高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

【賃貸専門】高収益が期待できるマンション建築会社ランキング » 高収益が期待できるマンション建築会社選び3か条

高収益が期待できるマンション建築会社選び3か条

ここでは、高収益を期待できるマンション建築会社を選ぶために重視したい、3つのポイント「管理コスト」「実績」「建物性能」について紹介しています。

管理コストを見極めるべし

賃貸マンションの管理業務は、大きく分けると建物に関連する業務=ビルメンテナンスと賃貸経営というビジネスの業務運営=プロパティマネジメントの2つがあります。どんな業務を管理会社に委託することになるのか、まずはその概要を把握しておかなければ、管理コストという経費のコストパフォーマンスを精査することもできません。

詳細ページでは、賃貸管理の主な業務をリストアップするとともに、それらを実践する3つの方法として一括借上げ方式委託管理自主管理について解説しています。アウトソーシングする場合の手数料相場も紹介しているので、経営の収支計画の参考にしてください。

賃貸管理の費用などについて詳しく見る

実績を調査すべし

ここでいう実績には賃貸マンションの施工実績も含まれますが、単に各社の商品ラインナップや事例の写真を見るだけではあまり意味がありません。必要なのは、賃貸マンションの建築及び管理・運営の実績が豊富かどうかをチェックすること。そうした意味合いで、マンション建築会社の公式サイトを見比べたり、問い合わせをする際に確認しておくべきポイントなどを詳細ページでリストアップしています。

マンション建築の実績について詳しく見る

建物性能を重視すべし

今時の都市型賃貸マンションであれば、耐震性・耐久性・耐火性・遮音性・断熱性・空気環境性(シックハウス対策)などの性能で見劣りするような物件だと、中長期にわたって安定した収益を上げていくのは難しいといわざるを得ません。

詳細ページではマンションの建物性能でチェックすべきポイントをまとめていて、これはいずれも入居者から見て安心安全につながるようなものでもあります。そして、賃貸物件としてはできるだけ長期にわたって資産価値をキープできる性能こそ、物件オーナーにとってのメリットになります。同様の意味合いで、「鉄骨工法・RC工法・WRC工法」といったマンション建築の工法についても特性を理解しておきましょう。

マンション建築の工法や性能について詳しく見る

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)