高収益が期待できるマンション建築会社3選

クラスト

管理費無料

年間手数料目安0万円

アヴェントハウス

管理費家賃の2.75%

年間手数料目安最大66万円

シノケンハーモニー

管理費家賃の5%

年間手数料目安最大120万円

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)

マンション経営の詐欺トラブル

マンション経営をするうえで注意しなければならないのが詐欺です。マンション経営は複雑な仕組みをしていることもあり、初めての方の場合は知識や経験が不足していることを狙われてしまう可能性があります。こちらでは、マンション経営をする際に詐欺にあわないようにするため、どんなことに気をつければよいかまとめました。

マンション建築で騙されやすいポイント

マンション経営は土地活用の中でもすぐにイメージされることが多い活用方法といえるでしょう。マンション経営は大きな費用が発生する事業ともいえます。また、経営の仕組みが複雑な為、知識を身につけていないと詐欺にかかってしまう可能性が高くなります。

詐欺にあわないようにするためにも、疑うべきポイントを知っておきましょう。

マンション建築の良い点しか紹介しない

マンション建築や経営の良い点ばかり紹介してくる業者は注意が必要です。条件がどんなによくても、デメリットやリスクなどはあるものと考えた方が良いでしょう。建築費用や空室、家賃滞納など、デメリットになりそうな点も挙げてくれるかどうか確認するのがポイントです。

家賃保証があったとしても、サブリース会社が倒産すれば保証は受けられません。こういったデメリットやリスクを隠して「とにかくマンションを建てさえすれば必ず儲かる」といった良い点ばかりを強調する業者には警戒しておきましょう。

早急に契約の判断を仰ぐ

契約をとにかく急がせるような業者にも注意しておくべきです。「早く契約しないと、大きなチャンスを逃してしまうかもしれない」「とりあえずこの金額だけでも支払ってください」といった言葉で契約を急がせる業者もあります。詐欺の場合、焦った状態で支払った金額をもっていかれてしまい、そのまま連絡が取れなくなってしまう場合もあり得るのです。もちろん、支払った金額はは戻ってきません。

また、契約を急かされると、落ち着いて契約書をチェックすることすらさせてもらえないでしょう。中にはオーナーにとって不利となる契約内容が記載されている可能性があります。それを気づかれないように、契約を急がせる詐欺もあるので注意が必要ですです。

単語を使って理解を容易にさせない

マンション経営や不動産経営では、さまざまな専門用語があります。はじめて経営をする方だと知ると、わざと専門用語を並べて理解する前に契約まで進めてしまう事もあるのです。多少はわかっていたとしても、専門用語ばかり並べられるとすぐについていけなくなることも。

契約後に問題が発生しても「ちゃんと説明しました」といわれればどうしようもありません。契約をとる前にこちらも専門的な知識をつけておくことも大事ですが、まだ理解が難しい単語でさえも説明なく話を進めていく場合は、警戒しておいた方が良いでしょう。

人情に付け込んでくる

「この契約が取れないと会社に戻れない」といったことを話して、契約者の人情に付け込んでくる場合があります。しかし、冷静に考えてみれば、マンション建築、経営はオーナーにとってもリスクが大きいもの。担当者の都合によって、決断を振り回されてよいものではないはずです。

人情に訴えて契約を取ろうとする単純なテクニックです。しかし中には人情に訴えられると「かわいそうだから」「契約しないと自分が悪者みたいになる」というふうに思ってしまう方もいることでしょう。大事な契約だからこそ、じっくり立ち止まって考え、判断することが詐欺被害を回避するポイントなのです。

詐欺に合わないために気をつけたいポイント

マンション経営を決めたとして、詐欺に合わないためにはどうすればいいのかのポイントを知っておきましょう。詐欺師をはじめ、悪質業者などマンション経営の際には、相手をしっかり見極める知識を持っておかなければなりません。ここでは、詐欺に合わないためのポイントを解説します。

信頼できる不動産会社かを見極める

まずは気になる不動産会社が信頼できる会社かどうかを見極めましょう。信頼できる不動産会社には、共通している点が4つあります。

1つはネットをはじめ、あらゆるところで評価を受けている会社です。しかし、なかにはわざと高評価をつけて評判よく見せる会社もあるので、見極めが重要です。ネットの口コミを見ると、よい評価だけではない評価もチェックできます。

返済プランの提案が細かいか

2つ目の条件は、細かな返済プランを提案してくれるかどうかです。とにかく目先の利益だけ求めている不動産会社は、顧客の都合や要望を考えません。そのため返済プランもいい加減なものです。

本当に信頼できる不動産会社であれば、収入やローンの終了期日まで事細かなプランを提案してくれます。これは顧客目線に立っているからこそできることです。素人目で見ても返済プランが大雑把、いい加減、相談もなく一方的に提案する会社の場合は、契約を考え直したほうがよいでしょう。

マンション経営のリスクを説明してくれるか

3つ目はマンション経営のデメリットやリスクなどもしっかり説明してくれるかどうかです。不動産会社も会社ですから、利益を求めます。ただし、信頼が重要であることをよい不動産会社は理解しているのです。そのため、無責任にメリットだけを伝えることはありません。

マンション経営をはじめ、不動産投資は大きな金額が動きます。失敗したときは、多額の借金を抱えることになるのです。デメリットやリスク、過去の事例や経験に基づいた失敗してしまう理由などを教えてくれる不動産会社をパートナーとして選びましょう。

自分の目で土地や建物を確認できるか

4つ目は土地や建物を自分で確認できるかどうかです。営業マンの話だけ信じると、とんでもない土地や物件を購入させられていたという状況になりかねません。

たとえば、1960年代から80年代にかけて原野商法が流行しました。山奥の価値のない土地を売りつける詐欺で「開発計画があり絶対に値上がりする」というやり口です。もちろん、開発計画の話などありません。

マンション経営をするなら、手間はかかったとしても自分の目で、登記書類の内容も確かめることが重要です。自分で調べることは詐欺を回避する基本となります。

ポイントを理解して信頼できる会社探しをしよう

マンション建築や経営などは詐欺被害に合う可能性が十分にある事業という認識を持っておきましょう。ただし、きちんと勉強し、詐欺に合わないためのポイントを理解しておけば、詐欺の被害を避けることもできます。

基本知識と詐欺師のやり口をしっかり知った上で、本当に信頼できる不動産会社を見つけましょう。

簡易収支シミュレーション

  • 物件価格 万円

    ※0~999999の整数を入力してください

  • 年間家賃
    収入
    万円

    ※満室時の年間想定家賃収入を入力
    ※0~999999の整数を入力してください

  • 諸経費率 %

    ※賃貸管理費、建物管理費などの諸経費を入力
    (通常、家賃収入に対する10~20%が目安)
    ※0~100の整数を入力してください

  • 年間
    手取り収入
    万円

    ※家賃収入-(家賃収入×諸経費率)

  • 年間支出 万円

    ※家賃収入×諸経費率

  • 利回り %

    ※年間手取り収入÷物件価格

【管理コストで比較した】
高収益が期待できるマンション
建築会社ランキングはこちら

※小数点以下は、すべて四捨五入します。
※収入・支出の算出額については、空室率、借入金額などの条件は加味していません。
※あくまでも仮想シミュレーションであり、実際の数字とは異なりますのでご了承下さい。

  • クラスト

    管理費

    無料

    年間手数料目安

    0万円

    マンション建設と不動産管理を始めて45年以上の歴史を持つクラスト。管理費は無料。建築設計部門と不動産管理部門がタッグを組み、オーナーと一丸になって高収益を得られる体制を確立しています。入居者・建物管理などのマンション管理サポートが無料!

    公式サイトを見る
  • アヴェントハウス

    管理費

    家賃の2.75%

    年間手数料目安

    最大66万円

    タウングループのアヴェントハウスでは、約4万戸の管理実績を誇っています(2020年9月末時点)。グループ全体のリサーチ力を武器としており、幅広い運用計画を提案可能です。

    公式サイトを見る
  • シノケンハーモニー

    管理費

    家賃の5%

    年間手数料目安

    最大120万円

    3万7,000戸以上の物件を抱えるシノケンハーモニー(2020年3月末時点)。非常に大きな需要を誇る首都圏に自社ブランドのデザイナーズマンションを企画しており、経営成功のサポートをしています。

    公式サイトを見る

●2020年9月30日時点の情報をもとに調査しております。
●年間手数料目安は5階建て20戸(満室時の年間収入2,400万円)をモデルケースとしています。
●選定した3社は関東・東海エリアでの2019年度の賃貸住宅の着工戸数が多い10社(※)のうち、公式HPに記載されている管理費用が安い3社。
※参照元:全国賃貸住宅新聞PDF版無料配布6月22日号(https://www.zenchin.com/info/11028.php)