マンションに目を向けるでしょう。カラーテレビもモニター付きインターホン、防犯と防災設備、床暖房や節水型トイレ、フルオートバスシステムなど設備が充実していれば生活利便性は高まります。

新築でも魅力は薄れ空室リスクが高まるのです。しかし、やみくもに設備をよくすれば投資費用は莫大なものになるのも問題です。そこで、ターゲットを明確にし「なにが必要か」考えると、必要な設備が見えてきます。

長期的な視野を持って収支計画を考える

収支計画書は長期的な視野を持って検討することが大切です。新築物件も中古物件でも、時間が経過すれば劣化してしまうため、修繕費用も考えなければなりません。新築時点での家賃収入が何十年も続くと決めて収支計画書を作れば、将来的に大きな問題となります。

家賃の下落対策は定期的なメンテナンスや設備の更新も必要です。その点も踏まえ、不動産会社や建築会社に相談するときは長期的な視野で収支計画書の作成に取り組んでください。

家賃の下落、修繕費用のこと、諸々の情報を踏まえた収支計画書を作成すれば、後々「空室ばかり」「修繕費が不足」「設備トラブルでクレーム増大」などの問題を避けられます。

管理会社の選定は慎重に行う

マンション建築後、自分ですべて管理をするのは経験者でないと難しいもの。また、経験者であっても管理する数が多くなると、時間に追われてしまうでしょう。その解決策のひとつとして、管理を専門の管理会社に任せる方法があります。

ただし選定は慎重に行いましょう。「管理会社の対応がいいかげんで、掃除も行き届いていない」「クレーム処理で大きなトラブルに発展した」「家賃滞納者が増えた」となれば元も子もありません。

選ぶ際には、管理委託手数料が安いといった価格だけで選ぶのではなく、手数料がやや高めに感じたとして、管理サービスの質が高い会社を選ぶことで、トータルで見た際の損失は軽減するはずです。

「マンション入居率は高いか」「仲介部署の有無」「対応スピード」「担当者の雰囲気や相性」「エリアを熟知している」などで信頼できる管理会社を見極めてください。

マンション投資にはリスクが伴うことも理解しておく

マンション経営はリスクもあるため冷静に対策が大切です。時間の経過による家賃の下落には定期的なメンテナンスやそのための費用の積み立て、設備の更新で対策しましょう。管理は対策マニュアルを作成しておくのも対策のひとつですし、信頼できる管理会社に任せる、問題を起こさない入居者の選定も対策になります。

また、疎かにしがちなのが災害に対するリスクです。建築予定を予定している土地のハザードマップや、その土地で過去に災害がなかったかを確認しましょう。災害に関する保険への加入も必須です。火災や地震などの災害に対し、保証内容と範囲、すべてのリスクに対応できるかどうかチェックしましょう。

マンション建築ではコツをつかんで成功を引き寄せる

マンション建築ではコツを理解して成功を引き寄せましょう。競合との競争に勝つため、ターゲットを明確化し、必要な設備を充実させることは重要です。長期的な視野を持った収支計画書の作成、管理委託するなら信頼できる管理会社を選定してください。また災害リスクにも備えてしっかりと対策をしましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)