高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

実績を調査すべし

信頼性の高い賃貸マンション建築会社を選ぶために必要な「実績」を見極めるポイントを解説しています。

建築会社選定のための「実績」チェックポイント

賃貸マンション建築会社を選ぶ際に必ずチェックしたいのが、その企業のこれまでの「実績」です。施工実績の多さや創業からの年数の長さによって、ある程度その企業の実力が見えてきます。ほとんどの業者が自社に関する資料を揃えているはずですので、資料請求をすればもらえますし、ホームページ等でもチェックすることができます。

また、可能であれば、施工物件を見せてもらうなど実物を確認することもおすすめです。以下に、業者選定のためのチェックポイントを掲載しましたので、参考にしてみてください。

施工実績を調べる

どのくらいの施工実績を持っているかは、業者選定のための分かり易い指標となります。施工実績の多い会社は、建築現場の処理に慣れており、トラブルが起こった際の対処の仕方が行き届いているケースが多く、安心して工事を任せることができます。

会社の設立年数を調べる

創業からの年数も施工実績と関係してきます。実績や経験が豊富な業者のほうが、安心できるノウハウを持っていることが多くあります。

入居率を公表しているか

実際に施工されたマンションへの入居率をきちんと公表している業者は、信頼がおけるでしょう。マンションがいくら立派でも、入居する人がいなければ、収益につながりません。公表された入居率が高い業者を選ぶことが、賃貸経営の成功のカギの一つとなるでしょう。

建設業許可を受けているか

建設業者が一定以上の額の受注を受ける場合「建設業許可」の取得が必要となります。「建設業許可」は4種類あるのですが、いずれにしろ5つの取得要件をクリアしなければ許可を得ることができません。

【許可の要件】

  • 1.経営業務の管理責任者がいること
  • 2.営業所ごとに専任の技術者がいること(専任技術者)
  • 3.建設工事の請負契約に関して誠実性のあること
  • 4.財産的基礎、金銭的信用のあること
  • 5.許可を受けようとする者が一定の欠格要件に該当しないこと

上記の要件を満たすような、信頼性と実績のある企業でなければ、許可を得ることはできないのです。

建設業許可証を持っている企業は、仕事も安定した一定レベル以上の施工をすることができる公から認められた優良な企業である、と推察することができます。多くの場合、建設業許可証は、外部者から見え易い位置に掲示されていますので、マンション建築会社の店舗などに行く機会があった際には、ぜひ確認してみてください。

口コミ評判も参考に

インターネットや知人からの口コミ評判も、業者の真の姿を知る上でとても参考になります。ネット上の書き込みに関しては、姿の見えない相手であるので、すべてが本当のこととは限りませんが、実際に経験をした方の率直な意見を知ることも可能なのです。参考意見、としてチェックしてみることをオススメします。

自社施工マンションを管理している会社をチェック

賃貸マンションを施工する会社自身が、自社が施工したマンションのオーナーになり、管理運営している企業は、より信頼度が高いと言えます。

その企業が施工したマンションの入居率の推移や現状などをリアルタイムで確認することができる上、本当に価値のある建物なのかが、判断できるためです。オーナー目線でマンション建築や管理運営に携わることができるのも大きなメリットといえるでしょう。「自社施工マンションを管理運営している会社」を探すことも、良い建築業者を選ぶための一つの方法です。

管理実績も調査!高収益が期待できる
賃貸マンション建築会社ランキング

この記事を見た人はこのページも見てます

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)